スキップしてメイン コンテンツに移動

愛多ければ憎しみ至る【あいおおければにくしみいたる】

多く愛されれば愛されるほど、その分だけ憎まれることにもなる、ちやほやされる立場は嫉みそねみの対象になりやすいものでもある、といった意味合いを示す訓戒的な言い回し。諸子百家(道家)の書物「亢倉子」に記された「愛多憎至」が典拠として挙げられる。

このブログの人気の投稿

水廻り【みずまわり】

住宅やマンションなどにおいて、台所、トイレ、洗面所、風呂場、などのように水を使う場所の事を幅広く指す表現。「水周り」「水回り」などとも書く。