2017年1月21日土曜日

レトロニム「retronym」

新たな技術や概念の登場により、言葉が従来指し示していた対象を的確に一意に指し示せなくなり、新たな概念と区別するために用いられるようになった言葉。それまで用いられていた言葉は上位概念に位置づけられる。

たとえば「テレビ」といえば当初はもっぱらモノクロ表示であったが、後にカラーテレビが登場し普及したことで、旧来のテレビは「白黒テレビ」というレトロニムで呼ばれるようになった。テレビ放送はデジタルテレビの登場によって旧来の方式が「アナログテレビ」と呼ばれるようになった。

電話は、戦前から1970年代頃まではもっぱら黒色のダイヤル式の端末を指して用いられていたが、その後さまざまな形・機能を備えた電話機が登場したことにより、従来の電話機は「黒電話」と呼ばれるようになった。


罰ゲーム【ばつゲーム】

勝負に負けた者に罰として行わせる事柄の総称。罰ゲームの内容はさまざまであるが、基本的に避けたい内容、自ら行おうとはまず思わないような内容が設定される。あらかじめ罰ゲームを設けておくことで、勝負に挑む者は負けたくない気持ちが増して勝負が白熱する。罰ゲーム自体も余興として楽しまれる。

勝負や勝敗にかかわらず、自らの意思で選択した行動であるはずが、驚くほど気乗りせず逃れたく思われるような代物だったような状況を「罰ゲーム感」のように形容する場合もある。勝者に与えられる特典が喜ばしくない代物であるような場合も「勝者に対する罰ゲーム」のように表現されることがある。