スキップしてメイン コンテンツに移動

第2の人生【だいにのじんせい】第二の人生

これまで歩んできた半生の営みに区切りをつけ、新たな環境あるいは新たな心持ちで人生を歩み始める、という意味合いを込めて用いられる表現。一般的には、定年退職して仕事人生を終え、悠々自適の生活を始める、という意味で用いられることが多い。嫁ぎ先での生活を指す場合も多い。

スポーツ選手やクリエイターが現役を引退して他の職に就く、犯罪者が更正し服役も終えて娑婆で堅気の生活に戻る、といった場合にも「第2の人生」と形容される場合は少なくない。生活環境に大きな変化がない場合にも、ある年齢を節目と捉えて心機一転するという意味で「第2の人生」と表現する場合がある。

このブログの人気の投稿

水廻り【みずまわり】

住宅やマンションなどにおいて、台所、トイレ、洗面所、風呂場、などのように水を使う場所の事を幅広く指す表現。「水周り」「水回り」などとも書く。