2015年3月31日火曜日

関連多角化【かんれんたかくか】

事業の経営多角化戦略のうち、すでに進出・事業展開している分野に関連する他分野に参入する戦略を指す語。生産技術に共通点があって既存技術の応用が利く分野や、市場やターゲットが共通しており既存の流通チャネルや販促チャネルを活用できる分野などが関連多角化の例として挙げられる。

自社が進出している事業分野との関連性が希薄な分野へ進出することを、関連多角化に対して「非関連多角化」という。