2015年3月30日月曜日

見える仕組み【みえるしくみ】見えるしくみ

(1)眼が外界の物体や光景をいかにして「見る」かという、機構や構造。瞳に入射した光を外界の像として認識する構造。角膜、瞳孔、水晶体、硝子体、網膜などの構造によって実現される。
(2)ビジネス上の業務の進め方や業績などを客観的に観測・計測できるようにする手法のこと。「見える化」の実践手法。