スキップしてメイン コンテンツに移動

蜂の巣状【ハチのすじょう】ハチの巣状

ほぼ隙間なく無数の穴があいているさま、あるいは、無数の六角形や六角柱がぴったり隣接して幾何学的なパターンを構成しているさまを指す方言。

正六角形(正六角柱)を隙間なく並べた立体的構造は少ない材料で高い強度を維持できるため、板材などによく用いられる。ただしこのような実用的用途においては「蜂の巣状」という言い方はあまり用いられず「ハニカム構造」と表現されることが多い。

このブログの人気の投稿

水廻り【みずまわり】

住宅やマンションなどにおいて、台所、トイレ、洗面所、風呂場、などのように水を使う場所の事を幅広く指す表現。「水周り」「水回り」などとも書く。