スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

5月 21, 2018の投稿を表示しています

女の腐ったの【おんなのくさったの】

往々にして女性の欠点・悪い特徴として認識されるような態度や性向が目につく男を蔑み交じりに非難する表現。目に余るような女々しさ。ぐずぐず、めそめそ、もじもじとした態度などを指すことが多い。

「腐ったの 」の「の」は、「男」や「奴」などの語に替えて用いられている準体言助詞と解釈できる。なお「女の腐ったの」という言い方は男性にも女性にも失礼な表現であり今日では好まれない。

地味にすごい【じみにすごい】地味に凄い,地味にスゴい

看過されがちではあるが、よくよく考えると実は大層なことである、目立たないが本当はすごい、といった意味合いで用いられる言い回し。パッと見の印象には残りにくいような事柄の甚だしさ、優秀さ、卓越した技量などを強調する意味で用いられることがある。

マクロで

(1)大局的な観点で、長い目で見て、細部に拘らずに、といった意味合いで副詞的に用いられることのある表現。「マクロ」は英語の macro をそのままカタカナ表記した語といえるが、英語の macro は名詞または接頭辞であって副詞・形容詞の用法は基本的にない。
(2)表計算ソフト等のアプリケーションにおいて、特定の処理手続きを自動実行する「マクロ」を使用する、という意味で用いられる表現。

リブニット

生地に畝(うね)の凹凸の筋が出るように編まれた編み物(ニット)のこと、および、そのような生地で作られた衣類のこと。伸縮性や保温性に優れる。

オイルインコスメ

油(オイル)成分が配合されている化粧品を指す語として用いられることのある言い方。下位区分としてオイルインファンデ、オイルインチーク、オイルインリップなどのような表現も用いられることがある。総じて保湿効果が高いといった特徴がある。

ドライフラワーカラー,ドライフラワー色

染髪(ヘアカラー)の分野において、ややくすみのある繊細な色合いを指す語として用いられることのある言い方。原色の鮮やかさを抑えた、控えめな、それでいて透明感のあるカラーリング、という意味合いで用いられることが多い。落ち着いた雰囲気と洗練された雰囲気を同時に実現しやすい髪色とされる。

胎児期【たいじき】

ヒトの成長発育過程の区分において、受精後9週目から出生までの約30週を指す語として用いられる表現。受精後2週目までを「卵体期」、同じく受精後8週目までを「胎芽期」といい、9週目から産まれ出るまでを「胎児期」という。生後は「乳児期」「児童期」といった区分がこれに連なる。

育児の話題ではおおまかに「まだお腹のなかにいる時期」「妊娠中の時期」という程度の意味で用いられることも多い。