2017年7月14日金曜日

米の飯と天道様は何処へ行っても付いて回る【こめのめしとてんとうさまはどこへいってもついてまわる】米の飯とお天道様は何所へ行っても付いて回る、米の飯とお天道様はどこへ行っても付いて回る、米の飯とお天道様は何処へ行ってもついて付いて回る、お天道様と米の飯は何処へ行っても付いて回る

米の飯(つまり最低限の食事)は、世界の何所に居てもお天道様(太陽)を見失うことがないのと同様に、どんな境遇でもちゃんとありつけるものだ、どこに行っても食いっぱぐれることはない、という楽観的な世界観・人生観を表現する慣用的な言い回し。