2015年2月27日金曜日

もにょる,モニョる

「もにょもにょする」という他に形容しがたい感覚、感情、感触などを表現する言い回し。こそばゆい感じ、違和感やわだかまりを覚える感じ、すっきりしない印象、などを形容する場合に用いられることが多く、その意味では「むずむず」「もやもや」のニュアンスに近い。口ごもる様子をもにょると表現する例もある。

2015年2月26日木曜日

業界再編【ぎょうかいさいへん】「industry reorganization」

同種の事業・産業を営む事業者の力関係や事業者(プレーヤー-)の構成が大きく変わり、短期間で勢力図が変わるさまを意味する語。主に、事業者間の吸収合併(M&A)による力関係の刷新を指して用いられることが多い。

ニッチビジネス「niche business」

競合他社がなく競争優位性の獲得が容易な分野(ニッチ)を扱う事業を意味する語。単に「ニッチ」と呼ばれる他、「スキマビジネス」「スキマ産業」などとも呼ばれる。

ニッチビジネスには、市場規模が小さく(ターゲットの絶対数が少ないため)メリットの薄さから敢えて参入が敬遠されていた分野や、それまで誰も考えつかなかった、あるいは思いついたが事業として構築できなかった分野などが含まれる。市場規模が小さいニッチビジネスは特定少数の顧客から強い支持を集めやすく、また独創性からニッチビジネスに区分されるものは普及・一般化によって市場規模が大いに拡大する可能性がある。

ニーズ発想【ニーズはっそう】needs発想

ビジネス上の考え方で、利用者側から求められているものは何かという顧客の要望の観点に立って企画立案する考え方のこと。提供者として何を提供できるかという観点に立つ「シーズ発想」と対比される。

ニーズ発想は単に「ニーズ」とも 呼ばれる。ニーズ(needs)は必要、要望、要求といった意味の英語。

シーズ発想【シーズはっそう】seeds発想

ビジネス上の主に商品開発に関する考え方のうち、提供者側が顧客に対して何を提供し得るかという観点から発想することをい意味する語。単に「シーズ」とも呼ばれる。

シーズ発想に対して、顧客が何を求めているかという観点に立脚した考え方をニーズ発想(needs)という。

リフレ

(1)「リフレーション」(reflation)の略。経済用語で、デフレーション(デフレ)状態から脱却し、インフレーション(インフレ)にはなっていない(インフレと呼ぶほどではない低インフレ率を保っている)状態を指す語。
(2)「リフレクソロジー」(reflexology)の略で、手足のツボなどを刺激して代謝の活性化を促す健康法のこと。未成年を性的営業に荷担させるとして問題視される「JKリフレ」の話題で言及されれることが多い。

激レアバイト【げきレアバイト】

非常に稀な(めったに募集されない)職務内容や条件のアルバイト求人を指す語。特に求人情報誌「タウンワーク」による同種の求人情報のこと。

ロンリーワン「lonely one」

「唯一の」という意味の英語表現「オンリーワン」(only one)をもじった言い方で、唯一無二も存在を目指した結果、唯一ではあっても誰からも見向きされない孤独な境遇に至ってしまったというような意味合いで用いられることのある言い方。曲や映画のタイトルとしてもしばしば用いられる。

2015年2月23日月曜日

ミステリーコール「mystery call」


主にコールセンターにおけるオペレーションを評価する手法で、調査員が一般消費者として電話で問合せ、質問やクレームを伝え、どのように対応するかを評価する手法のこと。店舗に赴く「ミステリーショッパー」の電話版といえる手法。

マネジメントチーム「management team」

経営・管理を行うチーム。単独でなく複数名で協同あるいは分担し、経営者や管理者としての役目を遂行する。 単独の管理者が指揮する方式に比べて管理能力の幅や管理の行き届く範囲を広げやすい。

天の配剤【てんのはいざい】

機会や人のあり方などが、自然の成り行きとは思えないほど適切に廃されているさまを示す表現。

2015年2月20日金曜日

マッサン

2014年9月に放送開始されたNHK朝の連続テレビ小説のタイトル、および同作の主人公である亀山政春の愛称。本場のウイスキーづくりを目指しスコットランドへ留学、妻を娶り帰国した亀山の境涯を描く。

マッサンの物語はニッカウヰスキーの創業者である竹鶴政孝がモデルになっている。

関連サイト:
マッサンとリタの物語

つかさつかさ,司司,司々,官官,官々

主に行政府の各省庁を意味する語。「つかさ」(司)を重ねた言い方で、それぞれの司(官庁)、各省庁、といった意味を表す。「つかさつかさで対応していく」などのように用いられる。

つかさつかさで,司司で,司々で,官官で,官々で

主に内閣その他の省庁の行動指針について言及する際の表現で、各省庁がそれぞれに行う、という意味合いで用いられる言い回し。トップダウン式に指示を下して対処するのではなく、省庁単位で最適に判断して遂行する、といった文脈でも多く用いられる。

