2017年7月13日木曜日

ひふみんアイ

将棋の対局中、対戦相手の側に回り、相手が見ている盤面を確認する行為の通称。棋士の加藤一二三が考案したとされる。自陣とは逆の視点から眺めることで戦況の見え方が変わり、局面の判断を修正したり、相手の戦略を読んだりといった意義があるといわれている。大盤解説でも盤を上下回転させることをひふみんアイと呼ぶことがある。