2014年3月20日木曜日

仮面の女神【かめんのめがみ】

長野県茅野市の中ッ原遺跡(なかっぱらいせき)から出土した、極端に抽象化された逆三角形の頭部を持つ土偶の通称。

仮面の女神は全長34センチで中空、頭部は顔に板の仮面を装着しているかのような形をしており、脚部は玉のように丸い。右足が外れた状態で出土したが、埋まっていた向きの関係などから意図的に壊して埋からめられたものと見られている。

仮面の女神の制作時期は縄文時代の後期、今からおよそ4000年ほど前まで遡るとされる。

仮面の女神は2000年に発見された。2006年に重要文化財に指定され。2014年には国宝に指定されることが決まった。

関連サイト:
「土偶」縄文のビーナスと仮面の女神 - 茅野市

レベリング

レベルを基準にするキャラクター育成が含まれるゲーム内で、キャラクターのレベルを上げること、あるいはキャラクターのレベルを上げるために取られる行動を意味する語。一般的に、キャラクターのレベルは戦闘などによって得られる「経験値」が一定の数値に達すると上がることが多い。

英語にもlevelling(levelling)という動詞はあるが、これはもっぱら「地ならし」「水平化」を意味し、ゲームにおけるレベル上げという意味では用いられない。「レベリング」は英語では主にincleaseと表現する。

オリョクル,オリョールクルージング,オリョール海クルージング

DMM.comと角川ゲームスのブラウザゲーム「艦隊これくしょん -艦これ-」において、「南西諸島海域」中の「東部オリョール海」というマップに何度も出撃することを意味する俗語。

東部オリョール海は、敵を倒して得られる経験値こそ低いものの、マップ中で資材が得られる機会が他のマップより多く設定されていたり、日ごとや週ごとに課されるクエストを達成するために撃破しなければいけない種類の敵が全て出てきたりするなどの利点があるため、効率良くゲームを進めることができるマップである。オリョクルにあたっては、一部の敵からの攻撃を受けず、また修復が容易な潜水艦のみで艦隊を編成することが多い。

提督就任【ていとくしゅうにん】提督着任

DMM.comと角川ゲームスのブラウザゲーム「艦隊これくしょん -艦これ-」を新しく始めることを意味する語。「艦隊これくしょん -艦これ-」においてプレイヤーを「提督」と呼ぶことに由来する。2014年3月現在「艦隊これくしょん -艦これ-」への新規参加は運営側によって管理されており、指定された時間帯で既定の人数のみが提督就任できるようになっている。

提督業【ていとくぎょう】

DMM.comと角川ゲームスのブラウザゲーム「艦隊これくしょん -艦これ-」において、ゲームを進めるためにプレイヤーが行う一連の作業を意味する俗語。提督業には、登場キャラクターである「艦娘」のレベル上げや、日ごとあるいは週ごとに課されるクエストの遂行などが含まれる。

ブラック提督【ブラックていとく】

DMM.comと角川ゲームスのブラウザゲーム「艦隊これくしょん -艦これ-」において、キャラクターの「艦娘」達を酷使して艦娘の育成や資材獲得を行うプレイヤーをブラック企業の社長になぞらえた俗称。「提督」とは「艦隊これくしょん -艦これ-」のプレイヤーを意味する語である。ブラック提督が運営するゲーム内世界を「ブラック鎮守府」と呼ぶ。

ブラック鎮守府【ブラックちんじゅふ】ブラ鎮

DMM.comと角川ゲームスのブラウザゲーム「艦隊これくしょん -艦これ-」において、キャラクターの「艦娘」達を酷使してゲームを効率的に進めるプレイスタイルを取るプレイヤーが管理するゲーム内世界を、実世界のブラック企業になぞらえた語。「ブラック鎮守府」では、資材補給や体力回復なしで続けて出撃させ、資材消費を抑えながら資材獲得や艦娘の育成をはかる。ブラック鎮守府を司るプレイヤーを「ブラック提督」と呼ぶ。

提督【ていとく】

(1)海軍などの中で、艦隊を統べる司令官を意味する語。
(2)DMM.comと角川ゲームスのブラウザゲーム「艦隊これくしょん -艦これ-」のプレイヤーを意味する語。ゲーム内で艦船をモチーフにしたキャラクター「艦娘」を編成し戦闘を行わせるため、提督という語が用いられる。艦娘の多くはプレイヤーに対し「提督」と呼びかけるが、艦種によってはプレイヤーを「司令官」「隊長」と呼ぶ艦娘もいる。

