スキップしてメイン コンテンツに移動

デコンストラクション「deconstruction」ディコンストラクション

既存の体系や枠組みを解体し、新たに構築し直すこと。破壊し解体した枠組みの中から要素を取り出し直して新たな枠組みを構築すること。

デコンストラクションは、もともとは20世紀の哲学者ジャック・デリダ(Jacques Derrida)が哲学的思考の営みとして掲げた用語である。哲学用語としては「脱構築」が定訳となっている。カタカナ表記における「デコンストラクション」は、ビジネス戦略における変革の試みを指す語として用いられることが多い。

このブログの人気の投稿

水廻り【みずまわり】

住宅やマンションなどにおいて、台所、トイレ、洗面所、風呂場、などのように水を使う場所の事を幅広く指す表現。「水周り」「水回り」などとも書く。