スキップしてメイン コンテンツに移動

踏み台企業【ふみだいきぎょう】

より高い経歴・就職先へ上るための手がかり・足がかりとして、その意味で「踏み台」にも喩えられるような位置づけで利用される企業のこと。

たとえば、より条件・待遇のよい企業への転職や、将来的な独立・起業などを見据えており、いまの職場は職務能力や経験を積むための場としてのみ捉え勤務しているような場合、その職場は踏み台企業と呼ばれ得る。
 
学生の就職活動においては、企業側が採用試験の一環として実施する「SPIテストセンター」の実践経験を得る目的でエントリーする企業を「踏み台企業」と呼ぶことがある。本命ではない、滑り止め程度の位置づけである場合もあれば、そもそも全く志望していない場合もあり得る。


このブログの人気の投稿

水廻り【みずまわり】

住宅やマンションなどにおいて、台所、トイレ、洗面所、風呂場、などのように水を使う場所の事を幅広く指す表現。「水周り」「水回り」などとも書く。

穴があく【あながあく】穴が開く,穴が空く

(1)陥没したり貫通したりして空間が生じるさま、穴ができるさま。「穴が空く」と表記する場合が比較的多い。
(2)欠員が生じたり予定が取り消しになったりするさま。「穴が開く」と表記する場合が比較的多い。「穴を開ける」ともいう。

「穴があく」で「開く」と「空く」のどちらの漢字使いが正しいかについては諸説あり定かでない。

空間的側面に着目している場合には「穴が空く」と書き、より抽象的な意味合い、もしくは「開いた結果が穴のようになった」という点に着目している場合には「穴が開く」と書く、などのように解釈する余地はある。

なお、中央公論新社刊『読売新聞用字用語の手引き』では、「穴が開く」の表記が用いられている。

あるいは、大和言葉としての「あく」には元々漢字の「空」「開」双方の意味合いが含まれており、どちらが正しくてどちらが誤りという類のものではないとする見解もある。この見方に従えば、ひらがなで「穴があく」のように表記しておくのが妥当ということにもなる。

相対化【そうたいか】

一面的な視点やものの見方を、それが唯一絶対ではないという風に見なしたり、提示したりすること。学問的な主義主張や、特定の事件などの報道のされ方などについて言われることが多い。