2017年10月30日月曜日

崖っぷち【がけっぷち】崖っ縁

切り立った崖の縁の部分のこと、および、「もはや一歩も後には引けない窮地」を崖の縁に喩えて述べる言い方。

9条バリア【きゅうじょうバリア】九条バリア,憲法9条バリア

日本国憲法第9条において謳われている平和主義の理念が、他国の軍事侵攻を阻止する抑止力として機能している、と述べる表現。たいてい揶揄・皮肉・批判・自虐・諧謔などのニュアンスを込めて用いられる。

特定の国は日本を剛に柔に征服せしめんとしている向きがある、防衛に万全を期する備えが急がれる、それだのに国内では自衛隊の法的位置づけすら不確かであり、いざこざは話し合いで解決すべきと主張する声も大きく、軍備に関する議論すら許されない風潮がある。そうした世情を踏まえて、あわや国難の危機とも思える情況が辛くも難を逃れた場合に、皮肉を込めて「9条バリアのお蔭」と述べるような文脈で用いられることが多い。

新顔野菜【しんがおやさい】

市場に多く流通するようになり、消費者の間で新たに認知されるようになった野菜を指す俗な言い方。海外原産の野菜や、品種改良によって新規に生産され始めた野菜、元々は限られた地域でのみ流通していた野菜などが、全国的に出回るようになった場合などが「新顔野菜」の登場と表現し得る。

選挙割【せんきょわり】センキョ割,選挙割り,投票割,投票割り

飲食店などが企画する、選挙に行って投票した人に割引や特別サービスを提供するという試み。選挙への参加を見送りがちな若者などへ投票を促すという社会的意義が見出され、店側にとっても話題作りで注目を集める効果が期待できる。そんな投票は動機不純であるとういような批判の声が出ないわけでもない。

クラフトジン「craft gin」

蒸留酒の一種であるジンのうち、特に製法や素材などにこだわって作られた製品を指す言い方。定義が特にあるわけではないが、大手メーカーが大量生産している商品ではなく小規模に流通している品という意味合いを含む場合が少なくない。ビールにおいても同種の特徴を持つビールを「クラフトビール」と呼ぶことがままある。

グルカサンダル「Gurkha sandal」

グルカ(Gurkha)と呼ばれる兵団に支給された軍靴に起源が求められる革製のサンダルの通称。緩く編まれた幅広の革が足の甲の部分を覆う。足の甲の部分には隙間もあり、一般的な革靴のような硬く重苦しい印象が薄い。革靴の重厚感とサンダルの軽やかさが共存するファッションアイテムとして注目される。

まけほー

負けた!と声高に叫ぶようにして感動詞的に用いられるネットスラング的な言い方。スポーツの試合で応援しているチームが負けたような場面で用いられやすい。

踏み台企業【ふみだいきぎょう】

より高い経歴・就職先へ上るための手がかり・足がかりとして、その意味で「踏み台」にも喩えられるような位置づけで利用される企業のこと。

たとえば、より条件・待遇のよい企業への転職や、将来的な独立・起業などを見据えており、いまの職場は職務能力や経験を積むための場としてのみ捉え勤務しているような場合、その職場は踏み台企業と呼ばれ得る。
 
学生の就職活動においては、企業側が採用試験の一環として実施する「SPIテストセンター」の実践経験を得る目的でエントリーする企業を「踏み台企業」と呼ぶことがある。本命ではない、滑り止め程度の位置づけである場合もあれば、そもそも全く志望していない場合もあり得る。


推し【おし】

人やモノを薦めること、最も評価したい・応援したい対象として挙げること、または、そうした評価の対象となる人やモノなどを意味する表現。

国文法的には「推し」は動詞「推す」の連用形、あるいは、「推す」の連用形を単独で名詞として用いる表現である。

近年の美少女アイドルグループのファンの中では自分の一番のお気に入り(のメンバー)を指す表現として「推し」と表現する言い方が定着しており、昨今ではドルヲタ界隈の用語の枠を超えてアニメキャラや球団を対象に「同種のものの中ではこれが一番好き」という意味合いで広く用いられるようになりつつある。

オーテク

一般的には、日本の音響機器メーカーのブランドである「オーディオテクニカ」(audio-technica)の略称として用いられる表現。品質・信頼性に定評があるヘッドホンやイヤホンなどの製品群で知られる。

同社(株式会社オーディオテクニカ)が音響機器と並行して展開している業務用食品加工機械は公式に「AUTEC」(オーテック)というブランド名を冠しているが、通称・略称としての「オーテク」は音響機器について語らうような文脈で言及される表現といえる。

2017年10月27日金曜日

ストロング缶【ストロングかん】

炭酸あるいはアルコール度数が一般的な同種の飲料よりも強い缶飲料を指す言い方。特に、いわゆる缶チューハイの区分として用いられることが多い。

一般的な缶チューハイのアルコール度数は4.5%~5%程度だが、いわゆるストロング缶は7%~9%程度と総じて高い。値段も廉価である場合が多く、酔うためのコストパフォーマンスに優れるという見方もできる。

日にち【ひにち】

日取り・日付け・指し示された当該の日、といった意味で用いられる表現。特に話し言葉で用いられることが多い。「実際に会う日にちを決めよう」といった具合で用いられる。

「日にち」は全て漢字で表記する場合は「日日」と書かれる。「日々」のように踊り字では表記されない。日にちは実質的に「日」と同義であり、書き言葉では単に「日」とだけ記述すれば事足りる場合が多い。

