2017年6月13日火曜日

控えめに言って【ひかえめにいって】

遠慮ぎみに(控え目に)表現する、表現が過激・誇大にならないように配慮して表現する、という意味で用いられる言い回し。自分の評価を述べる際の前置きとして用いられ、「最低限このくらいの評価には値する」「本当はもっとすごいと主張したい」という含意をほのめかす。穏やかな語彙を使用しつつ誇大な評価を示唆したり、最大限に誇大な評価を使用して「実際はそれ以上の評価に値する」と示唆したりする。