2014年3月19日水曜日

ボーラス「bolus」レンジコンペンセーター

がんの粒子線療法において「コリメータ」とともに用いられることがある、粒子線を腫瘍の形に成型するためのフィルターのこと。コリメータが真鍮製で、ビームの形を整えるために用いられるのに対して、ボーラスはポリエチレン製で、照射範囲の奥行きを調節するために用いられる。ボーラスはポリエチレン製の板またはブロックを、数値制御(NC)の技術を用いて加工することで作製される。スポットスキャニングの手法がとられる場合、ボーラスはコリメータとともに不要となる。

集学的がん治療【しゅうがくてきがんちりょう】「multimodality cancer treatment」

手術などの外科療法、抗がん剤などの化学療法、X線や陽子線などを用いた放射線療法のうち、複数の療法を組み合わせてがんを治療することを意味する語。

無双する【むそうする】

相手の勢力如何に左右されない圧倒的な力を発揮するさま、誰に阻止されることもなく縦横無尽に、あるいは傍若無人に振る舞うさま、などの意味で用いられる俗な表現。

動詞としての「無双する」という表現は、コーエーテクモゲームスのゲームソフト、「真・三國無双」をはじめとする一連の「無双」シリーズ作品を端緒として捉えることができる。無双シリーズは、プレイヤーキャラクターが敵軍勢のおびただしい数の敵キャラをバッサバサと薙ぎ倒していく爽快感を売りとするアクションゲームである。

あるいは、単に「夢想する」を誤変換によって「無双する」と記述している場合も考えられる。

宣戦布告【せんせんふこく】

外交手段として軍事力を行使することの表明。戦争へ突入すること、その意志があることの宣言。

スクールカースト「school caste」「school's caste」

学校生活の中で形成される生徒間の上下関係を指す表現。

ヒラリーステップ「Hillary Step」

エベレストの頂上直下、標高8760メートルの地点にある、高さ12メートルほどの岩場のこと。難所として知られている。ヒラリーステップの名称は、1953年に初めてエベレストの登頂を達成した、エドモンド・ヒラリーの名に由来する。ヒラリーステップでは、特に登山のシーズンである4月から6月にかけて、順番待ちをする登山者の「渋滞」が起こることが慢性的な問題となっている。2014年3月現在、渋滞の解消と安全性の向上のために、ヒラリーステップにはしごを掛ける計画がある。

ローツェフェイス「Lhotse Face」ローツェフェース

ヒマラヤ山脈の標高8516メートルの山、ローツェの西側面にある、高さ1125メートルの氷壁のこと。難所として知られており、エベレストの登山においても、サウスコルの最終キャンプに向かう道でローツェフェイスを登るルートがとられている。ローツェの登山ルートとしては、他に南壁を登るルートもあるが、そちらは高低差が3300メートルある、ローツェフェイスを超える大岩壁であり、登攀は困難を極める。

ミックス犬【ミックスけん】MIX犬,ハーフ犬,ハイブリッド犬

純血種同士を掛け合わせた、雑種第一代の犬を意味する語。ミックス犬は、広い意味での雑種に含まれるが、純血種を親に持つという価値があることから、系統が不明な「単なる雑種」とは違うものとして区別されることが多い。

おはぎゃあ,おはぎゃー

投資家が朝起きた時に、急落した相場を目の当たりにして発する悲鳴を表すスラング。朝の挨拶「おはよう」を言い終わる間もなく、悲鳴を上げる様子を表現している。「あ」を任意の数だけ重ねて、「おはぎゃあああああ」などと表記されることもある。

空きれい【そらきれい】空キレイ,お空きれい,お空キレイ,空きれい状態,お空きれい状態

精神的打撃を受けて心神喪失の状態になり、呆然として虚空を見上げているさまを意味する俗語。主にネットスラングとして用いられる。

キロギアッパ,기러기아빠

子どもを母親同伴で海外留学させ、自らは国内で一人暮らしをしながら仕送りをする父親を意味する韓国語。「キロギ」は韓国語で「渡り鳥」や「雁」を、「アッパ」は「父」を意味する単語である。韓国では、受験戦争の激化に伴い、キロギアッパの数が増加している傾向があるとされており、その孤独のケアなどが社会問題となっている。

陽キャ【ようキャ】陽キャラ

陽気な性格の人を意味する俗語。「陽気なキャラ」あるいは「陽気キャラ」の略語とされる。スクールカーストの文脈においては、実際の性格が陽気かどうかをさほど重要な条件とせず、スクールカーストの上位に位置する、いわゆるクラスの「イケてる」人やグループの総称として用いられることも多い。

陰キャ【いんキャ】陰キャラ,インキャ,インキャラ

陰気な性格の人を意味する俗語。「陰気なキャラ」あるいは「陰気キャラ」の略語とされる。スクールカーストの文脈においては、実際の性格が陰気かどうかをさほど重要な条件とせず、スクールカーストの下位に位置する、いわゆるクラスの「イケてない」人やグループの総称として用いられることも多い。