2014年10月27日月曜日

メンタリズム「mentalism」

哲学もしくは心理学の用語で、精神主義、唯心論、心理主義といった意味の語。

あるいは、心理の意表を突くことで人を驚かせたり喜ばせたりするパフォーマンス術を「メンタリズム」と呼ぶこともある。こうしたパフォーマンスに長けた者は「メンタリスト」などとも呼ばれる。

ディルド「dildo」

男性器(陰茎)をかたどった器具の呼び名。いわゆる性具、淫具。日本語では「張型」とも呼ばれる。もっぱら女性が陰部に挿入して用いる。大きさや形状は様々であり、両端が挿入可能となっている双頭のものなどもある。

マラソン「marathon」

(1)長距離コースを走って順位やタイムを競う陸上競技の種目。現代の陸上競技の種目としては42.195キロメートルが正式な距離となっている。コースには公道が用いられる。
(2)農薬「マラチオン」の異称。家庭園芸などで用いられている。
(3)長時間にわたり行われ、持続力や根気が試されるような作業を形容する表現。陸上競技のマラソンから転じた言い方。卑近な例では、ソーシャルゲームにクジ引き要素(「ガチャ」)があり、冒頭のチュートリアル部分で無料でガチャを引ける場合に、その最初の無料ガチャで十分に有用なアイテムやカードが引けるまでゲームを最初からやり直すこと(リセットを繰り返す)ことを「リセマラ」(リセットマラソン)ということがある。

皇居ランナー【こうきょランナー】

皇居をぐるりと囲むように敷設されている歩道をランニングコースとして走る人の通称。皇居は都心にあって交通の便がよく、都心でも豊かな緑に接することができ、皇居外周を遮る信号がないことで自分のペースを保ちやすい、といった要因が人気のもととなっている。

押し込み強盗【おしこみごうとう】押しこみ強盗、押込み強盗

他人の家に無理矢理に侵入して家財金品を強奪する行為。家に押し込む強盗。「押し入り強盗」と呼ばれることもある。

強盗行為のうち、路上で通行人を脅して所持金などを奪う強盗は、押し込み強盗に対して「路上強盗」と呼ばれる。

路上強盗【ろじょうごうとう】

街頭で遭遇した人を脅して金品を奪う行為。路上における強盗行為。

路上強盗に対して、家宅に押し入って家の者を脅し、家財金品を奪う強盗行為は「押し込み強盗」と呼ばれる。路上強盗も押し込み強盗も共に強盗罪に該当し、刑法で罰せられる。