2017年11月20日月曜日

複々線化【ふくふくせんか】

鉄道において上下線が対になっている「複線」を2組敷設して「複々線」の構成にすること、および、そのための工事。

線路は、上り下りを1本の軌道で共有する「単線」、上下それぞれ軌道を設ける「複線」、および、上下それぞれ2本あるいはそれ以上の線路を設ける「複々線」に区分される。複線だけでも上下線の行き交いを円滑にする効果があるが、複々線にすると急行や特急が各停を追い越せるようになるためいっそう円滑な運行が可能になる。利用者数の多い大規模な路線において複々線が導入もしくは導入検討される。