2017年9月27日水曜日

カーディオトレーニング

いわゆる有酸素運動の異称。カーディオ(cardio)は心臓を指す語、すなわちカーディオトレーニングは心肺の機能を向上して持久力の向上や健康増進を図る取り組みを指す。

なお英語では 「cardio training」よりは「cardio exercise」あるいは「cardio workout」と呼ばれることの方が多い。

トモ充【トモじゅう】友充

友人関係が良好である、友達づきあいが充実している、といった意味合いで用いられる言い方。交友関係におけるリア充。

無言フォロー【むごんフォロー】

Twitter等のソーシャルメディアにおいて、無言でフォローする、つまり通知や挨拶を特に行わずにフォロワーになること。人をフォローするなら挨拶するなり断りを入れるなりすべきであるという見解を持ち、無言フォローに不快感を示す者がいるにはいる。

オン眉【オンまゆ】

主に、前髪を切りそろえる位置が眉毛より上の辺りという意味で用いられる言い方。

マットリップ「matte lip」

光沢感を抑えてマット(つや消し)な質感を演出した唇のこと、および、そのような唇の質感を実現する口紅のこと。光沢を加えるグロッシー(つや出し)系の口紅と対比すると、マットリップは唇そのものの質感を際立たせる。

恋コスメ【こいコスメ】

恋を成就させやすくなると観点から紹介されることの多い化粧品(コスメ)類いの総称。異性ウケのよい(男がたやすく恋に落ちるような)メイクが実現する化粧品、あるいは、自分に自信がつく可愛らしい色合い・香り・デザインの化粧品なども恋コスメとして取り上げられやすい。

朝ドラ女優【あさどらじょゆう】

朝ドラ(NHK朝の連続テレビ小説)に出演した経験のある女性の役者(女優)、 とりわけ朝ドラの主演女優を務めた女優の通称。朝ドラのヒロイン役を演じた女優。

たとえば「ひよっこ」でヒロインを演じた有村架純や「あさが来た」でヒロインを演じた波瑠などは朝ドラ女優と呼ばれることがままある。

ゴワゴワ,ごわごわ

手触りや見た目の質感が硬質で、なめらかさやしなやかさに乏しいさまを指す、オノマトペ的な表現。違和感・不快感のニュアンスを含むことが少なくない。

自称進学校【じしょうしんがっこう】

進学率が高い、難関校への合格者を輩出している、とアピールしている(が、実態は世間的な進学校のイメージとの乖離がある)ような学校の通称。進学実績よりもカリキュラムの多がアピール材料となっており、成果は多分に生徒の勉強量に依存しているような取り組み方の学校を指すことが多い。

はみ出し系どんぶり【はみだしけいどんぶり】はみ出し系丼ぶり,はみ出し系丼

具材が器からはみ出すように盛られている丼物料理の総称。量の多さが際立つ盛り付けといえる。中には丼の縁から肉が垂れ下がるように盛り付けられているものもある。

水光肌【すいこうはだ】물광피부,ムルグァンピブ

水気を感じさせるようなツヤ・輝きのある肌を指す言い方。韓国の美容トレンドにおける用語。

デブ菌【デブきん】ファーミキューテス

ファーミキューテスと呼ばれる細菌を指す通俗的な呼称。脂肪を好むため肥満の者ほどファーミキューテスを多く保有するとされる。

35億【35おく】「thirty five hundred million」

1億の35倍、35万の1万倍、あるいは10の8乗の35倍。

2017年現在、「35億」の数字は、お笑い芸人・ブルゾンちえみ with Bがネタ中で「世界中の男の総数」として言及する数として認知されている。

地球史の文脈でいえば、35億年前といえば生命の活動の痕跡が化石で確認できる最古の年代である。


2017年9月20日水曜日

北のピンクレディ【きたのピンクレディ】北朝鮮のピンクレディ「North Korea's 'pink lady'」

北朝鮮こと朝鮮民主主義人民共和国の国営放送局でニュースキャスターを務める、ピンクの着物と、勇ましくも情念の籠もったような独特の口調が印象的な、あの女性を指す、一種のあだ名。

「ピンクレディ」という呼び名は、英国紙「ガーディアン」(The Guardian)やアメリカのラジオ局「PRI」等、英語圏のメディアが用いている。

北のピンクレディの名は李春姫(Ri Chun-Hi、リ・チュニ、리춘히)という。1970年代から現職。2010年代半ば以降は後進育成のため出番を減らしており、国威発揚を示す重大発表の際にのみ登場している。