2017年10月25日水曜日

セルカレンズ

スマートフォンやタブレット端末のカメラレンズに装着し、内蔵カメラではできない範囲の広角撮影や望遠撮影を可能にする、外付けレンズの総称。

デスルーラ

ビデオゲームの対戦システムにおいて、戦闘不能の状態に陥ると特定の地点まで強制的に戻されるシステムとなっている場合に、敢えて自ら戦闘不能になって復活地点へ瞬時に移動し、それによってゲームを有利に進行させる方法を指す言い方。

ゆるぼ,ゆる募,緩募

特に情況が差し迫っているわけではなく、急を要さない、どちらかといえば応募者がいてもいなくてもよい、いてくれれば御の字、という塩梅で行われる募集を指す言い方。

事実上【じじつじょう】

表向きの体裁は別にして、実態としてはそうである・そう言わざるを得ない、といった情況を示す際に用いられる言い方。たとえば、法的に婚姻関係を結んではいないが長年にわたり夫婦同然の関係を続けていれば事実上の夫婦と言い得る。公式にはロケット開発の試作機と発表されていても軍事政権が隣国と紛糾するさなかに隣国の方向へ向けて発射されれば事実上のミサイルと言い得る。

インド飲み【インドのみ】

ボトルに入った飲料を飲む際、口をボトルに触れないように、上から口へ注ぎ込むようにする飲み方の通称。インドでは他人が口をつけたものに自分も口をつけることをよしとせず、とはいえ水を共有することは避けがたい事情もある、といった背景からインド飲みの方法が一般的になったとされる。

キャンパスルック「campus look」

大学などの学校構内に着ていくような服装、という意味で用いられる言い方。いわゆる韓流文化を紹介する脈絡で用いられることの多い語。

自重トレーニング【じじゅうトレーニング】

自身の体重を負荷として利用する筋力トレーニングの総称。腕立て伏せ、腹筋、スクワットなどは自重トレーニングに該当する。重り(ウェイト)を使用するトレーニング方法はウエイトトレーニングと呼ばれる。自重トレーニングはウェイトを用意する金や手間がかからないため手軽にはじめやすい。

ヘルコリア「hell Korea」ヘル朝鮮

韓国民が自国の就職率・就労率の低さや労働環境の劣悪さなどを念頭に置いて自虐的に自国を呼ぶ言い方。2015年頃に若者の間で流行語のようになった。

メンズコスメ「men's cosme」

男性向け商品として開発され販売されている化粧品の総称。男性が抱えがちな皮脂・体臭などを抑える効果を謳う商品が多い。メンソールを含有し清涼感を含む製品も多い傾向にあるといえる。

サムネバイバイ,サムネイルバイバイ

動画や画像のサムネイル表示を見て興味をそそられない内容であると判断し、動画再生や画像の通常サイズ表示に至らない、という情況を指す俗な言い方。主に動画共有サイト「ニコニコ動画」などで用いられることが多い。

2017年10月24日火曜日

激詰め【げきづめ】

理不尽なまでに激しく責めたてることを指す俗な言い方。サラリーマンが営業ノルマを達成できておらず、上司から詰問されるように叱責され咎め立てられる、といった情況を指して用いられることが多い。

畜ペン【ちくペン】

プロ野球チーム・東京ヤクルトスワローズのマスコットキャラクターである「つば九郎」を指すあだ名・愛称。つば九郎はツバメ(つばくろ)をモチーフにしたキャラクターであるが、ずんぐりした外見からかペンギン呼ばわりされることが少なくない。しばしば他糾弾のキャラクターにいたずらしたり時事ネタに絡むきわどい発言をしたりといった腹黒・畜生キャラを持ち味としており、畜生ペンギン、ぐう畜なペンギン、畜ペン、といった呼び方が主にインターネット上で用いられるに至っている。

お客様は神様【おきゃくさまはかみさま】

客を崇敬せよ、最大限尊重せよ、口答えせず言い分は受け入れよ、という含意を込めて用いられることの多い言い回し。しばしばサービス業・接客業の接客の心得として言及される。

もともとは演歌歌手の三波春夫が、聴衆の前で歌う際の自らの心構えを述懐した言葉である。三波春夫の言葉の真意は、容易には計り知れないが、少なくとも今日一般的な通俗的な解釈とは乖離がある。

関連サイト:
「お客様は神様です」について ― 三波春夫オフィシャルサイト

鯖キャン【さばキャン】

オンラインゲームに関連する俗な表現で、サーバーに接続できない(接続がキャンセルされる)状態を指す言い方。「鯖缶」と表記されることもある。

横殴り【よこなぐり】

(1)暴風雨が上からではなく横から吹き付けてくるような情況を形容する言い方。
(2)横側から殴ること。とりわけオンラインゲームにおいて、他のプレイヤーが戦闘中の敵を勝手に横から攻撃することを指す場合が多い。攻撃したプレイヤー全員に戦闘の経験値が山分けされるシステムのゲームの場合は、経験値を楽に横取りする手法として用いられ、そして疎まれることが往々にしてある。

野良パーティー【のらパーティー】野良パ,野良PT

オンラインゲームにおいて結成される部隊(パーティ)のうち、特にゲーム内での面識がある(知り合い同士)というわけではなく、その場に居合わせたプレイヤー同士で即席に結成されたパーティを指す言い方。

ハチワレ

猫の毛の模様のうち、頭部の額から鼻筋に沿って八の字に開くように毛色が境目を形作っている毛のこと、および、そうした毛色の猫のこと。頭側が黒で鼻が白、といった色の構成になっている場合が多い。「鉢割れ」とも書くが、末広がりの「八割れ」表記が好まれる。

