2018年1月6日土曜日

有終の美を飾る【ゆうしゅうのびをかざる】

事を全うし、締めくくりの局面でも見事な成果を挙げる、という意味で用いられる言い回し。競技生活を引退する選手が最後の大会や試合で勝利や得点を上げる、といった場面で用いられることが多い。

「有終」は「物事を最後までやり遂げる(完遂する)」という意味合いの語である。「優秀の美を飾る」は誤記・誤用である。

最後の締めくくりが立派であるさまを表現する言い方としては「掉尾を飾る」という表現もある。「掉尾」(ちょうび)は最後・最終盤で勢いを増すことを指す語である。