2014年3月14日金曜日

離隔距離【りかくきょり】

主に安全性の観点から設定される、複数の対象の間に置かれるべき一定の距離を意味する語。例えば、消防庁の「対象火気設備等及び対象火気器具等の離隔距離に関する基準」では、火気のある設備や器具を設置する場合、その他の工作物や可燃物とは一定の離隔距離を設けることが規定されている。また、経済産業省の「電気設備に関する技術基準を定める省令」では、送電線や架線などについて、電圧によって異なる離隔距離が設定されており、建築などが制限されている。

関連サイト:
対象火気設備等及び対象火気器具等の離隔距離に関する基準 - 消防庁
電気設備に関する技術基準を定める省令 - 総務省 e-gov

半熟練労働者【はんじゅくれんろうどうしゃ】「semiskilled worker」

(1)「熟練労働者」と「非熟練労働者」の中間的な位置づけとして定義されることのある、労働者の区分の一つ。国際連合の人口統計では、肉体労働者の下位区分として設けられている。
(2)製品の生産過程における一部の作業に熟練した労働者を意味する語。産業革命期以降の生産規模の拡大により、分業化が進んだことで出現したといわれている。
(3)生産作業の一部を肉体労働ではなく機械に依存する、機械工などの労働者を意味する語。機械工を半熟練労働者と定義した場合、熟練労働者としては機械の設計や製作を担当する技術者を指すのが一般的である。

ベジョータ「bellota」

(1)スペイン語で「どんぐり」を意味する語。アラビア語で「どんぐり」を指す「balluta」が語源とされる。
(2)スペイン政府が認定するイベリコ豚の最高等級、「デ・ベジョータ(De Bellota)」の略語。デ・ベジョータの認定基準としては、肉質や体重などの点で優れていることが挙げられるが、スペインとポルトガルの国境付近のオーク林で放牧され、どんぐりを主な餌として育ったことも条件の一つとされている。

デ・ベジョータ「De Bellota」

スペイン政府が認定するイベリコ豚の最高等級のこと。デ・ベジョータの認定基準としては、肉質や体重などの点で優れていることが挙げられるが、スペインとポルトガルの国境付近のオーク林で放牧され、どんぐりを主な餌として育ったことも主要な条件とされている。どんぐりのみでは十分に体重が増加しなかった場合、通常の飼料が用いられることもあるが、そのような過程を経た豚は「レセボ」と呼ばれてランクが落ちる。

ハモン・イベリコ・デ・ベジョータ,Jamón Ibérico de bellota

最高等級の 「デ・ベジョータ(De Bellota)」を冠するイベリコ豚の肉を用いた生ハムのこと。イベリコ豚の生ハム「ハモン・イベリコ」の中でも最高級品とされる。

小保方氏【おぼかたし】

姓を小保方という人物に対する呼称。2014年初頭には生物学者・小保方晴子が注目され、研究成果(STAP細胞)を報じる記事などがよく見られた。

ダイオウグソクムシ,大王具足虫

等脚類に分類される海生の虫。大西洋周辺の海底の砂泥に棲息する。全長数十センチメートルに及ぶ大きさといかめしい外見を特徴とし、インターネット上などでしばしば話題になっている。

鳥羽水族館が2007年からダイオウグソクムシを飼育展示していたが、2014年に死んだことが確認された。死ぬ前の5年間はまったく餌を食べなかったという。

タフでグローバルな学生【タフでグローバルながくせい】タフでグローバルな東大生

東京大学の濱田純一総長が2006年の東京大学総長就任以来唱えている、東大生の理想像を意味する語。「グローバル」とは、単に語学に長け世界情勢に通じていることだけではなく、多様な世界に触れ自らの糧にしようとする姿勢をも含む。「タフ」とは、学んだ知識を活かして社会に貢献しようとする時、主体性を持って思考し、大胆に行動していく姿勢を指す。関連するキャッチコピーとして「よりグローバルに、よりタフに」がある。

関連サイト:
[東京大学[総長室から]平成24年度卒業式総長告辞] - 東京大学

国際人【こくさいじん】

世界的な規模で活躍していたり、世界全体や国際社会に貢献する活動をしていたりする人を意味する語。具体的には、世界各国の企業と連携しながら働いている人や、海外の貧しい国でボランティアを行っている人などが挙げられることが多い。

大人の事情【おとなのじじょう】オトナの事情,大人の都合,オトナの都合

俗に、物事の裏にある、分かる人には分かるが大っぴらには言えないような背景を意味する表現。「大人の事情」という言葉は、公にできない利害関係や社会通念に反する内容が関わっているなどの理由から、子供には真相を説明しづらい、あるいは説明するのが適当でないと判断された時などに用いられる。