KLASSE14【クラスフォーティーン】

イタリア発の腕時計ブランドの名前。2014年に立ち上げられ、2016年には日本にも進出している。著名人御用達ブランドとして注目されている。

極振り

コンピューターゲームにおいて、キャラクターやアイテムの様々な能力値(ステータス)を上げることができるポイントを、各能力に均等に割り振るのではなく特定の項目に集中的に充てること。特定の項目だけに絞って割り振る要素を全て注ぎ込むような振り方は「全振り」と呼ばれ、極振りとは区別されることがある。

多重下請け構造【たじゅうしたうけこうぞう】多重下うけ構造

下請け会社が、受注した業務をさらに孫請け(2次下請け)やその下(3次下請け)へと流すことで、多層的に業務委託が行われていく状況を指した言葉。主にIT業界や建設業界で用いられ、下請けの末端で働く労働者の低賃金などの原因として問題視されている。

人月商売【にんげつしょうばい】

1人でひと月にこなせる作業量を「1人月」という単位で数え、これを事業計画の遂行能力の基本的な手がかりとして用いる、という考え方が一般的となっている業界の通称。ソフトウェア開発の分野を指すことが多い。仕事の質や従業員の能力を半ば度外視した考え方であり、従業員の価値が軽視されがちになっている、という含意を込めて用いられることが少なくない。

のし上がる【のしあがる】伸し上がる,伸し上る,伸しあがる

他を差し置く勢いで高い地位に登り詰めるさまを表現する言い回し。「のし」は「伸し」の漢字が対応するが、ひらがな表記のほうが一般的といえる。

おもちゃ箱をひっくり返したような【おもちゃばこをひっくりかえしたような】

多種多様なものがいかにも賑やかな調子で散らばっているさまを喩えた言い方。彩り豊かで楽しげ、という好ましい意味で用いられる場合もあれば、雑然と散らかっていてまとまりに欠くという好ましからざる意味で用いられる場合もある。

開封の儀【かいふうのぎ】

(1)東大寺正倉院における宝庫の扉の封印を解く儀式のこと。毎年秋に行われている。
(2)購入した商品をうやうやしく、儀式めかして開封すること。スマートフォンの最新機種や福袋などを開封し、往々にして、その様子を撮影・公開するような取り組みを指す。

婚活リップ「こんかつリップ」

婚活を成功に導くと語られるリップスティックの通称。つけたらプロポーズされた、夫と出会った日につけていた、というような体験談がSNS上で少なからず寄せられた末に「これをつけたら結婚に近づける」という効験が語られるに至ったもの。

オールドメディア「old media」

インターネットをはじめとする比較的新しい情報媒体(ニューメディア)に対して、新聞、雑誌、テレビ、ラジオのような相対的に古くからあるマスメディアを総称する言い方。

本邦初公開【ほんぽうはつこうかい】

海外で公開された作品について「日本国内では初めて公開される」という情況を指す表現。映像作品について用いられることが比較的多い。「本邦」は本国と同義であり、我が国、すなわち日本のこと。

ヌードリップ「nude lip」

口紅をつけていない地の唇のような印象を演出する口紅のこと。

帰宅恐怖症【きたくきょうふしょう】

家庭に自分の居場所を見いだせないという理由で、帰宅することを苦痛を感じ、出先からなかなか自宅に戻れなくなる心理状態を指す言い方。夫婦関係が冷え込んだ家庭の、特に夫側が、該当する心理状態に陥りやすいといえる。

生殖孔【せいしょくこう】

生物一般の生殖に用いられる体腔を指す言い方。膣が典型的といえるが、陰茎も該当する。

ポルスカ「polska」

(1)国名「ポーランド」のポーランド語における呼び方(Polska)のアルファベット表記。
(2)日本製テーブルウェアのブランドの名称。ポーランド食器の伝統的彩色が再現されている。

ゴラッソ

サッカーにおいて見事なゴールを決めることを指すスペイン語のスラング。スペイン語では「golazo」と表記される。見事なゴールが決まった際の歓声としても用いられる。

フラリーマン

仕事を終えて退社してから、まっすぐ帰宅はせず、ぶらぶら寄り道しながら帰るような勤め人(サラリーマン)を指す俗な言い方。

昨今では政府が推進する「働き方改革」などの効果もあって退勤後に比較的自由な時間が持てるサラリーマンが相対的に増えている。その時間を持てあまし、飲食店や娯楽施設で暇つぶしに興じてから帰宅するようなあり方も増えつつある。

2017年10月23日月曜日

シミラールック「similar look」

類似性・共通性の見いだせる身なり(装い)を指す言い方。恋人同士あるいは友人同士で服装を揃える着方の一種。いわゆる「ペアルック」のような統一感は控えめであり、実施しやすさがある。

物欲センサー【ぶつよくセンサー】物欲センサ

突発的に生じる強い購入意欲を指す言い方。あるいは、ソーシャルゲームのガチャなどで欲しいアイテムがなかなか手に入らず「自分の物欲に感応して入手難度が高まっているのではないか」と冗談めかして言いたくなるような情況を指す言い方。

恋模様【こいもよう】

恋愛の進展・停滞の様子・動向を指す言い方。恋人同士のかけ引きや、迷い、横恋慕などを交えた複雑な人間関係といった意味合いを込めて用いられることが多い。

束感【たばかん】

ほどよいまとまりを感じさせるさまを表現する言い方。特に髪型について、パサついたバラバラな質感ではなく、適度な束・房のようにまとまっている印象を指すことが多い。

一発撮り【いっぱつどり】

一般的には中断や継ぎ合わせといった編集が発生する映像作品・音楽作品を、編集せず1回の撮影・録音のみで完成させる、という撮影・録音方法を指す言い方。音楽の音源収録においては楽器ごとに録音し分けず全演奏者が一斉に録音する方法を指すことが多い。

