2017年7月14日金曜日

米の飯と天道様は何処へ行っても付いて回る【こめのめしとてんとうさまはどこへいってもついてまわる】米の飯とお天道様は何所へ行っても付いて回る、米の飯とお天道様はどこへ行っても付いて回る、米の飯とお天道様は何処へ行ってもついて付いて回る、お天道様と米の飯は何処へ行っても付いて回る

米の飯(つまり最低限の食事)は、世界の何所に居てもお天道様(太陽)を見失うことがないのと同様に、どんな境遇でもちゃんとありつけるものだ、どこに行っても食いっぱぐれることはない、という楽観的な世界観・人生観を表現する慣用的な言い回し。

超絶怒涛【ちょうぜつどとう】

飛びぬけて勢いが凄まじい、といった意味合いで用いられることのある言い回し。お笑い芸人サンシャイン池崎の持ちネタである。

「超絶」は「ずば抜けている」といった意味合いの語、「怒涛」は勢いの凄まじさを荒波に例えた言い方といえる。

ランステ「running station」ランニングステーション、ランナーズステーション

ランニングやジョギングの愛好家が利用する想定で設置された、ロッカールームやシャワールームなどを備えた施設の通称。

フラワーボックス「flower box」

(1)園芸に用いられる容器の総称。いわゆるコンテナなどが該当する。
(2)箱いっぱいに花々が敷き詰められた、主に贈り物(ギフト)として用いられる箱。ふた付きの箱にぎっしり詰めるように花を入れるため、花束やカゴに持ったアレンジメントよりも扱いやすく、ふたを開けて中を見た瞬間のサプライズ感も大きい。

仮想株式【かそうかぶしき】模擬株式

株式市場や株取引を模擬したシステムやサービスの通称。実際の株取引とは異なり、取引される株式に金銭的価値はない。資金を投入せずに(失敗のリスクを負わずに)株取引を模擬体験できるサービスとして提供されることが多い。

心を掴む【こころをつかむ】心をつかむ

非常に好ましい印象を持ってもらう、気に入られる、惹きつける、あるいは興味を持ってもらう、といった意味合いで用いられる言い方。

はなはだ強烈な好印象を抱かせるさまは「心をわしづかみにする」と表現されることも多い。

子は親の鏡【こはおやのかがみ】子は親を映す鏡

子供は親から多大な影響を受ける、という意味で用いられる言い回し。子供の振る舞いを見れば親の考え方や品性の程が窺い知れる、といった意味合いで訓戒のように述べられる場合もある。

バームクーヘン豚【バームクーヘンぶた】

有限会社藏尾ポークが生産している豚肉のブランド。高級バームクーヘンのうち商品にならない部分を飼料として与えている。飼育環境やきめ細かい管理体制も相まって、上質な霜降り豚に育つという。

なお「バームクーヘン豚」の名称は有限会社藏尾ポークの登録商標である。

ぽやしみ

就寝時の挨拶として若者がテキストメッセージ上で用いることのある言い方。「おやすみ」を滑稽な語感に言い換えただけの表現であり、意味・用法は「おやすみ」と違わない。

半晦日【はんみそか】

6月末日(6月の晦日)を指す言い方。元日から大晦日に至る1年間のちょうど半分であり折り返し地点といえる。神社では陰暦の半晦日に「夏越の祓」が催される。一般家庭でも、年末の大掃除ほどではないが多少大がかりな掃除を行うことがある。

半晦日小掃除【はんみそかこそうじ】半晦日小そうじ

半晦日すなわち6月末に行われる、普段よりは大がかりな掃除を指す言い方。歳末に行われるいわゆる大掃除から半年の節目に行うことで、大掃除の負担が軽減できる。半晦日の時期は梅雨であり、掃除することで菌の繁殖を妨げられる。多湿な時期であるため埃が舞い上がりにくいという点も掃除に適している。

痛板【いたいた】

マンガやアニメ、ゲームなどに登場する美少女キャラクターなどを描いたスノーボードの通称。「痛車」や「痛バイク」と同様、美少女萌えなイラストをふんだんにあしらった、スノボの板。

いかのおすし

警視庁が提唱する防犯標語。「いかない、のらない、おおきなこえをだす、すぐににげる、しらせる」の語頭をまとめた言い回し。

オーラン「all-round circle」

大学等のサークル活動において、「オールラウンドサークル」、すなわち、活動領域が多岐にわたるサークルという意味で用いられる言い方。スポーツ、イベント、旅行のように色々と取り組むサークルが典型といえる。実態は飲み会しか行わないサークルが建前上オーランを名乗る場合もある。

バスロケ,バスロケーションシステム

バスの位置をGPSなどの位置情報サービスによって追跡するシステムの通称。バス事業者による運転感覚の調整や、バス利用者による待ち時間(バス到着時刻)の確認などが可能となり、道路状況に左右されやすいバスの運用を改善する。

なお英語ではバスロケーションシステムは「bus location system」のようには呼ばれず、bus arrival information systems のように呼ばれている。

坂道グループ【さかみちグループ】坂道シリーズ

主に、アイドルグループの「欅坂46」および「乃木坂46」の総称として用いられる言い方。

レバレッジリーディング「leverage reading」

ビジネス書は多読によって最大限に活用できるという考え方を指す表現。本田直之が同名の著書で提唱した。

離党ドミノ【りとうドミノ】

複数の政治家が相次いで、多分に連鎖的に、政党から離脱するさまを表現する言い方。

新卒ブランド【しんそつブランド】

学生の就職活動における「新卒」の価値(の高さ)を表現する言い方。いわゆる新卒採用で就職する者と、卒業後に正社員として就職する以外の道を歩んだ者との、就職の困難さの隔たりを示す。

子の心親知らず【このこころおやしらず】

親は子供の真意を汲み取れない、という意味で用いられる言い回し。「親の心子知らず」をもじった言い方といえる。「親は子をいつまでも子どもであると思いがちだが、子は子なりに毎日成長し、様々なことを考えており、成長しているものだ」というような趣旨を込めて用いられることが多い。

啓発書【けいはつしょ】啓発本,成功本

考え方や心の在り方、物事に取り組む姿勢、成功を得る方法などについて、新たな知見を得るために読まれる書籍の総称。啓発を目的とした本。ビジネスで成功を収めるための方法論を述べた本をはじめ、健康、教育、人生論、幸福論など、啓発書と言い得る書籍の分野は幅広い。

都会のオアシス【とかいのオアシス】

都会の、人や交通量が多く心安まらない環境における、ゆったり落ち着ける場所・施設を指す言い方。植物が多く配置されたカフェ等の店舗・商業施設、あるいは、ビルの屋上庭園などを指すことが多い。

履中【りちゅう】

履修中止、すなわち大学で取っていた講義の受講を止めることを指す省略表現。もっぱら大学生が用いる若者言葉的表現。