2017年10月24日火曜日

人月商売【にんげつしょうばい】

1人でひと月にこなせる作業量を「1人月」という単位で数え、これを事業計画の遂行能力の基本的な手がかりとして用いる、という考え方が一般的となっている業界の通称。ソフトウェア開発の分野を指すことが多い。仕事の質や従業員の能力を半ば度外視した考え方であり、従業員の価値が軽視されがちになっている、という含意を込めて用いられることが少なくない。