2018年3月16日金曜日

爆発オチ【ばくはつおち】

マンがをはじめとする創作のオチの付け方のうち、舞台や登場人物を派手に爆発させ、その勢いで話を締めくくる流れを指す言い方。話のつじつまが合わなくなっていたり、特にオチらしいオチがなかったりした場合にも、馬鹿馬鹿しく強制的に話を終えることができる方法であり、ギャグマンガなどでは半ば定番の(ベタな)オチの付け方となっている。

ギャグではないシリアスな作品においては、作品世界を象徴する構造物が最後に爆発・崩落を迎えることで破局的な悲壮感を演出するといった締めくくり方をする場合があり、これを爆発オチの一種と捉える見解があり得る。