2015年2月26日木曜日

ニッチビジネス「niche business」

競合他社がなく競争優位性の獲得が容易な分野(ニッチ)を扱う事業を意味する語。単に「ニッチ」と呼ばれる他、「スキマビジネス」「スキマ産業」などとも呼ばれる。

ニッチビジネスには、市場規模が小さく(ターゲットの絶対数が少ないため)メリットの薄さから敢えて参入が敬遠されていた分野や、それまで誰も考えつかなかった、あるいは思いついたが事業として構築できなかった分野などが含まれる。市場規模が小さいニッチビジネスは特定少数の顧客から強い支持を集めやすく、また独創性からニッチビジネスに区分されるものは普及・一般化によって市場規模が大いに拡大する可能性がある。