くだしあ

補助動詞の「ください」あるいは本動詞の「下さい」と同じ意味を持つネットスラング。ローマ字入力で「ください(kudasai)」と入力する際に、誤って二番目の方の「a」より先に最後の「i」を打ってしまい「くだしあ(kudasia)」となってしまうミスから生まれた語であると思われる。現在では「ください」あるいは「下さい」とするべき部分を、ミスタイプではなくあえて「くだしあ」と表記しているらしい書き込みも多く見られる。「教えてくだしあ」「もっと画像くだしあ」などのように用いられる。

講議

一般的には「講義」の誤り。「講義」とは、主に学問的な分野について研究の対象や内容などを説明することや、大学の授業のうち教室で教員が学生に向けて話をする形式のものを意味する語である。

SBS症候群【エスビーエスしょうこうぐん】「Shaken Baby Syndrome」,乳幼児揺さぶられ症候群,揺さぶられっ子症候群

乳幼児が激しく揺さぶられることで起こる脳の障害を意味する語。乳幼児は体に対して頭の重量が大きく、また頭や首の筋肉が弱いため、強く揺さぶられると脳内出血や脳挫傷が起きるおそれもあるとされている。SBS症候群には、脳内出血や失明、学習障害などが含まれる。最悪の場合は死に至るケースもある。SBS症候群を発症して死亡した乳幼児の中には、生前に児童虐待が行われていたケースもあるとされる。

関連サイト:
乳幼児揺さぶられ症候群防止パンフレットについて|公益社団法人 日本小児科学会 JAPAN PEDIATRIC SOCIETY

高い高い【たかいたかい】

小さい子供をあやしたり喜ばせたりなどするために、大人が自分の頭あるいは頭より上の位置まで子供を持ち上げる遊びのこと。高い高いを行う際、大人が「高い高い」と声に出して言うことがある。高い高いの中で子供を過度に揺さぶることで「乳幼児揺さぶられ症候群(SBS症候群)」と呼ばれる障害が起こる可能性を指摘する声もあるが、そのような見方に対して否定的な意見もある。

控えの間【ひかえのま】次の間

旧家や大名屋敷、ホテルや宴会場、現代の一般民家などにある部屋のうち、来客用の部屋、主の部屋、式場などといった主要な部屋に隣接している小さい部屋を意味する語。控えの間は一般的に、家の使用人が待機場所として使用したり、会の準備のために使用したりする。

SEO診断【エスイーオーしんだん】SEOチェック

任意の語をある検索エンジンで検索したとき、ウェブページが検索結果の何番目に表示されるかを調べることを意味する語。SEOとは検索エンジンでの検索結果の上位にウェブページを表示させる工夫のことであり、SEO診断はSEOの評価のために行われる。多くの場合、専用のツールに調べたいページのURLと、任意の検索キーワードを入力することで調べることができる。SEO診断の結果はYahoo!やGoogleといった検索エンジンごとにそれぞれ求められる。

SEO対策【エスイーオーたいさく】検索エンジン最適化対策,サーチエンジン最適化対策

任意のウェブページがYahoo!やGoogleなどの検索エンジンでの検索結果において上位に表示されるようにするために行われる工夫を意味する語。SEO対策によって、ページの訪問者数の増加が期待される。検索結果の表示順を決める検索エンジン側のアルゴリズムは変更されることがあり、SEO対策も検索エンジンの変更に応じて変えていくことが必要とされる。ただし、不正なやり方でSEO対策を行うと各検索エンジンの結果から削除される可能性がある。

化学流産【かがくりゅうざん】「chemical abortion」化学的流産,生化学的妊娠,化学的妊娠,ケミカルアボーション

妊娠が起こったことを示す生化学的反応、具体的にはヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)の陽性反応などが見られたものの、胎嚢が形成されず、その後の胎児の成長が進まずに終わってしまう現象のこと。化学流産が起こった場合、月経のような出血が起こるが、単なる月経と錯覚されて見過ごされてしまうことも多い。しかし、場合によっては激痛や大量出血を伴うこともあるとされる。日本産科婦人科学会は、化学流産を流産に含めないものとしている。

擬似晴天【ぎじせいてん】擬似好天,疑似晴天,疑似好天

悪天候が続く中で、一時的に天気が良くなる現象を意味する語。擬似晴天が起こると、天気が晴れになったと錯覚してしまいやすいことから、登山などでは遭難の原因になるおそれがあるとされる。