2017年3月31日金曜日

やばみ,ヤバみ

危機感を抱くさま、または、形容したがい種類の感動や感心を覚えるさまを意味する言い方。「ヤバい」という形容詞表現(の若者言葉の用法)を名詞化した言い方であり、通常は「ヤバさ」の表記が普通だが敢えて「うまみ」「ありがたみ」のように「み」で名詞化した口語的な語。

2017年3月29日水曜日

フフッてなる,フフってなる,ふふってなる

思わず軽く吹き出してしまうさま、および、そうした軽い笑いを誘う滑稽な物事を指し示す表現。主にウェブ上で共有されるネタ画像や小咄(コピペ)を形容する言い方として用いられる。

2017年3月28日火曜日

シャバい,シャバイ,しゃばい

ひ弱、根性なし、冴えない、といった様子を表現する俗な言い方。とりわけ、普段はいきがっているのに、窮地に立たされると途端に弱腰になる様子を指すことが多い。

シャバい振舞いをする者は「シャバゾウ」(シャバ僧)と呼ばれることがある。

ファイナルアンサー

これ以降は翻意しないという意思を伴った最終的な回答、あるいは、その宣言を意味する表現。2000年代に放送されたクイズ番組で用いられ一般にも浸透した。

フラゲ

他に先んじて入手することを指す表現。「フライングゲット」を略した言い方。たとえば、音楽CDやDVD、ゲーム、グッズ類などを一般発売される日よりも前に入手することがフライングゲット(フラゲ)の典型例といえる。

うざかわいい,ウザかわいい,うざ可愛い,うざカワイイ

ウザいけれどかわいい、ウザいところが却って可愛さに繋がっている、といった逆接的な印象を表現した言い方。言動や表情などがいちいち鬱陶しく、人の感情を逆なでするような部分があるが、憎めない、というような心証を抱いてしまうさまを指す言い方。

2017年3月27日月曜日

粗熱【あらねつ】あら熱

加熱調理した直後の食材が含んでいる熱を指す語。もっぱら「あら熱を取る」という言い方で用いられる。

焼いたり煮たりした直後の食材は加熱調理された熱を保って高温になっている。これを程よい温み(おおむね素手で触れる程度の熱さ)まで冷ますことを、「あら熱を取る」と表現する。

粗熱を取った熱すぎず冷たすぎずの状態は、食材も扱いやすく、調味料なども香気が活かせるようになる。

直電【ちょくでん】

相手に直接に電話を掛けること、という意味で用いられる俗な言い方。人づての伝言ではなく当事者に直接に電話で伝えるという意味を込めて用いられることが多い。メールではなく電話を用いて連絡する、という意味合いで用いられることもある。

キラーチューン

たいへん魅力的な曲、とりわけ多くの人が一度の試聴ですぐに気に入るような受けの良さや、コンサートで場が盛り上がるようなノリの良さが感じられ、代表曲と位置づけられるような曲を指すことの多い言い方。

フリーハグ

街頭に立ち通行人とハグ(抱擁)する営み。2000年代初頭に初めて行われたとされている。愛情行為の一種であるハグを見知らぬ者どうしで行い、愛と平和の心をはぐくもうとする、といった意義のもとに行われることが多い。

大馬鹿者【おおばかもの】大バカ者

「馬鹿者」に程度の大きさを示す「大」を加えて、ひどく愚かな者、甚だしい馬鹿者、という意味を表現する言い方。大うつけ、大たわけ。おそろしく非常識な者、道理が全く分かっていない者、あるいは、愚直すぎる者といった意味合いを込めて用いられる場合が多い。

2017年3月23日木曜日

オヌヌヌ

オススメ(お勧め)の意味で用いられるインターネットスラングの表記。カタカナのスをヌに替えて「オヌヌメ」と表記する例が、さらにメもヌに近いじゃないかという脈絡からオヌヌヌという表記が派生したと解釈できる。単なるもじり表現であり特殊な意味が込められているというわけではない。

