2016年8月31日水曜日

レイピスト「rapist」

レイプ犯、強姦魔、などの意味の英語。

「レイプする者」という意味の英語表現にはレイパー(raper)もあり、レイパーは単にレイプを行う者という意味で用いられるが、レイピストは多分に「罪を犯す」というニュアンスを込めて用いられる。

2016年8月30日火曜日

ニューエラ「New Era」

1920年に米国で創業された帽子(キャップ)メーカー。ニューヨークに本拠を置く。アメリカのメジャーリーグおよびマイナーリーグの帽子を一手に製造していることで知られる。

ニューエラの野球帽はストリートファッションでも人気のアイテムとなっており、購入時にツバ部分に貼られている(サイズ等が表記されている)シールを敢えて剥がさずに貼ったまま着用するスタイルが流行している。

2016年8月24日水曜日

ファッションオタク

(1)服飾に強い興味やこだわりを持ち、知識や物品の収集に血道を上げている人、といった意味で用いられる表現。すなわち「ファッション分野のオタク」。
(2)いわゆる真性のオタクではないが、外見上オタクであるかのように振る舞っている人を指す言い方。いわば「ファッションとしてのオタク」。「にわか」「にわかオタク」などとも呼ばれる。

ファッキチ

「ファッション気違い」を略した言い方で、精神的に常軌を逸した素振りを見せるが、実際には特に理性を失っているわけではなく、気違いを装っているだけの者を指す語。

「ファッキチ」の語は「マジキチ」と対比して用いられる。マジキチは「マジで気違い」を意味する語であり、本当に常軌を逸しているさまを形容する言い方。

2016年8月23日火曜日

カッポン,ガッポン

トイレの詰まりを解消する目的で用いられる、長めの柄のついた椀型のゴム製の器具を指す俗な呼称。より正しい呼称としては「ラバーカップ」という呼び名がある。

公園の入り口のアレ【こうえんのいりぐちのアレ】公園入り口のアレ,公園のアレ

公園の出入り口に設置されている銀色の「円」のような形状のパイプを典型とする、主に車両の進入を阻む目的で設置されている柵または柱状の構造物の通称。正しい呼び名が一般に認知されていないため往々にしてアレ呼ばわりされる。

公園の入り口のアレに固有の統一的な呼び名は特にないが、一般的には「車止め」、あるいは「防護柵」「防止柵」などと呼ばれることが多い。「バリカー」という呼称もあるが、これは商品名が一般化したものであり、同種の設備を総称する正式名・一般名というわけではない。

「車止め」は駐車場に備わるコンクリートの塊や、坂道で駐車する際に使用が推奨される「タイヤストッパー」を指す語でもある。鉄道の終端に設けられる障害物を指す場合もある。

「防護柵」や「防止柵」 は、いわゆるガードレールをはじめとする、進入防止のための柵・フェンス類を幅広く指す呼称でもある。

カップラ

(1)英語「coupler」をカタカナで音写した表記。couplerは「連結器」「連結装置」といった意味の語。電子工学などの分野では一般的に「カプラー」と表記される。
(2)「カップラーメン」の略。4字に略する傾向の強い若者言葉めいた言い方。

犬喰い【いぬぐい】

犬を食材として扱い食べること、および、そうした文化や慣習を指す言い方。いわゆる犬食。

「食」の字を用いて「犬食い」と表記した場合、普通は食器を持たずに顔を卓に近づけるように屈んで食べる食べ方を指す。敢えて「喰」の字を用いている背景はこの食事作法としての「犬食い」との混同を避けるためと考えられる。

お維新【おいしん】

日本の政党「おおさか維新の会」の略称。「維新」の名を含む他の党名と区別する意味で、主に報道メディアが用いている表現。

なお「お維新」こと「おおさか維新の会」は2016年8月23日に党名を「日本維新の会」へ改称する方針を示した。

川の様子を見てくる【かわのようすをみてくる】

台風や大雨によって河川の氾濫が危惧される中、田畑などへの影響を気にして川や用水路へ赴く人が発しがちなセリフ。この一連の行動によって水死した人を報道する際、「川の様子を見てくる」といったフレーズが動機を示す定型句のように用いられている。そのため、いわゆる「死亡フラグ」として扱われることがままある。