うなぎ系女子【うなぎけいじょし】

つかみどことのない・つかんだと思ったらすり抜けていく・脈ありと思わせる風だが相手の意のままにはならない、といった性向のある、その意味でうなぎになぞらえ得る女性を指す言い方。駆け引き上手でなかなか射止められない女子のこととも言い得る。うなぎは嗅覚に優れた生き物であり、うなぎ系女子という言い方にも「恋愛における人間関係を嗅ぎ分けてトラブルを回避することに長けている」という意味を含められやすい。

神推し【かみおし】

いわゆる「推しメン」のうち最大最高の「推し」を捧げること、および、そうした「推し」の対象であるメンバーのこと。「神」は群を抜いてすごい・すばらしいさまを形容する意味合いの表現。

ハイパフォーマー「high performer」

ハイパフォーマンスな人、すなわち高い成果を常に挙げている優秀な人といった意味合いで用いられることのある言い方。

めっかわ

たいへん可愛い・可愛らしい、という意味で用いられる若者言葉的表現。「めっちゃかわいい」(めちゃくちゃかわいい)を略した言い方と解釈できる。

カカオフレンズ「kakao friends」

メッセンジャーアプリ「カカオトーク」のマスコットキャラクター群の総称。犬やライオンなどの動物、および、桃・タクアンなどの食べ物などがモチーフになっている。

交代劇【こうたいげき】

あたかも劇のように、劇的に、前任・後任が入れ替わる一連の騒動を指す言い方。ある程度の地位・役職、とりわけ国政における大臣、大企業の経営者、スポーツ日本代表チームの監督といった役職の者が通常とはいささか異なる流れで引き継がれるさまを指すことが多い。

ハンディ扇風機【ハンディせんぷうき】手持ち式ファン,携帯扇風機

持ち運び可能な(ハンディな)小型の扇風機の総称。手に持ったり首から提げたり、出先で卓上に置いたりして使えるように設計されているものが多い。

リノベーション団地【リノベーションだんち】団地リノベーション

既存の古い団地の物件を大規模に改装し、高い機能性やデザイン性といった価値を付与した物件の総称。リノベーションによって刷新された団地物件。無印良品とUR都市機構が共同で開発した「MUJI×UR」ブランドの物件などが知られる。

2017年10月18日水曜日

嫌韓テロ【けんかんテロ】

主に日本における、韓国文化や朝鮮民族を半ば排斥しにかかるような動向を指す言い方として、用いられることのある表現。日本で活躍する韓国人や在日韓国人、あるいは韓流文化などに対して露骨で過剰な嫌悪感を示したり、差別的な発言を繰り広げたり、といった動向を指して用いられることが多い。

「嫌韓テロ」の語は、もっぱら、中央日報をはじめとする韓国メディアが用いている言い方である。また「テロ」(テロル、テロリズム)の語が本来的な意味にかなっているか否かは疑義を挟む余地がある。

世界王者【せかいおうじゃ】

主にスポーツの世界選手権などで首位を獲得した男性選手を指す言い方。世界大会の優勝者や世界選手権のランキング第1位に位置する選手が世界王者と呼ばれ得る。女性選手については「世界女王」と呼ばれることが多い。

世界女王【せかいじょうおう】

スポーツの世界選手権のように世界一が決まる競技において首位を獲得した女性を指す言い方。世界選手権の優勝者や世界ランキング第1位の選手などが該当する。男性の場合は「世界王者」と呼ばれる。

男メシ【おとこメシ】男飯

調理がさほど難しくなく(料理無精な男性でも作りやすく)、豪快な趣があり(男性的)、男性の多くにとって好物となり得るような種類の料理を総称した俗な呼び名。焼き飯や丼物などが典型的といえるが、より凝った調理法の料理も男メシと呼ばれることがあり、線引きは画然とはしていない。

民旅【みんたび】

地元住民がほぼ個人規模で企画・提供する旅行・観光案内などのサービスの通称。旅行事業者・代理店が提供するツアーでは実現しがたい、地元をよく知る人ならではの現地体験が提供できるサービスとして注目されつつある。

「民旅」の語は「民泊」になぞらえた言い方とも捉えられる。

オタトゥー,ヲタトゥー

いかにもオタク的といった趣向のタトゥー(入れ墨)を指す俗な呼称。典型的には、アニメやマンガ・ゲームに登場する美少女・美青年キャラクターの絵柄をあしらったタトゥーなどが念頭に置かれる場合が多いといえる。

リリイベ

いわゆる「リリースイベント」の略として用いられることのある言い方。主にCD、DVD、書籍といったコンテンツの発売に合わせて販促も兼ねて行われる、演奏会や握手会、サイン会やトークショーといった催しを指す場合が多い。

タンバルモリ「tanbalmori」단발머리

女性の髪型で、前髪を中分けにした全体的にボリューム感のあるショートカットといった髪型の呼び名。もともと韓国語で「短髪」といった意味の語であり、いわゆる韓流の流行として日本でも注目されることがある。

ウソ告【ウソこく】ウソ告白,嘘告

愛の告白(もしくは交際の申し込み)を、本心からではなく嘘として行うこと。学校において冗談・からかい・罰ゲームの一環として行われるような告白行為を指すことが多い。

プレ垢【プレあか】プレミアムアカウント

いわゆる「プレミアムアカウント」を略した言い方。プレミアムアカウントは「有料会員」のことであり、基本的に無料で利用できるサービスを有料でより便利に高機能に利用できるようになるシステム(を利用したアカウント)を指す呼び名。

