2016年1月4日月曜日

100ドルショッピング

1985年、当時の中曽根康弘・内閣総理大臣が国民に対して、国民1人につき輸入品を100ドル買って欲しいと訴えかけたことから生まれた流行語。