2014年4月9日水曜日

乗車率【じょうしゃりつ】

主に鉄道などで、定員に対して実際に乗車している人数の割合を表す語。100%で座席が全て埋まっている状態を指す。ちなみに「混雑率」という指標では、100%で乗客全員が車体のどこかの部分、例えばつり革や柱などを支えにして立つことのできる状態を指す。

気の向くまま【きのむくまま】気の向くままに

その時々の気分によって進む方向や方針を変えるなど、気楽に構えているさまを意味する語。

風の吹くまま【かぜのふくまま】風の向くまま,風の吹くままに

風が吹いた方へ身を任せるように、その時々で方向や方針を変えるなど気楽でいるさまを意味する語。「気の向くまま」と類似した表現である。

お茶汲み【おちゃくみ】お茶くみ

(1)茶をいれること。
(2)(1)の中でも、特に会社内などで定期的に社員に茶をいれる業務を意味する語。また、「お茶汲み」をする社員自身を指して使われることもある言葉である。

漠とした【ばくとした】

なんとなく、感覚では分かるものの言葉では言い表せないさまを意味する語。「漠然とした」と類似する表現である。

ATM「automated-teller machine」

(1)自動かつ無人で銀行の預金口座からの引き出しや預け入れ、または振込みなどができる機械を意味する語。
(2)(1)より転じて、頼めばいつでもお金を出してくれる人を意味する語。「金づる」や「お財布」などと類似した言葉である。

カスタムメイド「custom-made」

万人向けに売られているものを自分好みに作り変えるという意味のカスタマイズ「customize」「customise」より、注文で仕様を決められるモノのこと、または決めることそれ自体を意味する語。英語圏でも実際に使われるという点で、和製英語のオーダーメイド「order-made」とは異なる。

テイラーメイド「taylor made」「taylor-made」テーラーメイド,テイラーメード,テーラーメード

仕立て屋「taylor」に特別に仕立てて貰うこと、または仕立てて貰った服飾品それ自体を意味する語。和製英語であるオーダーメイド「order-made」と同様の意味を持つ。テイラーメイドは英語でも通じ、更に服飾品に限らない場合カスタムメイド「custom-made」という語が使われることもある。

言葉のキャッチボール【ことばのキャッチボール】会話のキャッチボール,キャッチボール

話し相手の言葉をきちんと受け止めた上で、自らも発言しなければならないということを強調した会話のこと。相手が返しやすい発言をするという意味も含まれることがあり、自分が伝えたいことだけを一方的に伝えるのでは、キャッチボールにならない。

土足で踏み込む【どそくでふみこむ】土足で踏み入る

主に相手にとって知られたくない、または複雑な事情などに対して、無遠慮に詮索したり口を出したりすることを意味する語。本来なら靴を脱ぐという礼儀を尽くすべき場所に土足で踏み入るイメージから、このような使われ方をするようになった。

クリミア検事総長【クリミアけんじそうちょう】クリミア新検事総長,クリミアの検事総長

2014年3月11日にウクライナから独立を宣言したクリミア自治共和国における、検察の長を意味する語。特に、同日に検事総長に就任したナタリヤ・ポクロンスカヤ氏を指すことが多い。ポクロンスカヤ氏は30代前半の女性でありながら検事総長に就任した上、クリミア半島が帰属問題にゆれる中で勇敢にもこの役職を引き受けたことなどから、主にネット上で話題になった。

ロンドン橋【ロンドンばし】「London Bridge」

(1)イギリスのロンドン市中を流れるテムズ川にかかる橋のこと。
(2)(1)を謡った、イギリスの童謡マザーグースの中の一つ「London Bridge Is Falling Down」を意味する語。日本語訳は「ロンドン橋落ちた」とされることも多い。
(3)(2)の童謡を使った遊びを意味する語。ルールは、まず二人一組になった者が両手を上げて互いに合わせることで橋に見立てた小さなトンネルを作り、そうして作られたたくさんのトンネルを円状に配置する。次にトンネル役の者達以外が「ロンドン橋」に合わせてそのトンネルをくぐって回り、曲の終わりと同時にトンネル役は二人同時に両手を下げ、真下を通る者を閉じ込める。運悪く閉じ込められてしまった者が負けとなる。

愛され系【あいされけい】愛され

主に女性のファッションや髪型などのコンセプトの一つとされ、男性の目線や好みを意識したものを意味する語。

ツボる

笑いが「ツボに入る」を省略した語。

にわか,ニワカ

「突然に」「一時的に」といった意味をもつ「俄かに」から生まれた、主に特定の漫画やアニメなどのファンに最近なったばかりの人や、よく知りもせずファンと公言している人を意味する語。ほぼ対極にある語としては、昔からのファンを意味する「古参」などがある。

スタートアップ「start up」「startup」「start-up」

(1)英語で「始める」「起こす」といった意味を持つ英語「start up」をカタカナにした語。
(2)(1)より、パソコンを起動する際に自動的にアプリケーションやプログラムなどを実行する機能のこと、またはそうした設定をされたアプリケーションそのものなどを意味する語。
(3)(1)より、新しく設立されたばかりの会社のこと。英語圏でもスタートアップという言葉は新興の会社に対して使われるが、主に世間に認知されておらず成功も保障されていない事業領域を開拓する企業に対してのみ当てはまるとされ、ベンチャー企業「venture-capital-backed company」「venture-backed company」などとは区別される。日本ではスタートアップ企業とベンチャー企業の差は明確にされないことが多い。

週休二日制【しゅうきゅうふつかせい】

月に一度以上、週に二日の休みが保障される会社などにおける制度のこと。毎週二日の休みが保障される「完全週休二日制」とは異なる。

パン職【パンしょく】

一般職を省略した語。若者の間で多用される。

イケボ

イケメンボイス、またはイケてるボイスの略とされ、聞くだけで整った容姿を想像させるような男性の声を意味する語。単純に耳に心地よい声を意味することもある。

ちな

主に若者が使用する、「ちなみに」を省略した語。

それな

主に若者が多用し流行語にもなった、会話中での同意を表す語。関西弁に由来しており、現在は関西以外の土地にも広まった。