2017年10月17日火曜日

リテールテイメント「retailtainment」リテールテインメント

小売店が商品を販売するだけでなく諸種の娯楽を提供するという小売形態あるいは営業手法のこと。小売(リテール)と娯楽(エンタテインメント)を掛け合わせた商業形態。体験の提供は実店舗ならではの強みであり、オンライン通販に対抗するあり方として注目されつつある。

タヌキ顔【タヌキがお】

人の顔立ち・相貌の特徴や雰囲気をタヌキ(狸)になぞらえた言い方。とりわけ女性の、輪郭や目元が全体的に丸みを帯びた、黒目がちな、どことなく人を和ませる(癒やし系の)雰囲気のある顔立ちがタヌキ顔と呼ばれやすい。

「タヌキ顔」のように動物の顔立ちにたとえる言い方は「どうぶつ顔」と呼ばれる。

ジェットセッター「jet setter」

自家用飛行機で世界中を飛び回る人物、という意味で用いられる表現。自家用機を所有するほどの富豪であり、仕事にしても遊びにしても常に多忙を極めている、という意味を込めて用いられる。

切りっぱなしボブ【きりっぱなしボブ】ブラントカット

通常のボブのような輪郭の丸みを持たせずにあえて毛先をぶっきらぼうな切りっぱなしのように直線的に切りそろえたような雰囲気のあるボブのこと。切りっぱなしの形にすることで自然な外ハネが出やすく、垢抜けた感じが演出しやすい。「ブラントカットボブ」、「ブラントボブ」、および「パッツンボブ」とも呼ばれる。

ゴムバンド現象【ゴムバンドげんしょう】ラバーバンド現象,ゴムパッチン現象

主に、オンラインゲームにおいて、キャラクターを移動させようとしても移動する前の元の位置に引き戻されてしまい操作困難となる現象を指す俗な言い方。通信状況の悪さによる遅延などが原因で生じるとされる。

ドラッグショット「drag shot」

PCゲームにおけるマウスを駆使した銃の打ち方で、別方向から標的に向き直ると同時に標的へ照準を合わせ狙撃する方法のこと。マウスをドラッグする操作を素早く正確に行う技術が要求される。

2017年10月16日月曜日

猛虎魂【もうこだましい】

プロ野球球団「阪神タイガース」に注がれる情熱・愛着・気概などを指す言い方。選手よりはファン(阪神ファン)の気持ちに言及する場面で用いられることが多い。

猛虎弁【もうこべん】

ウェブ上の特定の電子掲示板を中心に用いられる、関西弁に似せた(「エセ関西弁」と言い得る)特殊な表現様式の通称。

社員引き【しゃいんびき】

くじ引き、特にソーシャルゲーム等におけるアイテム入手方法(いわゆる「ガチャ」)において、入手できる内容はランダムであるにも関わらず、作為的なのではと疑ってしまいたくなるような、極めて幸運的な引きをすること。

ミドル脂臭【ミドルししゅう】

30代から40代くらいの年齢の男性が発する特徴的な体臭を指す俗な言い方。ジアセチルと呼ばれる物質が後頭部を中心に多く分泌されて体臭になると言われている。その臭いは酸化の進んだ古い油にも喩えられる。50代60代以上の男性の体臭はまた違った気配になり、これは「加齢臭」と呼ばれる。

まじ卍【まじまんじ】マジ卍

名状しがたい好意的な感覚の表現として用いられることのある若者言葉。可愛い、美味しい、調子が良い、といった(ポジティブな)感情や状態を形容する。意味・用法・使用場面いずれも曖昧であり、きわめて感覚的な表現といえる。卍(まんじ)は「まじ」からの連想で用いられている字といえるが、これも特定の意味で用いられているとは言いがたい。

知的遊戯【ちてきゆうぎ】

教養・知識・思考力・発想力といった知的要素を駆使する遊びのこと。楽しみながら頭脳を鍛えるというような意味合いで用いられることが多いが、実学に該当しない学問を揶揄交じりに指す言い方として用いられることもある。

上がりポスト【あがりポスト】

表向きは組織の統率者であるかのうように見える地位・役職を指す言い方。昇進・出世の道を登り詰め、すごろくでいう「あがり」に到達した、というような印象を与える華々しさがあるものの、実際にはさらに上位の役職があり、上がりポストに全権能が付与されるわけではない。

国家公務員の組織系統においては、事務次官が官僚のトップであり上がりポストとして認識されやすい。実際には特別職(大臣、副大臣、大臣政務官)が事務次官よりも上位の役職に位置づけられる。

2017年10月12日木曜日

レベルキャップ「level cap」

コンピューターゲームにおけるキャラクターのレベルの上限のこと。

2017年10月11日水曜日

イケ化【イケか】イケメン化

男子が成長して格好良くなる(イケメン化する)ことを指す言い方。特にパッとしない印象だった男子が、思春期を経て、高身長・逞しい体つき・渋く艶っぽい声、端麗な顔立ちというような女子にはタマラン要素を得るさまを指す。

コミュニティモール「community mall」

周辺地域の住民を対象として運営される小規模商業施設を指す言葉。独自のコンセプトを持ち、個性のある運営を行っている場合が多い。

合祀墓【ごうしぼ】

複数の個人を合同で祀った(まつった)墓。共同墓。家族・親族などを共に納めた家族墓ではなく、血縁関係にない複数人を祀る墓。

一般的な納骨では一つの骨壺に一人の遺骨が納められるが、合祀墓では骨壺から出した複数人の遺骨を一か所に埋葬する。墓参りをせずにお寺が供養・管理をすることから、永代供養墓とも呼ばれる。

