スキップしてメイン コンテンツに移動

チタン葺き【チタンぶき】

チタン製の屋根瓦を葺くこと、および、チタン瓦を使用した建物を形容する語。

一般的な屋根瓦は粘土瓦であり粘土を焼き固めたものであるが、チタンを用いることで従来の瓦よりもはるかに軽くて頑丈な瓦が製造できる。軽量な瓦素材としてはアルミ合金瓦などもあるが、アルミ合金は耐久性にやや難がある。チタン瓦は耐久性にも優れ、1000年以上は維持できるという。

チタン葺きの屋根は近年チタンの精製技術の向上により現実的な選択肢となりつつあり、近年では寺社建築などで導入が進んでいる。東京・浅草の浅草寺は2006年から2010年にかけて宝蔵門および本堂の屋根をチタン葺きに改修した。

このブログの人気の投稿

水廻り【みずまわり】

住宅やマンションなどにおいて、台所、トイレ、洗面所、風呂場、などのように水を使う場所の事を幅広く指す表現。「水周り」「水回り」などとも書く。