関連サイト:
North Korea’s ‘pink lady’: the newscaster set to announce the end of the world - The Guardian
Who is the 'Pink Lady' who anchors North Korea's most important TV broadcasts?PRI's The World - PRI

2017年9月14日木曜日

ヅラバレ,ズラバレ

カツラをかぶっている(実は毛髪を偽っている)という事実が周囲に知られてしまうことを表す表現。ヅラであることがバレること。カツラがすっぽり外れるような場合だけでなく、微妙にズレている、生え際に違和感がある等々の状況からヅラ着用と察せられる場合もヅラバレに該当する。当人が能動的に公表(カミングアウト)する場合はヅラバレに含めない場合が多い。

パリピダンス

「パリピ」と呼ばれるイベント好きな陽気・攻め気な人々の間で流行しているダンスの通称。シャッフルダンスと呼ばれるダンスの型の場合が多いが、必ずしもシャッフルダンスのみをパリピダンスと呼ぶとは限らない。パーティーの場なので、複数名で踊って、踊る側も見る側も一緒に盛り上がるといった趣向が楽しまれる。

握手乞食【あくしゅこじき】

アイドルのいわゆる握手会イベントには熱意を注ぎ積極的に参加するが、握手会以外のコンサート等の鑑賞イベントには特に積極的に参加する意欲を見せないようなファンを軽視・罵り交じりに呼ぶ言い方。

許すまじ【ゆるすまじ】

責を負うべき所業を決してなかったことにはしない、断固として許しはしない、という頑なな意思を示す言い方。「まじ」は強い打消しの意志を表現する助動詞。

「許すまじ」は元来、文語的な表現であり、日常の会話で用いられる種類の表現ではなかったが、最近では若者言葉あるいはインターネットスラングとして若者が用いる例がまま見られる。なお「マジで許す」という意味ではない。

2017年9月11日月曜日

このハゲー!,このハゲーー!!,このハゲーーー!!!

ハゲ頭の者に対する罵り文句。「この野郎」のような表現の「野郎」の部分を「ハゲ」に置き換えたもの。

これといって禿頭・薄毛の兆候がない者に対しても罵倒表現として用いられることがある。軽口程度のノリで口にする者もある。

2017年には政治家の豊田真由子が秘書の男性を怒鳴り散らす様子を密かに記録した音声データが公にされた。そこには豊田が鬼女のごとき怒声で「このハゲーーー!!!」と絶叫する様子が録音されていた。同発言はテレビ番組でもたびたび用いられた。

渡る世間は鬼はなし【わたるせけんはおにはなし】

世の中は殺伐としいて無慈悲な人ばかりであるようにも思われがちだが、実際のところはそんなに世知辛いものではない、人も鬼のような無情の者ばかりではなく、情け深い優しい人だってたくさんいる、というような意味合いの諺・慣用句。

基本的には、「世間は」でなく「世間に」という助詞づかいで「渡る世間に鬼はなし」と述べられるが、このことわざをもじったテレビドラマのタイトル「渡る世間は鬼ばかり」が元ネタ以上に知られている影響もあり「世間は」と表記されることもままある。

2017年9月7日木曜日

アンバサダー「ambassador」

英語で「大使」「使節」「代表」といった意味で用いられる名詞。日本語では、英語に準ずる意味合い、あるいは「筆頭」「第一人者」「その分野を代表する存在」といった意味合いで用いられることがある。

2017年9月6日水曜日

ギルトフリー「guilt-free」

「罪悪感なく心から楽しむことができる」「罪悪感から解放される」「罪悪感を感じない」といった意味で用いられる表現。特に低カロリー食品や添加物を極力用いない食品を形容して用いられることが多い。たとえば、食べることへの罪悪感が少ないと謳う低カロリーの菓子類を「ギルトフリースナック」と呼ぶような場合がある。

グローバルエリート「global elite」

(1)俗に「世界の第一線で活躍する人物」という意味合いで使われる表現。世界市場で成功を収めているビジネスパーソンやアスリートを指して用いられることが多い。
(2)ミズノが販売する野球用シューズおよびグラブのブランド。同社のブランドの中ではミドルクラスに位置づけられ、軽量で扱いやすい、価格が比較的手頃、といった点が主な特徴として挙げられる。なお「グローバルエリート」はミズノ(美津濃株式会社)の登録商標である。