インターネットカラオケマン

動画共有サービスに自身の歌っている動画を投稿する「歌い手」や歌い手文化に対し否定的な意見を持つ人が、歌い手を指して用いる蔑称。

踊り手【おどりて】

踊りを踊る人、あるいは踊ることを仕事としている人を意味する語。

特にインターネットスラングとしての「踊り手」は、動画共有サイトに自身が踊っている様を動画に撮って投稿したり、インターネット上で生中継したりする人を意味する。大手動画共有サイト「ニコニコ動画」で話題になることが多い。踊り手が投稿する動画には「踊ってみた」というタグが付けられ、動画のタイトルにも「踊ってみた」が含まれることが多い。踊り手と同様に、踊りではなく歌を投稿する人は「歌い手」と呼ばれる。

歌い手【うたいて】

音楽作品を歌っている本人、または歌うことを仕事としている人を意味する語。

特にインターネットスラングとしての「歌い手」は、動画共有サイトに自身が歌っている様を動画に撮って投稿したり、インターネット上で生中継したりする人を意味する。大手動画共有サイト「ニコニコ動画」で話題になることが多い。

歌い手は他のアーティストの楽曲をカバーするのが一般的である。歌い手が投稿する動画には「歌ってみた」というタグが付けられ、動画のタイトルにも「歌ってみた」が含まれることが多い。一部の歌い手には多数のファンが存在し、歌い手からアーティストとしてCDデビューする例も少なからず見られる。歌い手と同様に、歌ではなく踊りを投稿する人は「踊り手」と呼ばれる。

バズる,Buzzる

特定の単語や物事がインターネット上で爆発的に多くの人に取り上げられることを意味する語。TwitterやFacebookなどのSNSで急に話題となった時に用いられることが多い。「口コミ」という意味のマーケティング用語「Buzz」を動詞化したものと思われる。

噛めば噛むほど味が出る【かめばかむほどあじがでる】,かめばかむほど味が出る

食べ物や音楽、また人など様々な物について、何度も味わったり長い時間触れたりすることで徐々に良さが分かるようになることを意味する語。特に音楽作品について、噛めば噛むほど味が出るものを「スルメ曲」などと呼ばれることもある。

就活戦士【しゅうかつせんし】

厳しい競争や困難に耐えながら就職活動にいそしむ学生を戦士になぞらえて表現した語。主に就職活動中の学生が、就職活動への熱意を込めて自身に用いたり、似た環境にいる学生への敬意を込めて仲間内で用いたりすることが多い。マンガ『荒川アンダー ザ ブリッジ』内で、登場人物が自分たちをモチーフに描いた同人誌「就活戦士リクルート」が登場している。関連して、会社のために心血を注いで働くサラリーマンを指して「企業戦士」と言う。

おなぺこ

空腹を意味する「お腹ぺこぺこ」を略したネットスラング。主にTwitterや、その他SNSで用いられる。類語に「おなすい」や「はらへ」などがある。

おなすい

空腹を意味する「お腹空いた」を略したネットスラング。主にTwitterや、その他SNSで用いられる。宴会やテレビでパフォーマンスを披露する女性グループ「あやまんJAPAN」のメンバーもオフィシャルブログ内で使用している。類語に「おなぺこ」や「はらへ」などがある。

はらへ

空腹を意味する「腹が減った」を略したネットスラング。主にTwitterや、その他SNSで用いられる。類語に「おなすい」や「おなぺこ」などがある。

最後の最後【さいごのさいご】

本当に次の機会が無いことや、終わりまでの時間がごくわずかしか残っていない状況を意味する語。「この面接が最後の最後だ」「ゲームの最後の最後で得点した」などというように用いられる。

再発の防止【さいはつのぼうし】

一度起こしてしまった失敗や悪事が二度と起こらないようにすることを意味する語。再発の防止は基本的には不祥事を起こした側の内部で行われるが、再発の防止に関して外部からの要請や監視が入ることもある。社会的影響の大きい不祥事が明るみに出た個人や企業などが世間やマスコミから糾弾を受けた際などに、謝罪と反省の言葉と共に用いられることが多い。

散々たる,散散たる

一般的には「惨憺たる(さんたんたる)」の誤り、あるいは「散々な(さんざんな)」の誤り。「惨憺たる」及び「散々な」とは、状況や結果が見るに耐えないほど酷い様子を意味する語。