2015年2月16日月曜日

ネガデブ

細身ではない自分の体型にコンプレックスを抱き、何かと否定的な考え方に傾く、暗い人物を形容する表現。ネガティブなデブ。

肉付きのよいぽっちゃり体型だが快活でポジティブに振る舞う女性を「ぽちゃティブ」と表現することがある。マイナス思考の持ち主を指すネガデブはぽちゃティブの対義語のように扱われることも多い。

ぽちゃティブ

「ぽっちゃり」と形容される中肉の体型を否定的に捉えず、明るく前向きに生きる、という考え方や価値観のこと、および、そのような前向きさを明るさを持ったぽっちゃり体型の女性。

「ぽちゃティブ」の先駆け的存在として、モデル3名でからなる音楽ユニット「la BIG3」がある。la BIG3は「総体重210kg超」を売り文句のひとつに掲げ、2014年に「ぽちゃティブ」 という曲でデビューした。

ぽちゃティブとは対照的に、体型を気に病んで後ろ向き・否定的な考え方に陥りがちな者を、ネガティブなデブという意味で「ネガデブ」と呼ぶことがある。

凸【とつ・でこ】

(1)局所的に突き出ているさまを表す漢字。「凹」と共に凸凹と表記して「デコボコ」、あるいは「凸レンズ」などの語に用いられる字。
(2)ひたいを指す語。「おでこ」と表記されることが多く、凸の字はあまり意識されない。
(3)「突」の字の代用で、突撃・突然・突如といった語の略あるいは隠語表現として用いられる語。だしぬけに行う、あるいは攻め込むといったニュアンスを伴う。たとえば「電凸」と言えば「電話で突撃」という意味の語。

コミュニティ難民【コミュニティなんみん】

アサダワタルが著書「コミュニティ難民のススメ」で提唱した、社会との関わり方。特定n分野や業界に属さずに生産活動に携わるといった活動スタイルを指す語。「難民」はここでは必ずしも否定的意味合いのみ含むものではない。

書籍「コミュニティ難民のススメ」では、コミュニティ難民は次のように定義されている。
個人の生産活動において、特定の分野のコミュニティに重点的に属さず、
同時に表現手段も拡散させることで、新たな社会との実践的な関わりを生み出す人々。

テラフォ

2011年に連載が開始された貴家悠原作・橘賢一作画の漫画作品「テラフォーマーズ」および同作を元にするアニメ作品などの略称。「テラフォーマーズ」の語はテラフォーミング、すなわち地球以外の星の環境を地球に似せて改造し、人類が移住して生存できる星にするという構想を指す語。

男捨離

実りのない(ダメな)恋愛や恋人とすっぱり縁を切ること、という意味で用いられる表現。不要なものを思い切って捨てていく「断捨離」をもじった言い方。

2013年に単行本が刊行された村上ジュンコのマンガ「男捨離のすすめ」にはタイトルに「男捨離」の語が用いられている。

2015年2月13日金曜日

ベストフンドシストアワード

一般社団法人日本ふんどし協会が主催する、ふんどしの普及に貢献した著名人を表彰する制度。2011年に第1回ベストフンドシストアワードが開催され、以降毎年2月14日(ふんどしの日)に先駆けて発表・表彰式が催されている。

ベストフンドシストアワード受賞者(ベストフンドシスト)には、協会より高級シルク職人手仕事仕上げの特注記念ふんどしが贈呈される。

関連サイト:
BEST FUNDOSHIST AWARD - 日本ふんどし協会

ベストフンドシスト

一般社団法人日本ふんどし協会が「ベストフンドシストアワード」において表彰している、ふんどし普及に最も貢献した著名人。2011年の第1回ベストフンドシストアワードでは安田大サーカスの団長安田がベストフンドシストに選ばれている。いとうせいこうは2015年の第4回で殿堂入りした。

塩対応【しおたいおう】

そっけない、愛想のない、冷淡な接し方を指す言い方。いわゆる「しょっぱい」対応という意味の語。

「しょっぱい」は主に味の塩辛さを表現する語であるが、この他に、表情などに不快さが表れている様子を指すことがある。「(相手を)舐めている」という表現が連想されている場合もある。

「塩対応」は、アイドルの握手会などにおける素っ気ない(ファンとしては残念な)対応を指す表現としてしばしば用いられる。単に「塩」と呼ばれている場合もある。この「塩対応」に対して、ファンを大事に扱う真心が感じられる対応は「神対応」などと呼ばれる。

2015年2月12日木曜日

ククリ刀【ククリとう・ククリがたな】

内反りで中程が幅広い形状の刀身を特徴とする短刀。「ククリナイフ」あるいは単に「ククリ」と呼ばれることが多い。世界有数の戦闘民族として知られるグルカ族が主に使用していることで知られる。

