2017年5月12日金曜日

レギュラトリーサンドボックス「regulatory sandbox」

政府や企業が革新的な新事業を手掛けたり、新しいサービスを提供できるように、現行法の即時適用を避け新事業を育成する環境を整えるための規制緩和のこと。日本語で「規制の砂場」と呼ばれることも多い。

レギュラトリーサンドボックスは、英国におけるフィンテック(fintech)の競争活性化のための施策の一環として本格的に導入されたとされる。日本でも成長戦略のひつとして導入され、フィンテックやIoT分野が対象となる。スマートシティなどのITを活用した街づくりへの活用が期待されている。