スキップしてメイン コンテンツに移動

節折の儀【よおりのぎ】

宮中行事のひとつ。天皇陛下、皇后陛下、および皇太子の御身の背丈や手足の丈を、小竹を用いて測り、竹に印をつけ、しかる後に竹をその印のところで折るというもの。祓いの意味合いが色濃い祭儀といえる。同日には大祓の儀も催される。

宮内庁ウェブサイトに掲げられた「主要祭儀一覧」では、 大祓が「国民のために行われるお祓いの行事」であり、節折は「天皇陛下のために行われるお祓いの行事」であると対比して記述されている。

節折の儀と大祓の儀は共に6月末日と12月末日に行われる。

関連サイト:
主要祭儀一覧 - 宮内庁

このブログの人気の投稿

水廻り【みずまわり】

住宅やマンションなどにおいて、台所、トイレ、洗面所、風呂場、などのように水を使う場所の事を幅広く指す表現。「水周り」「水回り」などとも書く。