セルフカット「self cut」

(1)自宅で自分の髪の毛を自分で切ることを指す表現。散髪代を節約できたり、慣れれば自分の好みの髪型にできるなどのメリットがある。

(2)鋭い刃物などで、自分で自分の体を傷つけること。英語ではself-cutting、self-injuryのように表記される。

醤油皿【しょうゆざら】しょうゆ皿,ショウユ皿,ショーユ皿

もっぱら醤油を注ぐ用途に用いられる小皿を指す言い方。寿司屋などで用意されている醤油専用の小皿を指すことが多い。

デートDV【デートディーブイ】

交際中の男女の間で生じる、家庭内暴力(DV)と同種の状況を指す言い方。婚姻関係にない(そのため「家庭内」暴力とはいえない)関係におけるDV的状況を指す。恋人関係における殴る・蹴る等の身体的暴力あるいは精神的・経済的・社会的・性的な暴力などが含まれる。

つまみ細工【つまみざいく】

江戸時代に生まれた日本の伝統工芸のひとつで、小さく正方形に切られた絹物を組み合わせて作られる飾りのこと。ピンセットで絹物をつまんで作ることから「つまみ細工」と呼ばれている。髪飾りだけでなく、イヤリングやペンダントとしても用いられる。

トラ柄【トラがら】虎柄

トラの表皮の模様。たいてい、黄色地に黒い縞模様のある柄を指す。白地に黒の縞模様がある柄をトラ柄と呼ぶ場合もある。黒と黄色の縞模様は自然界における警告色でもあり、危険表示を示す標識に用いられる黒・黄の縞をトラ柄と呼ぶこともある。

ヒョウ柄【ヒョウがら】豹柄,レオパード柄

ヒョウの表皮の模様(パターン)のこと。たいてい黄色地に黒い斑点がある柄を指す。白色や桃色地に黒い斑点がある柄をヒョウ柄と呼ぶ場合もある。豹の元々のイメージもあって豪奢でスマートな印象を伴いやすい。衣服などの意匠にもよく用いられる。

未公開スチール【みこうかいスチール】

映画やテレビドラマの撮影中に撮られた、公開されていない宣材用写真のこと。「スチール」は映画の宣伝に用いられる写真を指す。映画が公開されてから数週間経過した後、未公開スチールが公開されることが多い。

月極駐車場【つきぎめちゅうしゃじょう】月極め駐車場

月額支払い制度のもとに賃貸契約する(借りる)駐車場のこと。「極」は「決め」の異表記であり、約束・規約などを意味する字。賃貸契約を締結した上で、利用する・しないの実績にかかわらず月々の賃料を支払う。契約の条件によっては車庫証明の取得にも利用できる。

クレープリー「creperie」

クレープやガレットといったフランス発の軽食・デザート類を中心に販売する飲食店を指す言い方。「クレープリー」の語は元々はフランス語で、「クレープ屋」という程の意味の語。

ビーントゥバー「bean to bar」ビーントゥバーチョコレート

チョコレートの製造工程について、「カカオ豆からチョコレートの完成品までの工程を一貫して製造管理する」製法ないし管理方法を指す言い方。カカオ豆の選別から仕入れ、加工、製造、および販売までの全過程を、第三者の手を経ずに一手に自社内で手がけるチョコレートの製法を、「カカオ豆(ビーン)から板チョコ(バー)まで」という言い方で表している。ニューヨーク・ブルックリンにあるマストブラザーズチョコレート社が開始して提唱したとされる。

メジャーグラス「measuring glass」

計量器(計量カップ)の意匠をあしらった飲料用のグラスの通称。理科室のような趣を漂わせるデザイン性が再発見されるような形で注目されている。見た目の良さだけでなく実際に計量の用途にも使えるため、カクテルを配合するような場面で役立つ。

ババシャツ,ばばシャツ

中高年のいわゆるオバハン世代の女性がよく着るというステレオタイプのもとに扱われる女性用肌着の通称。薄手で体にフィットし、襟ぐりが広く開いている形のものが典型といえる。さらに色味が薄いベージュだったり淡いピンクだったり、胸元や袖にレースがあしらわれていたりといった要素はいかにもババシャツらしい要素として扱われやすい。多分にオシャレではないイメージを伴うものの、防寒用の薄手のインナーとして成人女性の幅広い年代に着られる。

2017年10月5日木曜日

ツイッター読者【ツイッターどくしゃ】

中日新聞が2017年10月5日付の新聞の題一面大見出しで、ソーシャルメディア「Twitter」(ツイッター)のフォロワーという意味で用いた言い方。

撮れ高【とれだか】とれ高

撮影した写真や映像の中でうまく使える構図がいかに撮れたかという度合いのこと。テレビ業界などで用いられる業界用語の一種。撮影した映像の中で実際にテレビ番組で使用できる部分の総量や、数多く撮影した写真の中で撮影目的となる人物や景色がうまく撮影できている割合を指し、不足がある場合に「撮れ高が足りない」と表現したりする。

アイカツおじさん

主に女児を対象とするアーケードゲームおよびTVアニメ「アイカツ!」をこよなく愛好する成人男性を指す言い方。いい年して少女向けコンテンツにハマっているという揶揄・罵りあるいは自虐のニュアンスを多分に含む言い方。

ベジデコサラダ「vegedeco salad」salad cake

ベジタブル・デコレーション・サラダの略称で、野菜を使ってデコレーションケーキのような見栄えに仕上げた創作料理あるいは創作菓子。見た目はケーキだが材料や味わいはサラダのそれであり、華やかな気分になりながら、ダイエットへの悪影響を気にせず、野菜そのものの味わいを堪能できる。