「ちょっと田んぼの様子を見てくる」のようなフレーズも、同じ場面で発せられる死亡フラグ的フレーズとして扱われる。

2016年8月18日木曜日

エッジボール「edge ball」

卓球に試合において、打球が台の端に当たること。または、端に当たった球のこと。一般的にはエッジボールの返球は困難であることが多い。返球できなかった場合には、相手側の得点になる。

トイレットブレイク,トイレットブレーク「toilet break」

テニスの試合中において、選手がトイレへ行くために設けられた時間。時間は最大で5分と決められている。

無音テロップ【むおんテロップ】

テレビ放送で、字幕や絵などを音声を出さないで放映すること。

澤ネキ【さわネキ】

元女子サッカーの澤穂希選手を、敬意をこめて表現する際に用いる語。「ネキ」は、「姉貴(アネキ)」を由来としている。ネキを用いた表現には、吉田ネキ(吉田沙保里)などが挙げられる。

吉田ネキ【よしだネキ】

女子レスリングの吉田沙保里選手を、敬意をこめて表現する際に用いる語。「ネキ」は、「姉貴(あねき)」を由来としている。ネキを用いた表現には、澤ネキ(澤穂希)などが挙げられる。

2016年8月11日木曜日

フィッシュブラ,魚ブラ

写真投稿ソーシャルメディア「Instagram」などで投稿されている、女性が胸元を魚で隠して撮影した写真のこと、および、同写真に付けられるタグ。

2016年8月10日水曜日

チタン葺き【チタンぶき】

チタン製の屋根瓦を葺くこと、および、チタン瓦を使用した建物を形容する語。

一般的な屋根瓦は粘土瓦であり粘土を焼き固めたものであるが、チタンを用いることで従来の瓦よりもはるかに軽くて頑丈な瓦が製造できる。軽量な瓦素材としてはアルミ合金瓦などもあるが、アルミ合金は耐久性にやや難がある。チタン瓦は耐久性にも優れ、1000年以上は維持できるという。

チタン葺きの屋根は近年チタンの精製技術の向上により現実的な選択肢となりつつあり、近年では寺社建築などで導入が進んでいる。東京・浅草の浅草寺は2006年から2010年にかけて宝蔵門および本堂の屋根をチタン葺きに改修した。

2016年8月9日火曜日

懐が寂しい【ふところがさびしい・ふところがさみしい】懐がさびしい,懐がさみしい

手持ちの金銭が少ししかないさま、所持金が乏しいさまを意味する表現。「懐」は和装において財布をしまった場所であり、財布を指す婉曲的な言い方。「寂しい」はあるべきものがなくて心が満たされない様子などを表現する言い方。

懐事情【ふところじじょう】ふところ事情,フトコロ事情

現在の所持金、あるいは、収入・資産額・金回りといった意味で用いられる言い回し。文字通りには、懐中に携えている金銭の状況を指す表現であり、所持金の具合を意味するもの。今財布に入っている金額だけでなく、最近の稼ぎの状況や、儲け具合、といった意味で用いられることもままある。

テイクバックゼロ投法【テイクバックゼロとうほう】

野球の試合で、ピッチャーがテイクバックをしないで投球する手法のこと。

ライメックス「LIMEX」

株式会社TBMが開発した、紙やプラスチックなどの代替となる新素材のこと。主な原料は石灰石。

中国座り【ちゅうごくずわり】

立っていることが一般的な状況において、あぐらをかいたり便所座りをしたりする中国人のこと。2016年のリオデジャネイロオリンピックの開会式において、一部の中国選手が地べたに座っていたことから。