財布に優しい【さいふにやさしい】お財布に優しい,家計に優しい

物やサービスの価格が安かったり、リサイクルや省エネといった金儲けとは別の目的に基づく行動がいくらかの収益をもたらしたりするなど、人に金銭的な負担を強いないことを意味する語。

残当【ざんとう】

「残念だが当然」を略した語として用いられるインターネットスラング。予測された出来事が起きた際に感想として用いられる。残念であるという意味合いを特に持たず、むしろ「妥当」「穏当」「至当」などの語に近いニュアンスで「残当」が用いられていることもある。

ジワる,じわる

「じわじわ来る」の略語として用いられる俗語。一見してものすごく面白いというわけではないが、長時間眺めているとじわじわと笑いが込み上げてくるようなものを形容する際に用いられる。

シタシキナカ

初対面の人やあまり親しくない人と会話する際の話題づくりに役立つとされ、記憶される「おまじない」の一種。「趣味」「旅・食べ物」「仕事」「季節・気候」「仲のいい人」「家族」の頭文字を並べた言葉である。

木戸に立ちかけせし衣食住【きどにたちかけせしいしょくじゅう】木戸に立ち掛けせし衣食住,キドニタチカケセシ衣食住

初対面の人やあまり親しくない人と会話する際の話題づくりに役立つとされ、記憶される「おまじない」の一種。「気象」「道楽(趣味)」「ニュース」「旅」「知人」「家庭」「健康」「性・セックス」「仕事」の頭文字を並べ、「衣食住」を付け加えた言葉である。「せ」を抜いた「木戸に立ちかけし衣食住」として記憶されることもある。

木戸に立ちかけし衣食住【きどにたちかけせしいしょくじゅう】木戸に立ち掛けし衣食住,キドニタチカケシ衣食住

初対面の人やあまり親しくない人と会話する際の話題づくりに役立つとされ、記憶される「おまじない」の一種。「気象」「道楽(趣味)」「ニュース」「旅」「知人」「家庭」「健康」「仕事」の頭文字を並べ、「衣食住」を付け加えた言葉である。「性・セックス」を表す「せ」を足して「木戸に立ちかけせし衣食住」として記憶されることもある。

大手病【おおてびょう】

就職活動において、大手企業に入社することに過剰に執着すること、あるいはその人を意味する語。大手企業にこだわるあまり内定が得られない、あるいは中小企業から内定を得ても断ってしまった、などの理由で窮地に陥った人を指すことが多い。

内定コレクター【ないていコレクター】

就職活動において、必要以上に多数の企業からの内定を得ている人を意味する俗語。「内定コレクター」の語は通常、「ゲーム感覚で内定を集めている」などとする批判的な文脈で用いられる。内定コレクターの数が多くなると、内定を多数取れる学生と全く取れない学生の二極化が進み、企業側としても無駄に終わる選考が多くなるとして問題視されることがある。

α-トコフェノール「alpha-tocopherol」

ビタミンE(トコフェノール)の4種の異性体の一つ。α、β、γ、δの4種の中で、ヒトの体内で示す抗酸化作用が最も強いことが知られている。α-トコフェノールは植物などの光合成に伴って生合成され、植物性油脂やナッツ類などに多く含まれる。イクラやたらこなどの魚卵も、α-トコフェノールの含有量が多い。

編集印税【へんしゅういんぜい】編集者印税

出版物の製作に関わった編集者が受け取る印税を意味する語。特に、出版社外部のフリーの編集者が受け取る印税を指すことが多い。編集印税は、実在性が定かでない印税として言及される場合もあるが、編集者もクリエイターの一員であるとの観点から、編集印税を支払う制度を設けていることを公表している出版社もある。

タルパー

空想上の人物「タルパ」を創りあげた、あるいは創ることを試みている人物を指す俗語。

タルパ,トゥルパ

現実世界に何らかの形で「実体化」させることを目的として創り上げられる、空想上の人物を意味する語。タルパ(トゥルパ)の名は、チベット密教における同名の概念に由来するとされている。より実在の人間に近いタルパを創る過程で、「会話のオート化」によるタルパとの会話や、「視覚化」によるタルパの視認ができるようになることもあるといわれている。また、幽体離脱に類似した方法で精神世界に入り込む(ダイブする)ことにより、タルパとより密に接触することができる人もいるという。