2017年12月2日土曜日

筆が早い【ふでがはやい】筆が速い

筆運びが流麗で軽快に記述していくさま、あるいは、文章を短時間で書き上げるさまを表現する言い回し。「速筆」ともいう。

頭の体操【あたまのたいそう】

思考の柔軟性や記憶力の向上などが見込まれる、あるいは自分の知的能力が存分に発揮されるような問題や遊びなどを、身体運動(体操)になぞらえて比喩的に呼ぶ言い回し。

パッカンおにぎり

米をこぶし大にまとめて「おにぎり」を作った後で切り込みを入れて具材を投入する方式のおにぎりの通称。あえて具がはみ出るような姿にしやすく、具だくさんで豪華な印象や彩りの豊かさといった贅沢な印象を演出しやすい。

ヘッドバンギング「head banging」ヘドバン

曲のリズムに乗せて頭部を上下に激しく振る動作のこと。ハードロック・ヘビーメタル(HR/HM)やスラッシュメタルといった激しい曲調のジャンルにおいて、ライブコンサートにおける演奏者および観客の振るまいとして行われることが多い。

ガンギマリ,ガンぎまり

いわゆる「クスリがキマッている」さま、またはそのような様子に喩えられるさまを、大いに強調して述べる言い方。基本的には大麻・覚せい剤といった向精神性の薬物を接種して多幸感を得ている姿を形容する場合が多い。「ガン」は響きや勢いの強烈さを表す擬音語的な言い方と解釈し得る語。

バイオプ

金融関連の用語である「バイナリーオプション」を略した言い方。金融商品(株や為替など)の取引方式のうち、値上がりするか値下がりするかの二者択一を行い、的中すれば掛け金に所定の倍率が積算され払い戻されるという方式の取引を指す。

カルト的人気【カルトてきにんき】

ファンが単なる愛好者の域を超えて「信者」と表現し得るような、愛好というよりも崇拝と言う方が妥当であるような、そうした熱烈・熱狂的な支持を得ているさまを表現する言い方。ファンの総数は必ずしも多くはなく、むしろ相対的に少ない(マイナーである)といえるが、ファンの入れ込み具合はもの凄い、といった状況を指すことが多い。

白馬の王子様【はくばのおうじさま】白馬に乗った王子様

「自分を幸福にしてくれる理想的な男性」という意味で比喩的に用いられる表現。西洋の童話などに登場する典型的なキャラクター像、たとえば「白雪姫」「シンデレラ」「眠れる森の美女」のような作品に登場する王子のような存在が念頭に置かれている。

白馬の王子様は、ヒロインが苦境に立たされている状況に颯爽と現れ、救出し、后として迎え、満ち足りた生活環境を成就させる。容姿端麗・眉目秀麗、性格は温厚であり特にプリンセスは大切に扱う、裕福であることは言うに及ばず、優雅な生活を確約してくれるような存在である。そういう男の人がいないかな~、自分のもとに現れないかな~、という非現実的な願望を表現する語といえる。

学部生【がくぶせい】

大学の本科に在籍する学生を指す語。大学院に所属する「大学院生」との比較する呼称として用いられる。卒業時には学士の号を取得する。

バネにする,ばねにする

失敗、挫折、苦い経験といった否定的状況を、これから大きく飛躍するための糧となる一時的な沈み込みと捉える言い方、その経験を礎として今後さらに成長・躍進すると表明する言い回し。伸縮の様子をバネに喩えた表現。「(この悔しさ)をバネにして(いっそう努力します)」という風に、もっぱら動詞に係る形で用いられる。

ウォーターティント「water tint」

「水のような質感のリップティント」という意味で用いられる表現。あるいは商品名。

トーンアップ「tone up」

色合い(色彩)や声などの調子を上げる、強める、といった意味で用いられる英語の句動詞。英語としてはtoneが動詞でupは副詞に該当する(トーンをアップするという構成ではない)。