ダブルベーグル

テニス競技において、6-0のスコアが連続すること。1回の6-0は単にベーグルという。

ひねり王子【ひねりおうじ】

日本の体操競技選手である白井健三を指す愛称として、主に日本のマスメディア等が用いることのある言い方。白井の持ち味といえる、大技・新技で体躯を大いにひねるパフォーマンスを表現したもの。白井健三のひねりぶりは内村航平も「ひねりすぎて気持ち悪い」と評している。

2016年8月8日月曜日

恐懼の至り【きょうくのいたり】恐懼のいたり

大いに恐れ畏まる、といった意味の表現。「恐懼」は恐れる、畏まるという意味の語。「恐」も「懼」も「おそれる」と読まれる。

恐懼【きょうく】恐惧

恐れ入り大いに畏まることを意味する表現。「恐」も「懼」も「おそれる」と訓読みする。「恐懼の至り」などのように用いられる。

殯【もがり】

死者を葬る(本葬する)前に、一定期間、棺に遺体を納めて祀る儀式を意味する語。死者の霊を慰める、故人を偲ぶ等々、複数の意義が見出され得る。

日本では古来より貴人の弔い方として行われてきたが、現代においてはほぼ廃れており、天皇、皇后の崩御した際に営まれるのみといって過言でない状況といえる。形式が変わり殯の名残と推測される風習が各地の風習に見出される場合はある。

2016年8月5日金曜日

世界ビールデー【せかいビールデー】「International Beer Day」,「IBD」

毎年8月の第1金曜日。2007年にアメリカ合衆国のカリフォルニア州で制定された。ビールの味を楽しむためにアメリカ合衆国を始め各国各地でイベントが開催される。

誕生果【たんじょうか】

1月1日から12月31日までのそれぞれの日にちなんだ果物のこと。

妻夫木夫妻【つまぶきふさい】

姓が「妻夫木」の夫と妻。回文の1つ。

2016年8月4日木曜日

看板メニュー【かんばんメニュー】

主に飲食店において、店を代表するメニューとして打ち出される料理の通称。その店の売り。または、看板に記され店外などに置かれるメニュー(品書き)の通称。

ワイハ

いわゆる業界用語において、「ハワイ」の意味で用いられる語。半ば死語でありオッサン臭い表現と見なされることが多い。

ワイハ、グラサン、パツキン、パイオツというように、語順を逆さにした言い方は「倒語」や「ズージャ語」などと呼ばれる。倒語そのものは業界用語に限らず日本語では古くから見られる隠語化の手法である。

オリンピアン「Olympian」

近代オリンピックに選手として出場した人物を指す英語表現。

オリンピアン(Olympian)の原義は「オリンポス山(Olympus)に住む者」であり、特にオリンポス十二神を意味する語である。

なおオリンピック(Olympic)は「Olympia」を語源とすると解釈される場合もあり、同時に「Olympus」を語源とすると解釈されることもある。

2016年8月2日火曜日

沈黙は金【ちんもくはきん】

沈黙することには金にも喩えられるほどの価値がある、という意味で用いられる語。

しばしば「雄弁は銀」との対で用いられる。一般的には、下手な弁論や弁解よりは黙している方がましである、という意味合いで用いられる。これは「言わぬが花」にも通じる含蓄といえる。

「沈黙は金・雄弁は銀」は西欧文化圏から導入された格言とされる。英語にも「Speech is silver, silence is golden」という格言がある。

この「沈黙は金・雄弁は銀」という表現が成立した当初は、金よりも銀の方が価値が高かった、つまり、、元々は、沈黙よりもむしろ雄弁を称えた格言であったという説がある。この見方に則ると、昨今では金の価値が銀に勝り、格言の意味はもっぱら沈黙を称える意味となった、ということになる。

なお普通は「ちんもくは《かね》なり」とは読まない。カネと読む場合は大抵「時は金なり」と混同した誤り。