2017年8月22日火曜日

巨大小惑星【きょだいしょうわくせい】

小惑星に区分される天体のうち、とりわけ大きな個体を指す言い方。地球に近接することのある小惑星(いわゆる地球近傍小惑星)を形容する語として用いられることがある。

小惑星の定義は天体の大きさに基づくものではなく、太陽系の小惑星帯に存在する「ケレス」(Ceres)は直径およそ952キロメートルある。もっとも、ケレス並の大きさを持つ天体は2000年代半ばに「準惑星」へ再区分されている。