極まれり【きわまれり】

ものごとが突き詰まったさま、最終的な境地に到達したといえる様子などを表現する言い方。「ここに極まれり」の言い回しで用いられることが多い。

文法的には「極まれり」は「極まる」の已然形(極まれ)に完了の助動詞「り」が付与された言い方。

ボンボローニ「bomboloni」ボンボリーニ

イタリアはトスカーナ州の郷土菓子。クリームを入れて揚げるドーナツに近い菓子。bombolonas の異称、bombolone の複数形。

ボンボリーニ

(1)イタリアの揚げ菓子Bomboloni(ボンボローニ)の異表記。
(2)童謡「うれしい雛祭り」の一節「雪洞(ぼんぼり)に」をふざけて外来語のように表現した言い方。

2017年3月21日火曜日

あざした,アザシタ

「ありがとうございました」を粗雑に略した若者言葉的な言い方。

同種の省略表現には「あざす」(ありがとうございます)などもあり、よく用いられる。「すみません」は音便も加わって「サーセン」のような形で用いられることがままある。

フルコンボ

所定の条件を満たす連続動作・操作の成立(コンボ)を、あらかじめ用意された一連のコンボ分すべて成功させること。特に、音楽ゲームで各曲やコースを最後までノーミスでクリアすることを指すことが多い。綺麗に流れるように連続技が決まるといった状況を指す場合もある。

親の敵【おやのかたき】親の仇,親のかたき

猛烈な憎悪や嫌悪を抱いている対象を比喩的に表現した言い方。もっぱら「親の敵のように(憎む)」といった言い回しで、尋常でないほど(理不尽なほど)毛嫌いしているさまを表現する。

毛嫌いの程度を表現する場面の他に、極端なほど程度が甚だしいさまを表現する言い方として用いられることがある。

単に「親の仇」とだけ述べられる場合、親が屈辱を受けた(あるいは親を殺された)ことに対する恨み、または、そうした恨みの対象となる者を指す。

2017年3月20日月曜日

昔さながら【むかしさながら】

「昔ながら」の「ながら」と「さながら」とを混同した言い方と解釈できる言い回し。

「昔ながら」の「ながら」(乍ら)には、「そのままの状態が保たれている」という意味合いがある。すなわち「昔ながら」は「昔と同じであり変わっていない」さまを示す。

「さながら」(宛ら)は基本的には「よく似ている」という意味合いで用いられる。たとえば「地獄さながらの凄惨な光景」というように、名詞に続けて用いるか、あるいは「さながらモーセの十戒(海割り)のように人が避けていく」というように 明喩表現を伴って用いられる。

文脈によっては、「昔によく似ている」という意味合いで敢えて「昔宛ら」という表現を用いていると解釈する余地もあるが、大抵の場合は単なる誤用と判断できる。

2017年3月18日土曜日

シャー芯【シャーしん】

いわゆるシャーペン(シャープペンシル)の芯を指す俗な呼び名。シャプペンシルをシャーペン、さらにシャーペンの芯をシャー芯、と略した言い方と解釈できる。シャーペンは芯を補給して半永続的に使用できる筆記具であるため、芯は備品として単独で言及されることも多い。

2017年3月16日木曜日

エッチい,エチい

性的でいやらしいさま、卑猥なさま、官能的なさまなどを表現する言い方。「エッチな」という表現を(ナ形容詞ではなく)「エロい」のようにイ形容詞として用いた言い方と解釈できる。

キモカワ系【キモカワけい】きもカワ系,キモかわ系

「気持ちが悪い」(キモい)と「かわいい」という、半ば相反する要素が併存している(「キモかわいい」)さまに通じる部分があると述べる言い方。基本的には愛らしく好ましいが、不細工・グロテスクといった嫌悪感を催す要素も微妙に含まれている様子を形容する。

オナ中【オナちゅう】

(1)俗に「同じ中学(校の出身)」の意味で用いられる、中学の同窓生・同級生を指す省略表現。
(2)俗に「オナニー中毒」を略した言い方で、恋人がいない手慰みとしてしょっちゅう自慰にふける様子を揶揄混じりに述べる表現。

