2017年6月3日土曜日

微炭酸飲料【びたんさんいんりょう】

一般的な炭酸飲料に比べると微量の炭酸が封入されている飲み物の総称。食品の規格として定義されているわけではない。

ビビッとくる

大きな衝撃を受けたかのような心理状態を感覚的に述べる言い方。閃き、直感、一目惚れなどを表現する言い方として用いられることが多い。

冬バテ【ふゆバテ】

冬の寒さや師走の忙しさなどが原因でひどく疲れたり体調を崩したりすること。

連休恐怖症【れんきゅうきょうふしょう】

仕事に取り組んでいないことへ不安や罪悪感を覚える心理状態を指す俗な言い方。学術的な用語ではない。休日も仕事のことが頭をよぎる、何日も仕事をしない連休の間は気が気でなくなってしまう、不安のあまり休日で会社が閉まっていると承知の上で会社近辺まで行ってしまう場合もある。

ネトスト

インターネット上で特定の人物に執拗なつきまとい(ストーカー)行為をする者を指す言い方。「ネットストーカー」の略。ソーシャルメディアを通じて住所や勤務地を特定し、現実世界におけるストーキングに及ぶ場合もある。

おは

「おはよう」を粗雑に略した若者言葉的なあいさつ表現。

肌断食【はだだんじき】

肌の負担となり得る化粧や美容法をしばらく止め、肌を休ませて本来の健康な肌を取り戻す、という美容方法を指す語。断食になぞらえた言い方。断食もしばしば美容のために行われる。

湯シャン【ゆシャン】

洗髪料(シャンプー)を使用せず湯に流すだけで済ませる洗髪を指す言い方。「ノーシャンプー」「ノープー」と呼ばれる場合もある。

鬼【おに】

(1)頑強な体躯を持つ怪物として描かれる空想的・伝説的な怪物。超人的な力と情け容赦ない性格の持ち主として語られることが多い。 (2)鬼を連想させるほどの力強さ、大きさ、あるいは非道さを形容する表現。 (3)程度の甚だしさを強調する意味合いで用いられる表現。「鬼すごい」というように副詞的に用いられることが多い。

どちゃくそ,どちゃクソ,ドチャクソ

程度を強調する意味合いで用いられることのある表現。語感も意味合いもおおむね「めちゃくちゃ」に通じる。

ユニ女【ユニじょ】

SPAブランド「ユニクロ」の服を好んで着用する女性、あるいは、オシャレでない服というイメージを伴いがちなユニクロの服をオシャレに着こなす女性を指す言い方。

フルチャン

かなり可能性が高い、大いに期待が持てる、という意味合いで用いられる通俗的な言い方。わずかに可能性がある状況を指す「ワンチャン」を半ば前提した言い方。全く期待できない状況は「ノーチャン」と呼ばれる。

ダガヤサンドウ

東京都渋谷区の千駄ヶ谷・北参道の近辺の通称。オシャレなカフェ(いわゆるオシャカフェ)が多く立ち並ぶ。

おしゃ,オシャ

「おしゃれ」の意味で接頭辞的に用いられる言い方。「オシャレなカフェ」の意味で「オシャカフェ」という風に用いられる。

割れ厨【われちゅう】

ゲームソフトや映像・音楽・電子書籍といったデジタルコンテンツに対する正当な対価の支払いを惜しみ、もっぱら違法ダウンロードによって入手する者を指すインターネットスラング。

剣璽等【けんじとう】

剣璽(けんじ)・御璽(ぎょじ)・国璽(こくじ)の総称。皇位継承に伴い執り行われる「剣璽等承継の儀」において当代から次代へ継承される。

プレ多読【プレたどく】

言語学習法として多読の前段階として取り組まれる、語彙や表現が平易な読み物を対象とする多読のこと。基本的にすらすら読める平易な文章を、素早く読み進めることを意識して(完璧に理解しようとはせず)読み、まずは多読の方法に慣れるというもの。最終的には平易さ・難解さにかかわらず対象を選ぶ多読に移行する。

じゃない方芸人【じゃないほうげいにん】

2人組のお笑い芸人(お笑いコンビ)のうち、相方の個性・あく・存在感があまりに強烈であるため、相対的に目立たない、影が薄い立ち位置に置かれている芸人を揶揄する言い方。