日本語では、髪を脱色して明るい色にすること、あるいは、ファンデーションやクリームなどで肌を白く明るく見えるように化粧すること、などを指して用いられることが多い。

CCクリーム【シーシークリーム】CC cream

肌の色ムラを補正したり肌を明るく見せたりするために化粧下地として用いられる化粧品の通称あるいは総称。ファンデーションや化粧下地などの機能をひとつにまとめた「BBクリーム」というカテゴリーがあり、その派生的な位置づけの商品カテゴリーとして扱われている。

CCクリームの「CC」の意味は、メーカーによって異なるが、「Color Control」や「Complete Correction」といった意味が付与されることが多い。

 なお「H CCクリーム」は有限会社ソワレ・インターナショナルの登録商標である。

なりにけり

すでに終わったこと、過ぎ去ったことについて、情趣を込めてしみじみを述べるような、詠嘆の表現として用いられる古典的な文末表現。現代日本語でいえば「なったなあ」や「なってしまったものだ」というような言い回しに相当するといえる。

文法的には、動詞「なり」の連用形に完了の助動詞「ぬ」の連用形が付いて、さらに過去の助動詞「けり」が付いた連語表現といえる。

頭一つ抜ける【あたまひとつぬける】頭一つ抜き出る,頭ひとつ抜ける,頭ひとつ抜き出る

集団が競い合う環境において技術や能力などが他を引き離すように卓越しているさま、群を抜いて優れている・目立っているさま、抜きんでているさまを表現する言い方。

検討に値する【けんとうにあたいする】

よくよく調べたり是非を考えてみたりしてみてもよい、そうするだけの意味・意義がある、検討によって何らかの成果や収穫が得られると期待できる、といった意味合いで用いられる言い回し。「検討しよう」という意志表明ではなく「検討してもよいかもしれない」「検討すべきだ」という評価の表明として用いられる。

B品

主に中古品の状態の程度を評する言い方で、機能上の問題は何もないが、外観に細かい難点があり、美品とは言い切れないような程度のこと。高級ブランドの衣類やコレクターズアイテムのように、美観・保存状態の良さが商品価値を大きく左右する(が中古品がよく取引される)商品について用いられることが多い。

中古品の程度評価については、使用感があり新品とは言いがたいものの外見上おおむね美観を保っているような状態をA品、顕著な傷・汚れ・型崩れ等が生じている状態をC品、というように表現される。

マイクを握る【マイクをにぎる】

マイクを手に持って歌うこと、すなわち、歌唱用機器が用意された環境で歌を披露することを指す言い回し。カラオケで歌うような場面でも用いられ得るが、プロの歌手として活動を行う(現役生活を送る)という意味で用いられることが多い。

有言不実行【ゆうげんふじっこう】

口にしたことを実行しない、宣言するだけしておきながら行動が伴わない、という状況やあり方を指す言い方。言い繕ってその場をやり過ごすだけの不誠実さを指す意味合いが込められて用いられやすい。

有言不実行は「有言実行」をもじった言い方と解釈し得る。有言実行は「言ったことは行動に移す」さまを示し、宣言したことを有耶無耶にしない、約束はきちんと履行する、といった誠実さや行動力を示す言い方として用いられる。

セイク

英語の名詞「sake」のカナ表記として用いられることのある表現。もっぱら「酒」を指す隠語的な呼称として用いられる。ただし、英語でsakeをセイク( /seɪk/ )と読む語義は「目的」「理由」という意味で用いる場合であり、「酒」を指す場合は /saki/ のように発音する。

緊急メンテ【きんきゅうメンテ】

不測の事態の発生に対処するため(緊急に)行われるシステムメンテナンスのこと。サーバーやネットワークシステムに不具合が生じた際の対応を指す場合が多い。スマホ向けゲームアプリなどでは緊急メンテによってサービスの運用が一時停止される場合もままある。