なお、「ベジデコサラダ」の名称は、一般社団法人日本ベジデコサラダ協会・理事長を務める料理家・料理研究家、森安美月の登録商標である。

ルーフトップ「roof top」

(1)屋上やテラスを指す言葉。開放的な景色を楽しみながら飲食できる「ルーフトップバー」や「ルーフトップカフェ」などでよく用いられる表現。

(2)2014年9月15日に発売された、スウェーデン歌手ザラ・ラーソンによる楽曲。

ビハインドストーリー「behind story」

ある物語や一連の出来事の背後で同時的に進行していた物語、といった意味で用いられる表現。重大な決断を下した背景にこんな事情があった、当人はこんな事情を抱えていた、というニュアンスで用いられることが多い。

御免被りたい【ごめんこうむりたい】御免こうむりたい,ご免こうむりたい

拒否の意思・意向をやんわり表現する言い方。面倒そうな事柄や不利益を被りそうな事柄を忌避・回避するような場面で用いられることが多い。「君の巻き添えになることだけは御免被りたい」という風に用いられる。

「御免」(ごめん)は拒絶・断りの意味を示し、「被る」(こうむる)は自分にとって望ましいことを施してもらうといった意味合いを表現する。

2017年10月4日水曜日

残業メシ【ざんぎょうメシ】残業飯,残業めし

規定の勤務時間を超過して業務し(残業し)終えた後の食事の通称。残業疲れの体をいたわる健康的料理を指す場合もあるが、残業で疲れた状態でも手軽に調理できる料理(いわゆるズボラ飯)や、料理する気力がないため小売店で買って帰る弁当などを指すことが多い。

ベランピング「veranping」

自宅のベランダで行う豪勢なキャンプ(グランピング)のこと。グランピング(granping)は充実した設備の中で贅沢に快適に過ごすキャンプを指す語であり、ベランピングはこれを遠出せずベランダで行うことを指す。ベランダにリゾート気分を醸す椅子をしつらえて優雅に飲んだり食べたり、といった趣向が楽しまれる。

ガン萎え【ガンなえ】

急激に意欲や好意が減退するさまを表現する言い方。「心の底からガッカリした」「一気に熱が冷めた」といった意味合いを込めて用いられることが多い。

制汗スプレー【せいかんスプレー】

汗による臭いやべたつきを低減・抑制する目的で用いられるスプレーの総称。発汗を抑制する目的であらかじめ用いられる商品もある。

国民的美少女【こくみんてきびしょうじょ】

国民の多くから美少女と認められ支持されているような女性タレントのこと。オスカープロモーションが主催する「国民的美少女コンテスト」の受賞者を指す意味で用いられる場合も多い。

制汗シート【せいかんシート】汗拭きシート

ウェットティッシュ型の制汗剤の総称。汗や臭いを拭うようにして処理できるため使用感がよく、スプレー缶の政官財よりも持ち運びしやすい場合が多い。ただし使用後のシートがゴミとして発生する、封をし損ねると使用前のシートが乾燥する、といった難点もある。

フロアバー「floor barre」

(1)バレエの動作を床に座ったり寝たりした状態で行うエクササイズ法。「バーオーソル」とも呼ばれる。重心が床に乗り安定するため、起立したままではバランスを維持しにくい動きも行いやすい。
(2)室内から左右のサイドシルをつなぐことで、自動車のボディを補強する部品を指す言葉。「室内フロアバー」や「センターフロアバー」などとも呼ばれる。

ピッチイベント「pitch event」

ベンチャー企業が、投資家に対して、事前に準備した資料(ピッチ)をもとに、数分で自社のサービスや将来性を売り込む催しのこと。資金調達を目的とする場合が多い。プレゼンテーションと違い、不特定多数に対して、短い時間で、構想や事業計画を伝える力が要求される。

ジャイロキネシス「gyrokinesis」

ヨガ、バレエ、体操、水泳、および太極拳などの動きを取り入れた「流れるような動き」が特徴のエクササイズ法。「ダンサーのためのヨガ」としてニューヨークを拠点に広まった。

シースルーバング「see through bangs」

額が透けて見える程度に軽い(少量の)前髪のこと。軽やかで柔らかい印象を演出しやすい髪型とされる。

涼感グルメ【りょうかんグルメ】

見た目がいかにも涼しげだったり、ひんやりとした触感だったり、という涼やかさを楽しめる食べ物の総称。

カップルルック「couple look」

男女の揃いの装いを指す言い方。いわゆる「ペアルック」と同じ意味。韓国語(커플룩)で主に用いられる。

ピリッとしない

緊張感がなく今一しまらない状況、しまりの悪い雰囲気が漂っている様子を形容する表現。スポーツ界や株式市場の動向を表現する際に用いられることがある。

密着取材【みっちゃくしゅざい】

片時も離れず行動を共にし、記事の材料となる情報を収集すること。いつどこに行き、誰と会い、どういった行動を取ったか、といった情報が得られる他、素顔に近い姿が取材できる。

無事死亡【ぶじしぼう】

「案の定失敗した」という意味合いで用いられることのある言い方。多分に自虐のニュアンスを込めて用いられる。

ハラデイ

「(画像を)貼ってくれ」という意味で用いられるインターネットスラング。いわゆるなんJ語。アメリカ出身の元MLB投手ロイ・ハラデイに引っかけた語、という由来が定説となっている。

しゅごい

「すごい」(凄い)と同じ意味で用いられることのある言い方。特に「すごい」以上の意味はないが、幼児めいた素朴な雰囲気が意図されている場合があり得る。

特定厨【とくていちゅう】

匿名で投稿されたコメントや画像などの、断片的な情報から、発信者の素性を特定しようとする人物を罵り交じりに呼ぶ言い方。典型的には投稿者の居住地や在籍する学校・企業を推定・特定しようとする人が挙げられる。

