スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

3月 31, 2015の投稿を表示しています

非関連多角化【ひかんれんたかくか】

事業の経営多角化戦略のうち、すでに進出・事業展開している分野との関連が希薄な事業分野へ参入する戦略のこと。

事業の多角化戦略は「関連多角化」と「非関連多角化」に区分できる。既存の事業分野の生産技術や流通チャネル等を活かすことのできる分野への参入は「関連多角化」にあたり、そうした強みが特にない(経営能力や資本といった要素くらいしか関連がない)事業分野への進出は非関連多角化に該当する。

関連多角化【かんれんたかくか】

事業の経営多角化戦略のうち、すでに進出・事業展開している分野に関連する他分野に参入する戦略を指す語。生産技術に共通点があって既存技術の応用が利く分野や、市場やターゲットが共通しており既存の流通チャネルや販促チャネルを活用できる分野などが関連多角化の例として挙げられる。

自社が進出している事業分野との関連性が希薄な分野へ進出することを、関連多角化に対して「非関連多角化」という。

環境分析【かんきょうぶんせき】

(1)周辺の水質、土壌、大気といった環境を調査し、汚染状況や健康に悪影響のある成分が過剰に含まれていないか等について調べること。
(2)ビジネス戦略上の営みにおいて、事業の内外の状況を把握すること。代表的な環境分析の手法として「SWOT分析」などがある。環境を外部環境と内部環境に区分し、さらに機会と脅威、強みと弱みにそれぞれ区分して分析する手法である。

マッキンゼー「McKinsey」

(1)英語圏の姓。マッキンゼー・アンド・カンパニー(McKinsey & Company, Inc.)の創業者であるジェームズ・マッキンゼー(James O. McKinsey)などを例として挙げることができる。
(2)ジェームズ・マッキンゼーが米国で設立したコンサルティング企業「マッキンゼー・アンド・カンパニー」の略称・通称。単にマッキンゼーといった場合にはもっぱら同社を指しているといえる。

スーパーフード「superfood」

健康によい栄養素を多く含み、栄養バランスに優れた食品の通称。美味しく食べられるという要素が含まれることも多い。

一般社団法人日本スーパーフード協会のウェブサイトでは、スーパーフードの定義として、優れた栄養バランスや高い栄養価がある点、食材としての側面と健康食品としての側面を併せ持つ点といった要素が挙げられている。

スーパーフードに類似した語に「完全食品」がある。完全食品は、その食材のみで健康維持に必要な栄養をほとんど補うことができる食品を形容する語とされる。