決裁権者【けっさいけんじゃ】

是非の判断を最終的に決定する権限を有している者、決裁権が与えられている者、という意味で用いられる表現。

2017年3月11日土曜日

ガン無視【ガンむし】がん無視

相手の行動や働きかけを徹底的に無視する、という意味で用いられる言い方。気づいているが敢えて無視に徹する、という様子を指す場合が多い。「ガン」は「ガンギレ」や「ガン見」などのように接頭辞的に用いられる言い方で、程度の甚だしさ、なりふり構わぬ積極性、一線を越えてしまった状況、のようなニュアンスを示す。

2017年3月10日金曜日

コズミックホラー「cosmic horror」「cosmicism」宇宙的恐怖

広大で無機質な宇宙、あるいは宇宙における超常的存在と対峙した人間の恐怖や孤独感を指す語。および、そうした考え方を基調とするSFホラー小説のジャンル。米国の小説家ラヴクラフト(H. P. Lovecraft)が提唱した概念。

2017年3月9日木曜日

皆様におかれましては【みなさまにおかれましては】皆さまにおかれましては,皆様に於かれましては

顧客や聴衆などの複数人を相手にして、その相手へ言及することを明示する際に、前置きとして用いられる丁寧な表現。「皆は」「皆について言えば」といった意味合いをを敬意を込めて述べた言い方。

プリンスアルバート「Prince Albert」

(1)19世紀イギリスの女王ヴィクトリア(Victoria)の夫。ヴィクトリアがイギリス女王に即位した1840年に結婚。1861年没。
(2)丈の長いダブルのフロックコートの通称。主にアメリカ英語で用いられる俗な言い方。
(3)男性の性器ピアスの一種で、陰茎の裏筋を貫通して尿道から外部へ抜けるように装着されるピアスの通称。

ノーマルエンド

ゲームの進め方によって結末(エンディング)の内容が変化するマルチエンディング型のゲームにおいて良くも悪くもない無難な結末として用意されているエンディングの通称。良い結末(グッドエンドもしくはハッピーエンド)や悪い結末(バッドエンド)との対比で用いられる言い方。

転じて、ゲーム以外の文脈で単に「何の変哲もない結果」という程の意味で用いられる場合もある。

2017年3月6日月曜日

離れ乳【はなれちち・はなれぢち】

外向きに左右に広がるような付き方をしている乳房の通称。「離れ胸」ともいう。昨今の「寄せて上げて盛った胸の谷間がセクシー」というような美意識とは乖離した形になり、女子の胸元の劣等感の要因になり得る。

ナヤシ方言【ナヤシほうげん】なやし方言,なやし言葉,ナヤシ言葉

日本語の方言区分の一種で、中部地方の特に長野県・山梨県・静岡県に共通性の見られる方言を指す伊方。語尾「ずら」などの言い方を特徴とする。「ナヤシ」は長野・山梨・静岡の各語頭を取った語。近接する方言区分には岐阜・愛知で用いられる「ギア方言」もある。

刻みのり【きざみのり】刻み海苔,刻みノリ,きざみノリ

ごく細かく短冊形に刻んだ海苔を指す言い方。典型的にはざる蕎麦や茶漬けなどに添えられる。

屁のつっぱり【へのつっぱり】屁の突っ張り,屁のツッパリ

放屁を抑える(こらえる)ための手立てを指す言い方。もっぱら「屁の突っ張りにもならない」という言い回しで用い、「全く役に立たない」さまを表現する。「突っ張り」には「押し開けられないように設ける支え」という意味合いがある。

2017年3月1日水曜日

自分事【じぶんごと】自分ごと

他人事(ひとごと)をもじった言い方で、「他人事ではない事柄」「まさに自分に関係ある事柄」といった意味で用いられることのある言い回し。

他人事は「自分には関わりのない事柄」という意味で用いられる語。