スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

8月, 2015の投稿を表示しています

もせ,モセ

インターネットスラングの一種で、MP3ファイルの意味。カナ入力モードでキーボードの「MP」とタイプすると「もせ」となることから。

イチキタ

一時帰宅の意味。主に中高生の間で使われる。例えば、「イチキタしてから遊びに行こう。」のように表現する。

法定休日【ほうていきゅうじつ】

労働基準法で定められている休日。一般的には日曜日であることが多いが、法律では、毎週少なくとも1日、あるいは、4週間に4日以上を法定休日としなければならない。

ggrks

「ググれ、カス」を意味するインターネットスラング。主に電子掲示板「2ちゃんねる」などで使用される。Googleで検索すればわかるような質問に対する返答として用いられる。

ジャッキアップ

ジャッキを用いて車体を持ち上げること。転じて、相手をヨイショすること。主に不良グループが用いる表現。

ニール

ビニール袋の略称。主に、シンナーを吸引する際に用いるビニール袋を指す。

年少リング【ねんしょうリング】

少年院に入った経験のある人が、指に入れる刺青のこと。年少は少年院の俗称。

年少リングは、過ちを繰り返さないという思いから刺青を入れる場合もあれば、他人を威嚇する目的で入れる場合もある。

赤テープ【あかテープ】

喧嘩を売りたい中学生や高校生が、学生カバンの持ち手に巻く赤色のビニールテープのこと。喧嘩を買いたい場合は白テープを巻く。

赤テープは、少しでも気に入らないことがあれば喧嘩を仕掛けるというサインである一方、喧嘩を売られたくないための防衛策として使用されることもある。

白テープ【しろテープ】

喧嘩を買いたい中学生や高校生が、学生カバンの持ち手に巻く白色のビニールテープのこと。近年では、学生カバンを所持する機会が減ったこともあり風化している。

ちなみに、喧嘩を売りたい場合には、赤テープを巻くのが暗黙のルールとなっている。

ヤン車【ヤンしゃ】

ヤンキーが乗る車、または、ヤンキー仕様の車。ヤン車の定義はないが、一般的には、車高が低い、黒色のスモークを貼っている、マフラーを改造している、大音量の音楽をかけて走行している車などを指すことが多い。

ゴジラー,5時ラー,五時ラー

朝5時に起床して、スキルアップのために趣味や仕事など「朝活」をする人のこと。起床して何もしない場合にはゴジラーとは呼ばない。ちなみに朝4時に起床して「朝活」する人をヨジラーという。

ヨジラー,4時ラー,四時ラー

朝4時に起床して、スキルアップのために趣味や仕事など「朝活」をする人のこと。ちなみに朝5時に起床して「朝活」する人をゴジラーという。ヨジラーやゴジラーのためのモーニングセミナーも各所で開催されている。

小ヤンキー【こヤンキー】

いわゆるヤンキーの中でも、比較的低年齢のヤンキー。一般的には中学生のヤンキーを指すことが多い。また、ヤンキーになりきれていないヤンキーに対して馬鹿にする表現としても用いられる。

哀悼の誠を捧げる【あいとうのまことをささげる】哀悼の誠をささげる

亡くなった人に対する深い悲しみや悼みを表明する言い回し。広島市平和記念式典における首相挨拶などで用いられることがある。

「哀悼」は死者を悼むこと、「誠」は「いつわりのない心」という意味がある。「捧げる」は尊い相手へ差し出すことを意味する動詞。すなわち、御霊に対し、その死を悲しむ衷心からの思いを、謹んで贈ります、といった意味合いと解釈できる。

ノスタルジア「nostalgia」

遠く離れた物事や過ぎ去ってしまった物事について、懐かしみ、しみじみと思い馳せる心境を指す語。「すでに遠く離れてしまった」「できることなら戻りたい」「しかしそこには戻れない」というような意味合いが多分に含まれる。

ノスタルジアは英語の名詞であり、ノスタルジアが感じられるさまを示す形容詞は「ノスタルジック」(nostalgic)である。

死んでも死にきれない【しんでもしにきれない】死んでも死に切れない

非常に強い心残りがあるさまを意味する表現。そのまま死んでしまったらきっとこの世への未練を断ち切ることができないほど無念だろうと思われる、その遺恨を晴らすまでは到底死ぬことはできない、といった意味合いを示す言い回し。

クロスドメイン「cross domain」

(1)Webサービス(Webアプリケーション)などにおいて一つの機能が複数のドメインに接続すること。ネットワーク上に散在する複数のリソースにアクセスするために行われる。複数ドメインにまたがってリクエストを発信することをクロスドメインリクエストという。技術によってはクロスドメインリクエストが制限されている場合もある。
(2)防衛上の概念で、陸・海・空ならびに宇宙空間・サイバー空間といった領域(ドメイン)のうち複数のドメインにまたがって攻撃あるいは防衛を行うこと。サイバー攻撃により衛星システムの機能を妨害し、陸海空に配備された兵器を無力化するといった対応は、クロスドメイン的な対策と言い得る。

関連サイト:
 『海幹校戦略研究』第2巻第2号(通巻第4号) (2012年12月) - 海上自衛隊幹部学校

賞じゅつ金【しょうじゅつきん】賞恤金

公務を遂行すべく活動する中で負傷したり死亡したりした者へ、その行為を称えて国から給付される金。特に、自衛隊員が職務遂行中に殉職した場合に見舞金として支払われる金を指して言及されることが多い。

賞じゅつ金の制度は、自衛官、警察官、消防職員といった、生命の危険を伴うことのある職において設けられている。制度の根拠となる具体的な規定は職種によって異なり、給付される金額も職種や条件などにより異なる。