キャンパスレイプ「campus rape」

大学において(キャンパス内で)発生したレイプの事案を指す言い方。もっぱら男子学生が女子学生に性行為を強要するケースを指す。

イラチ

短気ですぐに苛立つ傾向のある人を指す言い方。主に関西で用いられる。

ヤニカス

脂(ヤニ)に由来する滓(カス)のこと。もしくは、喫煙者を侮蔑の意味を込めて呼ぶ俗な言い方。

モニコ

「モーニングコール」の略として用いられることのある言い方。友人に早朝に起こして欲しいと頼むような場面で用いられる若者言葉的表現。

恋のキューピッド【こいのキューピッド】

他人の恋愛を後押しして成就させる、恋の手助け役を指す言い方。キューピッドとはローマ神話における愛の神クピードー(Cupido) の英語読み。

産後うつ病【さんごうつびょう】

出産を経て間もない女性がかかるうつ病のこと。出産の直後に陥ることのある精神的不安定な状態は「マタニティーブルー」に区分される。マタニティーブルーは陥りやすいが解消もしやすい。マタニティーブルーの症状が産後半月ほど経っても解消されない場合は産後うつ病が疑われる。

仮面うつ病【かめんうつびょう】仮面ウツ病

一般的なうつ病にみられる気分の落ち込みや倦怠感などの症状よりも、腹痛やめまいといった身体の症状が顕著にみられる種類のうつ病を指す言い方。一般的なうつ病と同様に投薬、カウンセリング、休息を取るといった療法が効果的ではあるものの、他の病気を疑いやすいためうつ病との診断が遅れがちになる。

フィローネ,Filone

イタリアで食される小麦パンの一種。バゲットに似た細長い形状をしており、外はサクサク、中はモチモチとした食感。もともとトスカナーナ地方で親しまれていた伝統的なパンであるが、現在ではイタリア全域で食されている。

ジャストガード「just guard」ジャスガ

主にコンピュータゲームにおいて、敵方の攻撃に応じて最もよいタイミングで防御(ガード)操作を行うこと。および、そのようなゲームシステム。ジャストガードが導入されているゲームでは通常のガードに何らかの難点があり、ジャストガードを成功させると難点が消失あるいは大幅に軽減されるようになっている。

兼サー【けんサー】

サークルの掛け持ち、兼任を意味する表現。主に大学で複数のサークルに所属すること指して用いられる。

電撃が走る【でんげきがはしる】電流が走る

衝撃的な印象や感銘を受けたさまを表現する、多分に比喩的な言い方。

電撃離婚[【でんげきりこん】

前触れなく突如として発表される離婚(の報せ)を指す言い方。主に芸能界の世間を賑わすような(衝撃的な)離婚を報じる際に用いられる。

グナワ音楽【グナワおんがく】

モロッコや北アフリカの民族に伝わる音楽の通称。単に「グナワ」とも呼ばれるが、音楽のジャンルであることを示すため「グナワ音楽」と呼ばれることがままある。グナワ音楽は宗教儀礼で演奏される。太鼓のような楽器の「トゥベル」、弦楽器「ゲンブリ」、そして鉄製の楽器である「カルカバ」などによって演奏される。

3分の1ルール【さんぶんのいちルール】三分の一ルール

食品流通業界の商慣習の一つで、食品の製造日から賞味期限までを3分割し、製造日から3分の1の時点を小売店への納入期限、次の3分の1の時点を消費者への販売期限とするもの。納品期限と販売期限を過ぎた食品の多くは廃棄されるため、食品ロスの原因とも言われている。

オフトゥン

頻度が多いという意味で用いられる俗な表現。英語で「しばしば」「たびたび」を意味する副詞oftenをあえてローマ字読みした言い方。英語本来のoftenの発音はtは発音されない。ただし英語圏でもtを発音して「オフトゥン」のように読む場合がないわけではない。

シェフの気まぐれ【シェフのきまぐれ】

レストランにおける料理名に用いられることのある表現。レストラン側の裁量で料理にアレンジが加えられるお任せ料理、といった意味を込めて用いられる。イタリア語ではcapricciosa(カプリチョーザ)が日本語の「気まぐれ」に相当する。

明日やろうは馬鹿野郎【あしたやろうはばかやろう】明日やろうはばか野郎,明日やろうはバカ野郎,明日やろうはバカやろう

今すぐに着手できる、または着手するべき事柄を、先送りしようとする考え方を戒める意味で用いられる言い方。

グンマー

群馬県を「未開の地」のイメージと絡めて言及する際に用いられることのあるインターネットスラング。