スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

1月 9, 2018の投稿を表示しています

シャッターを切る【シャッターをきる】

「写真を撮影する」「撮影タイミングを逃さずに捉える」といった意味で用いられる言い回し。もともとは写真機(カメラ)のシャッター開閉ボタンを押して感光部を露光させる動作を指すといえるが、当該の機構を備えないデジカメ等の撮影機材においてもシャッターを切ると表現される場合はある。

カタマリ感【かたまりかん】塊感,かたまり感

凝集されている感覚や、どっしり・がっちりとした重厚な印象を多分に感じさせる、というようなニュアンスで漠然と用いられる表現。もっぱら自動車の外観の意匠を評する際に用いられる。かなり抽象的な表現であり、具体的な意味合いは捉えがたく、人によっても微妙にニュアンスが異なり得る。英語ではmassiveという形容が「カタマリ感」に相当するといえる。

偽肉【にせにく】ニセ肉,にせ肉

肉の味や食感を模した加工食品を指す俗な言い方。小麦や大豆といった植物性の食材を原料とする食品を指す場合が多く、精進料理に相通じる。基本的に通常の肉より健康的と評し得る。味は本物とは似て非なる部分があるものの、通常の肉と同様に調理できる場合が多く、ある程度は肉料理を食べた満足感が得られる。

あたかも未加工の本物の肉であるかのような体で販売されている成型肉を「偽肉」と呼ぶような場合もある。

決算セール【けっさんセール】

小売業において、目前に控えた決算(当期の営業成績の算定)を目前として販売成績や売り上げ利益を少しでも伸ばす、あるいは在庫を少しでも減らす、という名目で行われる安売り(セール)に用いられることのある表現。

シークレットサンタ

クリスマスのパーティにおいて、持ち寄ったプレゼントを無作為に交換し合うというプレゼントの贈り方を指す通俗的な呼び方。サンタクロースに相当するプレゼントの贈り主が不明(シークレット)である、という意味を込めた言い方と解釈し得る。プレゼントを誰に贈ることになるか分からないため、プレゼントを用意する際の選び方も工夫が必要となり、誰から何を贈られるかはプレゼントを開封するまで予測できないという楽しみがある。

女の性【おんなのさが】おんなの性,女のさが,オンナの性

女性が生まれながらにして備えている、女性ならではの、容易には抗いがたい種類の欲求を指す意味合いで用いられることのある言い方。たとえば、幼い子どもを庇護したい、愛しい男性との間に子をもうけたい、といった母性的な衝動を指して用いられる場合がある。

人の性【ひとのさが】ひとの性,人のさが

人間なら誰もが生まれながらに持っている(もって生まれた)普遍的で多分に本能的な性分・傾向を指す表現。人間性の高潔さという観点からは打ち克つべきといえる弱さ・卑しさ・いやらしさの現れであり、どんなに高潔な人格でも完全には逃れがたい種類の(いかんともしがたい)欲求である、といった軽い諦念を込めて用いられることが多いといえる。