夢かわいい【ゆめかわいい】ゆめかわ

「夢のようにかわいい」というような意味合いで用いられる俗な表現。意味は厳密には定義しがたいが、おおむね、現実味を感じさせないような(多分にメルヘンチックな)印象を名状する際に用いられることが多い。

ミールキット「meal kit」

料理に必要な食材と料理の作り方(レシピ)がまとめて用意された一式のこと。レシピに沿って調理すれば料理が完成する。宅配サービスなどを通じて提供されることが多く、献立に迷ったり、買い物に行ったりする手間を省いて手料理が作れる。

ボイレコ

ボイスレコーダー(voice recorder)の略。会話などを録音する用途に用いられる小型機器を指す語。

2017年9月5日火曜日

ネオフォビア「neophobia」

これまで接したことのない新奇な環境や体験、初対面の人などに対して、不安や恐れを感じる心理的傾向・兆候のこと。「新奇恐怖症」と訳されることもある。猫の心理的傾向を指す場合も多い。

床ペロ【ゆかペロ】

床を舐める、倒れて地面に突っ伏す、ゲーム内のプレイヤーキャラクターが的に倒されるなどして行動不能に陥る状況を指す通俗的な言い方。

遠隔操作アプリ【えんかくそうさアプリ】

スマートフォン等のモバイル端末を離れた場所から操作できるアプリの通称。主に端末を紛失したり盗難されたりした場合に、端末をロックしたり端末内のデータを削除したりといった操作に用いられる。場合によっては盗聴や位置情報の把握といったストーキング用途に悪用されることもあり得る。

男装女子【だんそうじょし】

男性の格好をした女性を指す言い方。男物の服や装身具を身に着け、髪型も男性的な長さにする。中性的でアイドル的な容姿が男女どちらからも好評を得る場合が多々ある。

デパコス,デパートコスメ

百貨店(デパート)で販売されている化粧品類(コスメ)を指す言い方。テナントには相談窓口(カウンター)が設けられ、ブランド物をはじめとする高級品が扱われている場合が多い。

無課金装備【むかきんそうび】

装備を揃えるために課金する仕組みのあるゲームのいて、課金がなくても一通り揃えることが比較的容易な装備を総称する言い方。金銭を浪費せずゲームを楽しむ場合の中心的な装備といえる。レア度は低く相対的に貧弱な装備になりがちといえる。

課金装備【かきんそうび】

課金システムのあるゲームにおける、課金しないと入手困難あるいは入手不可能な装備を指す言い方。希少性(レアリティ)が高く非常に強力だが、一通り揃えるにはかなり金銭を浪費することになりがちである。

課金装備に対して、特に課金がなくても比較的揃いやすい装備は「無課金装備」と呼ばれる。

リスキル「respawn kill」リスポーンキル

プレイヤーキャラクターが行動不能になると特定の復活地点に戻って復活(リスポーン)する仕組みの対戦型ゲームにおいて、相手がリスポーンしたら即座にその場で再び倒す、行動する隙を与えずに絶えず倒し続ける行為を指す俗な言い方。戦略とも言い得るが、マナー違反に該当する行為と見なされている場合が少なくない。

初心者狩り【しょしんしゃがり】

主にアーケードゲームやオンラインゲームなどにおいて、そのゲームをある程度やり込んでいる(中級・上級の腕前を持つ)プレイヤーが、まだゲームを始めて間もない新参プレイヤー(初心者)に敢えて対戦を挑み、力量の差を見せつけるようにして初心者を一方的にやり込める、という行いを指す言い方。多分にマナー違反という認識に基づく非難のニュアンスを込めて用いられる。

ファッション社畜【ファッションしゃちく】

いかにも過酷な労働環境に身を置いて仕事に忙殺されている(いわゆる「社畜」である)かのようなそぶりをソーシャルメディア上でひけらかしている人を指す通俗的な言い方。実態は社蓄には程遠いだろうという軽視のニュアンスを込めて用いられる場合が少なくない。

再振り【さいふり】

振り直し、振り分け直し、という意味合いで用いられることのある表現。とりわけ、MMORPGなどのゲームにおいて、キャラクターの各種能力値の向上に使えるポイントの配分をやり直すという意味で用いられることがある。