2018年4月16日月曜日

ほんこれ

「本当にこれ(に尽きる)」といった意味合いで、主に電子掲示板などの不特定多数のやりとりにおいて直前の発言に賛同する意味を示して用いられる表現。

ボイチェン

「ボイスチェンジャー」の略として用いられることのある言い方。ボイスチェンジャーは、音声を加工して元の声とは違った響きにする装置(ハードウェア)やアプリ(ソフトウェア)の通称である。録音した音声を加工する方式のボイチェンもあれば、発話されたその場でリアルタイムに加工する方式のボイチェンもある。

わかちあいプロジェクト

国際協力NGOとして活動する一般社団法人の名称。フェアトレード商品の販売や難民支援活動、開発途上国の自立支援事業を主な事業内容とする。

森友文書【もりともぶんしょ】

学校法人「森友学園」への国有地売却契約に関する一連の決裁文書を指す言い方。

ニコリキ

気化した液体をくゆらせ喫煙する、いわゆる電子タバコリキッドのうち、ニコチン成分が含まれているリキッドの通称。欧米では一般的に流通しているが日本での販売は禁止されている。

エリ総【エリそう】

金融業界において「エリア総合職」の略として用いられる表現。エリア総合職は金融業界に半ば特有の職種区分であり、いわゆる総合職とほぼ同様の業務内容ではあるが転勤がないという点で特徴づけられる職種を指す。

口ごもる【くちごもる】口籠もる,口籠る,口篭る,口篭もる

言葉や明瞭に発せず、口内にこもったような不明瞭な調子で発話するさまを指す言い方。

不適格者【ふてきかくしゃ】

「不適格な者」「適格でない者」、すなわち、求められる資格や資質を満足に備えていない者という意味で用いられる表現。

遅刻ギリギリ【ちこくギリギリ】遅刻ぎりぎり

決められた時刻に辛うじて間に合う、間に合った、という状況を表現する意味で用いられる言い回し。

他人の行動を評して「遅刻ギリギリ」と述べる場合は、もっと時間の余裕を持って来いよという批判的な意味合いを込めて使いられることが多いといえる。

ギリギリ遅刻【ギリギリちこく】ぎりぎり遅刻

間に合わせるべき時刻にあとほんの少し早ければ間に合ったのにという僅差で遅れてしまって遅刻になるさまを表現する言い回し。

「遅刻ギリギリ」と表現される場合は「あと少しで危うく遅刻になるところだった」という意味で、すなわち刻限に間に合った状況を指して用いられるが、「ギリギリ遅刻」という場合は結局遅れた(遅刻した)状況を指して用いられる。

トカゲのしっぽ

組織などが窮地に立たされた場合に責任回避の手段として見捨てられる対象の喩えとして用いられる言い方。もっぱら「蜥蜴のしっぽ切り」(トカゲのしっぽ切り)の言い回しで用いられる。

トカゲと総称される生物の中には、外的に襲われた際にしっぽを自ら切り落として囮にし、逃げ延びようとする習性のある種がある。転じて、不祥事などが生じた場合に、組織全体に非難や責任追及の矛先が向けられないように組織の末端に位置する構成員に責を負わせて切り捨てる(犠牲にする)ような沙汰がトカゲのしっぽ切りに喩えられる。

ゴニョる,ごにょる

「ごにょごにょ」と擬態語的に表現し得るような、いまひとつ言明しがたい言動を、それ自体動詞的に述べる言い方。主に「ゴニョゴニョと(不明瞭に)しゃべる」「ゴニョゴニョと(趣旨の明確でない内容を)話す」といった意味で用いられる。

カムバ

「カムバック」の略、つまり「復帰」くらいの意味で用いられることのある言い方。

ギリ,ぎり

「ぎりぎり」を略した修飾語として、もう余裕のない限界的状況を指す意味で用いられることのある表現。たとえば時間的余裕がほぼ残されていない状況で何とか間に合う(間に合った)さまを「ギリセーフ」のように表現し得る。

国民的行動【こくみんてきこうどう】

その国に生まれ育った者なら誰もがやるであろう事柄、少なくとも一度はやったことがあるであろう事柄などを指す意味で用いられることのある表現。

覚醒下手術【かくせいかしゅじゅつ】

主に脳外科手術において検討される術式のうち、全身麻酔で患者の意識を奪うことなく、患者が目を覚ました(覚醒した)状態で行う手術の方式を指す語。脳腫瘍の摘出などに際し、患者と会話を交わして脳機能が健全な状態のまま維持されていることを確認しながら施術を進める方法として採用されることがある。