2017年4月13日木曜日

ヒャッハー

主に、無法・無秩序の状況で欲望のままに放埒に振る舞うさまを表現する言い方。ただの快哉の場合もある。

元ネタは、原哲夫のマンガ作品「北斗の拳」の冒頭に登場する賊が丸腰の民に襲いかかる際に発した狂乱の叫声。

ヒャッハーは単独で感動詞的に用いられる他、「ヒャッハー状態」「ヒャッハーする」といった言い回しで用いられることもある。