スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

1月 6, 2018の投稿を表示しています

トンデモ論【トンデモろん】

荒唐無稽な論説、という意味で用いられる言い方。陰謀論やオカルティズムの領域に足を踏み入れている(ように第三者には思われてならない)言説などがトンデモ扱いされやすい。

ムービージェニック

動画に収めると(写真よりも)SNSで公開・共有するネタとして際立つ・よく映える、動画の撮影対象にうってつけである、といった意味合いで用いられる表現。「動画映え」と表現されることもある。

ムービージェニックは英語の movie と -genic を組み合わせた表現と解釈できる。-genic は英語の接尾語で、「(物事)に適している」といった意味合いを加える語である。たとえば photogenic といえば「写真うつりが良い」「写真で映える」といった意味が表現できる。しかし英語圏において moviegenic という語が用いられた事例を見出すことは難しい。すなわち「ムービージェニック」は和製英語の類と推定しうる。

動画映え【どうがばえ】

SNSで公開・共有する動画の撮影対象にうってつけである、静止画よりも動画として撮影すると魅力的に映る、動画に適した撮影対象である、といった意味合いで用いられる表現。「ムービージェニック」と英語的に表現されることもままある。

ずーん,ず~ん

強い衝撃を受けて体に振動が響くような音・感覚や、いかにも重厚そうな様子、あるいはひどく意気消沈した重苦しい心境などを表現するオノマトペ的な表現。

優勝【ゆうしょう】

(1)競技大会で勝ち進んだり、作品や演技・演奏が最も優れていると評価されたりして、第一位の座を獲得すること。他のどの参加者よりも優れていると認められること。
(2)インターネットスラングとしては、独断で「お前がいちばんだよ」と評する意味合いで用いられることがある表現。一連のやりとりの中における最も気の利いた回答・最も強烈な印象を残した回答などに贈る賛辞といったニュアンスがある。

猫は毛皮を変えて戻ってくる

死に別れたはずの猫が他の猫に生まれ変わって舞い戻ってきたとしか思えないような、奇妙で運命的な巡り合わせを経験することがあるものだ、という趣旨を述べた言い方。

良さみが深い【よさみがふかい】

とても感じが良い、奥深い良さを感じる、非常に好ましい、といった意味合いで用いられることのある言い回し。形容詞を名詞化する接尾辞「-み」を「良い」に適用する扱い方、程度の甚だしさを「深い」と形容する扱い方など、複数の若者言葉的要素が見いだせる。

熱盛【あつもり】

テレビ朝日の報道番組「報道ステーション」のプロ野球コーナーにおいて、試合を盛り上げた選手やプレーをたたえる演出として流される効果音。あるいは、その演出を意識して、心が熱くなるほどの盛り上がりをみせた場面に対して用いるかけ声。株式会社テレビ朝日により商標登録されている。

有終の美を飾る【ゆうしゅうのびをかざる】

事を全うし、締めくくりの局面でも見事な成果を挙げる、という意味で用いられる言い回し。競技生活を引退する選手が最後の大会や試合で勝利や得点を上げる、といった場面で用いられることが多い。

「有終」は「物事を最後までやり遂げる(完遂する)」という意味合いの語である。「優秀の美を飾る」は誤記・誤用である。

最後の締めくくりが立派であるさまを表現する言い方としては「掉尾を飾る」という表現もある。「掉尾」(ちょうび)は最後・最終盤で勢いを増すことを指す語である。

アムロス

歌手の安室奈美恵の現役引退にショックを受けて大きな喪失感を抱く状況を指す通俗的な言い方。引退予定が発表された2017年後半にマスメディア等が多く用いた。

鼻にんにく【はなにんにく】鼻ニンニク

鼻の先端が丸くて大きい(団子鼻である)上に小鼻も横にやや広がっているような鼻の形を指す表現、または、そのような鼻の持ち主を指す表現。鼻の形を指す場合は特に「にんにく鼻」と呼ばれることもある。

にんにくに喩えられる鼻の形は、現代的な美意識に照らすと理想的な顔立ちの条件とは言いがたい部分があり、「鼻にんにく」の呼び名も多分に揶揄や罵りの意味の込めて用いられる向きがあるといえる。

きびつい

苦境に立たされている、心身に辛さ・苦しさを覚えている、といった状況を指す俗な言い方。「きびしい」と「きつい」を組み合わせた言い方として、意味上も当該2語どちらの意味も含むニュアンスで用いられる。

