スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

6月 12, 2014の投稿を表示しています

ハードルが下がる【ハードルがさがる】ハードル下がる

あまり評価されない結果が先んじて出るまたは大して期待されないことで、直後に行われる行動の合格点が低くなることを意味する語。例えばこれからギャグを言う人の前でつまらないギャグを言ったりすると「ハードルが下がる」ことになる。

ハードルを下げる【ハードルをさげる】ハードル下げる

あまり評価されない結果を先んじて出すまたは大した評価を期待しないことで、直後に行われる行動の合格点を低くすることを意味する語。例えばこれからギャグを言う人の前でつまらないギャグを言ったりすることが「ハードルを下げる」ことに該当する。

ハードルが上がる【ハードルがあがる】ハードル上がる

高く評価される結果を先んじて出されるまたは高い評価を期待されることで、直後に行われる行動の合格点が高まることを意味する語。例えばこれからギャグを言う人の前で非常に面白いギャグを言ったり、「息ができなくなるほど面白いギャグをお願い」と頼むと「ハードルが上がる」ことになる。

ハードルを上げる【ハードルをあげる】ハードル上げる

高く評価される結果を先んじて出すまたは高い評価を期待することで、直後に行われる行動の合格点を高めることを意味する語。例えばこれからギャグを言う人の前で非常に面白いギャグを言ったり、「息ができなくなるほど面白いギャグをお願い」と頼むなどが「ハードルを上げる」ことに該当する。

フォトロゲ「photo rogaining」フォトロゲイニング

制限時間内に、地図上に複数設けられたチェックポイントを通った数を競う競技「ロゲイニング」を、誰でも行えるよう改良した競技のこと。「ロゲイニング」では電子カードなどを使ったポイント管理が一般的であるが、「フォトロゲ」ではチェックポイントの写真をとることでその代わりとする。

チャレンジ制度【チャレンジせいど】「challenge rule」「challenge system」チャレンジ制,チャレンジ,チャレンジシステム

スポーツの試合などで、審判の判定に意義を唱えビデオ判定などを含む再審判を申し込むことができる制度のこと。申し込むことを「チャレンジする」と言い、チャレンジの一試合中における回数は制限されていることが多い。

タルティーヌ「tartine」

バケットや薄くスライスしたフランスパンなど硬めのパンの上に、様々な具材やペーストを塗りつけて食すオープンサンドを意味する語。フランスが発祥とされ、日本ではパーティー料理などとして出されることがある。

クラスタ

主にネット上で良く使われる、ある人物やモノに対して愛着をもっている集団または集団の一員を意味する語。英語の「cluster」(=集合、房)から生まれた言葉である。クラスタの前に愛着をもつモノの名前をつけて使う。

夢を売る【ゆめをうる】

直接的あるいは間接的に、接する人々に夢を抱かせることで金を受け取ることを意味する語。「夢を売る仕事」のように仕事とセットで使われることが多い。

夢を売る仕事【ゆめをうるしごと】

直接的にしろ間接的にしろ、接する人々に夢を抱かせることで金を受け取る仕事を意味する語。芸能人などに使われることが多いものの、その他の職種も「夢を売る仕事」になりうる。

医者いらず【いしゃいらず】

摂取したり触れたりすることで、医者に行く必要性が生じないほど健康になるまたは健康を保つことができるとされるものにつけられることの多い異称。頻繁に使われるものにはアロエ科の「アロエ」やフクロソウ科の多年草で下痢止めになる「ゲンノショウコ」などがある。

馬鹿の考え休むに似たり【ばかのかんがえやすむににたり】ばかの考え休むに似たり,バカの考え休むに似たり

「下手の考え休むに似たり」という言葉を元にして生まれた、愚かな者がいくら考え込んでも妙案など浮かばないということを意味する語。「下手の考え休むに似たり」は囲碁など次の手を考える時間が長く用意された競技において、下手な者が長考しても仕方がないという意味の言葉として生まれたとされる。

孝行したい時に親はなし【こうこうしたいときにおやはなし】孝行したい時に親は無し,孝行のしたい時分に親は無し,孝行のしたい時分に親はなし,孝行をしたい時分に親は無し,孝行をしたい時分に親はなし

子が親の愛の有り難味を知り、孝行しようと思える年齢には親は既に死んでいるものだと教える語。孝行できなかった後悔を背負わないよう若い頃から孝行しておくことを勧める意図を含むことがある。

ごめいです,ごうめいです,ゴメイです,互明です,御名です,合明です

主に銀行業界で使われる用語で、窓口業務の終了時刻ののち一日に行われた取引の勘定が合っていると確認されたことを表明する語。「ごめい」の由来は諸説あり定まっていないが、「御名算」の略であるという説などが有名である。

ごめい,ごうめい,ゴメイ,互明,御名,合明

主に銀行業界で使われる用語で、窓口業務の終了時刻ののち一日に行われた取引の勘定が合っていると確認された状態を意味する語。「ごめい」の由来は諸説あり定まっていないが、「御名算」の略であるという説などが有名である。一度でごめいが確認された場合は「一算ごめい」と表される。