2016年8月9日火曜日

懐が寂しい【ふところがさびしい・ふところがさみしい】懐がさびしい,懐がさみしい

手持ちの金銭が少ししかないさま、所持金が乏しいさまを意味する表現。「懐」は和装において財布をしまった場所であり、財布を指す婉曲的な言い方。「寂しい」はあるべきものがなくて心が満たされない様子などを表現する言い方。

懐事情【ふところじじょう】ふところ事情,フトコロ事情

現在の所持金、あるいは、収入・資産額・金回りといった意味で用いられる言い回し。文字通りには、懐中に携えている金銭の状況を指す表現であり、所持金の具合を意味するもの。今財布に入っている金額だけでなく、最近の稼ぎの状況や、儲け具合、といった意味で用いられることもままある。

テイクバックゼロ投法【テイクバックゼロとうほう】

野球の試合で、ピッチャーがテイクバックをしないで投球する手法のこと。

ライメックス「LIMEX」

株式会社TBMが開発した、紙やプラスチックなどの代替となる新素材のこと。主な原料は石灰石。

中国座り【ちゅうごくずわり】

立っていることが一般的な状況において、あぐらをかいたり便所座りをしたりする中国人のこと。2016年のリオデジャネイロオリンピックの開会式において、一部の中国選手が地べたに座っていたことから。

ダブルベーグル

テニス競技において、6-0のスコアが連続すること。1回の6-0は単にベーグルという。

ひねり王子【ひねりおうじ】

日本の体操競技選手である白井健三を指す愛称として、主に日本のマスメディア等が用いることのある言い方。白井の持ち味といえる、大技・新技で体躯を大いにひねるパフォーマンスを表現したもの。白井健三のひねりぶりは内村航平も「ひねりすぎて気持ち悪い」と評している。