サンガツ

オンライン掲示板において謝意の表明として用いられることのある表現。

指スケ【ゆびスケ】

スケートボードを模したミニチュアのこと、または、そのミニチュアを使い、手の指を脚に見立ててスケートボードの足運びを再現するように操る遊びのこと。手慰みにいじる「フィジェットトイ」として人気がある。

まつエク

「まつげエクステンション」を略した言い方。「まつげエクステンション」は、まつ毛を豊かに見せるために装着される人工のまつ毛、あるいは、美容院等においてその人工まつ毛を着ける施術を指す語。

まつエクは、いわゆる普通の「付けまつ毛」とは異なり、1本ずつまぶたに接着する方式で付けられる。そのため、自然な仕上がりが期待できる。ただし自力での装着は難しい。接着効果はある程度持続する(化粧のたびに付け外ししなくてよい)こともあり、美容院などで専門技能を持った者に装着してもらう形が一般的である。

どうぶつタワーバトル

個人が開発したスマホゲームの名称。いわゆる落ちゲーの要領で画面上部から降ってくる各種動物をうまく積み上げていき得点を稼ぐというコンセプトの「どうぶつタワー」の対戦版。動物がさまざまな角度で積み上がった絵面が、えも言われぬ独特な風情を醸しだしており、ちょっとした人気を博した。

フェイスブック映え【フェイスブックばえ】Facebook映え

Facebookに投稿してみて貰う写真として似つかわしい写真を形容する表現。投稿者のリア充ぶりをありありと示すような雰囲気の写真を指すことが多い。

「フェイスブック映え」は「インスタ映え」のもじりといえる表現であり、もっぱら「インスタ映え」ならびに「ツイッター映え」と対比対照する言い方として用いられる。

ツイッター映え【ツイッターばえ】Twitter映え

Twitterに写真を投稿した(Twitter上で表示された)場合にひときわ映える、見栄えがする、あるいはTwitterへの投稿に似つかわしい、といった意味で用いられる表現。必ずしもオシャレで洗練された写真を指すわけではなく、むしろ、垢抜けない、イモ臭い、しかしながら強烈さのあるような写真を指すことが多い。

「ツイッター映え」という表現は、「インスタ映え」をもじった言い方といえる。「インスタ映え」はオシャレな風景やお店、スイーツ、服、小物、手作り料理といった被写体を主に指すが、ツイッター映えは留年通知書や田んぼに突っ込んだ車のような被写体を指すことが多い。

利確【りかく】

「利益を確定させる」という意味で用いられる省略的表現。主に、保有している土地・株式・債券などが値上がりによる利益(含み益)を決済して利益を確定させることを指して用いられる。

アマゾる

オンライン通販サービス「Amazon.co.jp」で商品を検索したり購入したりすることを指す語として用いられることのある言い方。

「アマゾる」という表現は「アマゾン」という名詞を動詞のように扱う(活用する)言い方であり、その意味で「ググる」「ヤフる」といった語に通じる用法といえる。

英語にも「amazoned」という、動詞の過去分詞・形容詞用法と見なせる表現がある。これは「Amazon.com(をはじめとするECサイト)が台頭した影響で実店舗の売り上げが減少する」といった意味合いの表現である。

デデニー

「ディズニー」の異称・異表記として用いられることのある表記。とりわけ東京ディズニーリゾートを指す語として用いられることが多い。いわゆるディズニー映画を指すこともある。

スロッター

いわゆるパチスロ(スロットマシン)に興じる・熱狂的に好む人を指す俗な言い方。slot(スロット)+-er(する人)という英語的な造語法。

パチンコに興じる人はパチンカーと呼ばれることがある。

スロッターにはパチスロで生計を立てているような人も含まれ得る。そのような人は特にプロのスロッターという意味で「スロプロ」と呼ばれることもある。

キープコンセプト

主に自動車業界で用いられる用語で、車の外観が前世代モデルの意匠(デザイン)コンセプトを引き継いでいる、イメージを維持している、といった様子を示す言い方。 モデルチェンジ前後の外観の違いに言及する脈絡で用いられることが多い。

キープコンセプトの語は日本語の文脈では「キープコンセプトな外観」「スタイリングはキープコンセプト」というように形容詞的に用いられることが多いが、元となる英語が keep concept であるなら「動詞+名詞(目的語)」であり日本語のような使い方はできない。すなわち日本語におけるキープコンセプトは和製英語である。