エビでタイを釣る【エビでタイをつる】海老で鯛を釣る,蝦で鯛を釣る

わずかな元手でがっぽり利益を得ようとするさま。安く手に入るエビでもって高級魚のタイを釣ろうとするような姿勢や態度を意味する語。

泥縄式【どろなわしき】

普段からの準備を怠り、いざ事に直面して初めて、慌てて対処に取り組み始めるさまを形容する言い回し。「泥棒を捕らえて縄を綯う」のことわざが念頭に置かれた表現。

メンフィスオープン「Memphis Open」

米国テネシー州の都市メンフィスで開催されるテニス選手権の通称。正式名称は「U.S. National Indoor Tennis Championships」(全米室内テニス選手権大会)。2014年から女子の部が他都市に移行、男子の部のみ開催となっている。錦織圭が2013年、2014年、2015年と3連覇している。

2015年2月9日月曜日

メッセージ昆布【メッセージこんぶ】メッセー字昆布

寿昆布の北海食品が販売する「寿昆布」のバリエーション商品で、文字(メッセージ)形に切り抜かれた昆布。乾燥状態から水で戻すと文字の形を示す。

ダブルメジャー「double major」ダブルメイジャー

大学で全く異なる専攻分野を主専攻(メジャー)として学ぶこと。および、そのような同時主専攻を可能とする制度。

大学で複数の学問分野を専攻して複数の学位を取得することをダブルディグリーという。ダブルメジャーで複数分野を専攻した場合、複数の学位を取得できる場合があるが、専攻分野で得られる学位が同じという場合もあり、必ずしも複数の学位が取得できるとは限らない。

タコの道具【タコのどうぐ】たこの道具、蛸の道具

タコの内臓を総称した言い方。主に漁師の間で用いられる通称。青森県下北半島などではタコの道具を具に用いた漁師料理「タコの道具鍋」(タコの道具汁)が食べられる。

2015年2月5日木曜日

変態【へんたい】ヘンタイ

(1)形態・状態・生態などが変わること。特に昆虫などが幼生から成体に移行する際、外見や構造を大きく変えること。
(2)倒錯した異常な性的嗜好(変態性欲)を持つ者を指す表現。多分に罵りのニュアンスを含む。
(3)一般的な感覚からかけ離れた趣向・方向性といった意味で用いられる表現。肯定的な意味合いで用いられる場合もある。
(4)海外においては、日本の成人向けアニメ作品、画風がアニメ調のアダルトゲームなどを指す語として「ヘンタイ」(hentai)という表現が定着しつつある。

グロービッシュ「Globish」

グローバルイングリッシュ(global English)の略で、世界共通語としての英語を指す表現。ジャン・ポール・ネリエール(Jean-Paul Nerrire)が著書「世界のグロービッシュ」(Globish the World Over)で提唱した語。

なお「グロービッシュ」は一般財団法人グローバル人材開発の登録商標である。

2015年2月4日水曜日

スージョ

相撲を愛好する女性、女性の相撲ファン、好角家の女子、などの意味の表現。

焼き氷【やきごおり】焼氷

氷菓(かき氷)に火をともすという演出要素のあるデザート。酒を含ませて火をつけ提供される。NHK朝の連続テレビ小説「ごちそうさん」に登場した焼き氷は、かき氷の上にメレンゲを盛り、ブランデーをかけて火がつけられた。

白きくらげ【しろきくらげ】白キクラゲ、シロキクラゲ、白木耳

キクラゲに似た白色の担子菌。樹木の枯れ枝などに肉厚の花びらのようなびらびらした子実体を形成する。生物学的にはシロキクラゲ目に分類され、キクラゲ目のキクラゲとは区別される。

2015年2月3日火曜日

メイソンジャー「mason jar」「mason jars」

米国人技師ジョン・メイソン(John Mason)が19世紀に考案したガラス製の容器。すぐれた密閉性や頑丈なつくりを特徴とする。ジャムやピクルス、野菜、乾物といった食品の長期保存をはじめとして様々な用途で利用される。製造元「Ball」のブランドもよく知られている。

Ballのメイソンジャーのフタ部分にストロー口を設け、ドリンクボトルとして利用できるようアレンジした商品がカーソン(Carson)から発売されており、こちらも人気を呼んでいる。

正規留学【せいきりゅうがく】

海外留学のうち、海外の大学などの教育機関に正式に所属して卒業する(あるいは学位を取得する)ことを目的とする留学という意味で用いられる区分。主に「語学留学」との対比において用いられる。大学だけでなく高校や専門学校に入る場合も正規留学と呼ばれる。卒業まで滞在するため正規留学区は自ずと長期留学となる。

逆カルチャーショック【ぎゃくカルチャーショック】

異国生活にすっかり馴染んでしまって、母国の文化や環境に強い違和感や心理的衝撃を受けること、を意味する語。自国文化に対するカルチャーショック。長期海外滞在から帰国した際などに起こりやすいとされる。

2015年2月2日月曜日

刻み昆布【きざみこんぶ】きざみ昆布,刻みコンブ、きざみコンブ,刻みこんぶ

細かく刻んだ昆布のこと。千切り状に細く刻んだものを指すことが多い。煮物、炒め物、炊き込みご飯などさまざまな料理に利用される。