スキップしてメイン コンテンツに移動

虹の橋【にじのはし】

先立ったペットの魂が天国に渡るために渡る通り道、という意味合いを込めて用いられる比喩的な表現。同名の詩文が典拠となっている(ただし原作者は未詳)。

詩文「虹の橋」は、亡くなった愛犬や愛猫の魂は、虹の橋を渡って天国へ昇るが、その道を渡らず飼い主を待っている、やがて飼い主が訪れてから連れ立って天国へ向かおうとする、といった趣旨の話であり、ペットロスに陥る者を慰める名文として愛好されている。

このブログの人気の投稿

水廻り【みずまわり】

住宅やマンションなどにおいて、台所、トイレ、洗面所、風呂場、などのように水を使う場所の事を幅広く指す表現。「水周り」「水回り」などとも書く。