2017年1月17日火曜日

雪の下キャベツ【ゆきのしたキャベツ】雪の下きゃべつ

冬のあいだ雪に埋めておいたキャベツ。年末頃に収穫して雪に積もらせる形で作られる。「越冬キャベツ」とも呼ばれる。北海道あるいは長野県などで気候を活かして雪の下キャベツrが作られている。

雪に埋めておくことは野菜等の貯蔵方法として少なからず行われており、越冬野菜と総称される。キャベツは特定の旬がなく年中栽培できるが、雪に埋める手順を踏むと成分が編成して甘味が増し、食感や食べ応えも増すという。