マッチングアプリ

希望や条件が互いに合致する人どうしを結びつけるサービスを提供するモバイルアプリの総称。あるいは、いわゆる「出会い系アプリ」をボカして述べた言い方。

視聴覚障碍者【しちょうかくしょうがいしゃ】

視覚障害者と聴覚障害者の総称。必ずしも視覚と聴覚の両方に障害を抱えた人を指す言い方とは限らない。

かぎしっぽ

カギ状に曲がった尻尾の通称。特に猫のシッポの区分として用いられることが多い。「かぎしっぽの猫は幸運をひっかけて持って来てくれる」という俗説もある。

ナムオル「남얼」

美男子、いわゆるイケメンを指す韓国語の表現。「顔が良い」という意味の「얼짱(オルチャン)」と、「男性」という意味の「남자(ナムジャ)」という語に基づく造語表現。

ツイッタランド

ソーシャルメディア「Twitter」をウェブ上の活動空間というとらえ方で呼ぶ言い方。

モグラ女子【モグラじょし】

モデル(ファッションモデル)とグラビアアイドルと両方の分野で活動する女性タレントを指す通俗的な言い方。モデル業は女性からの支持を集めやすく、グラビアアイドル業は男性からの人気を集めやすい。そのため性別を問わず幅広いファンがつく傾向にある。

初期メン【しょきメン】

「初期メンバー」の略、すわなち結成当初に在籍していたメンバーや結成当初から現在に至るまで在籍しているメンバーを指す言い方。

マネキンヘッドダンス「mannequin head dance」

頭上にマネキンの頭部を乗せてパーカー(フーディー)等のフードを被せ、自身の頭部は隠したまま踊るパフォーマンスの通称。YouTubeなどで踊ってみた動画が投稿されて話題を集めた。表情のないマネキンの顔が不気味さを醸しつつ、不均斉で奇妙なシルエットはダンスに滑稽な印象を加えている。

チョコミン党【チョコミンとう】

チョコミント(ミントチョコ)風味の菓子を愛好する人を指す語。

ドローイン「draw in」

「引っ込める」という意味合いで用いられる英語の句動詞。および、腹部を引き締めて脂肪の燃焼を図るエクササイズ法の通称。腹部を意識することで体幹の筋肉を鍛える効果があるとされる。

2017年10月2日月曜日

ピッチコンテスト「pitch contest」

いわゆる「ピッチイベント」の出来を競う催しのこと。「ピッチイベント」とは、自社の事業計画や将来性を短時間で端的に述べ伝える催しであり、主にスタートアップ企業が投資家から出資を募るために行われる。ピッチコンテストの場合は複数の発表者が登壇し、その中から大賞あるいは最優秀賞を選ぶ形式で行われる。

ダイナミックコリア「dynamic Korea」

金大中(キムデジュン)韓国第15代大統領のもとで打ち出されれた、韓国の国家ブランドを発信するキャンペーンのスローガン。

レペゼン

英語の動詞「represent」の省略・短縮表現として用いられることのある言い方。主にヒップホップの歌詞において用いられる。represent は「代表する」といった意味である。たとえば「俺は大阪を代表してここに来た」「俺は大阪を仕切っている」というような意味合いで「レペゼン大阪」と述べられたりする。

ガールクラッシュ「girl crush」ガルク

同性である女性が思わず惚れ込んでしまうような魅力を備えた女性を指す言い方。かわいいだ、格好良い、憧れる、といった好印象の総体として捉えられる。もともと韓国で流行した語とされる。

キヨミ「gwiyomi」귀요미

韓国語で「かわいい」「かわいい子」を意味する表現。「キヨミダンス」「キヨミソング」というように形容詞的に用いられる。

ティントリップ「tint lip」

「唇に塗る」というよりも「唇を染める」要領で唇に色づけする化粧品のこと。唇の地の質感が映える、自然体な印象を出しやすい、落ちにくく色移りもしにくい、といった特徴があるとされる。なお「ティント」(tint)は「(薄く)色を付ける」「染める」といった意味の英語の動詞または名詞。

爆盗団【ばくとうだん】

「爆盗」と呼ばれる組織的で大規模な万引き行為をはたらく集団のこと。外国人が中心となって犯行に及んでいると目されている。

アニ豚【アニぶた】

いわゆる萌え系アニメやアニメ作品に登場する萌えキャラ、あるいは萌えキャラを演じる声優などに熱狂的な愛着を示すファンを、半ば罵り交じりに呼ぶ言い方。「気色が悪い」という印象を込めて用いられる。とりわけ声優に執着するファンは「声豚」と呼ばれることもある。

くるりんぱ

くるりと回してぱっと決める、という様子を擬音語的に表現する言い方。女性の髪の留め方を指すことが多い。

SE川柳【エスイーせんりゅう】IT社畜川柳

SE(システムエンジニア)にありがちな悲哀や苦悩を自虐的に詠んだ川柳のこと。システムエンジニアの業務の過酷さや理不尽さが軽妙なあるあるネタとして詠まれる。テック系メディア「ITpro」による企画が嚆矢とされる。

中間マージン【ちゅうかんマージン】

売り手と買い手を仲立ちする事業者が(仲介業者)が得る利益のこと。「マージン」は売買の差額から得られる利益や販売手数料を指す語。

シートマスク「sheet mask」

薄い紙状(シート状)の、顔を覆う用具(マスク)のこと。とりわけ化粧水や美容液に浸った肌ケア用品を指す語。保湿や肌つやの向上の効果をうたう商品が多い。