2014年3月10日月曜日

脱藩【だっぱん】

武士が所属する藩を抜け出し、別の場所に移ることを意味する語。「出奔」とほぼ同義である。脱藩は死罪となることもあり、血縁者が罪に問われることもあったことから、実行にあたっては相当の覚悟を必要としたとされる。しかし、幕末には長州藩のように脱藩を事実上黙認していた藩もあった。脱藩を行った人物として、坂本龍馬、高杉晋作、吉田松陰などが特に知られている。

菊ヶ浜土塁【きくがはまどるい】菊ヶ浜台場,女台場

下関戦争を契機に、長州藩の命によって現在の山口県萩市に築かれた土塁の一つ。菊ヶ浜土塁の建造にあたっては、周辺の住民が老若男女問わず総動員され、特に武家の女子が盛んに働いたことから、「女台場(おなごだいば)」の名で呼ばれるようになった。現在は、跡地が残っている。

一燈銭申合【いっとうせんもうしあわせ】一燈銭申合せ,一燈銭申合わせ,一燈銭申し合わせ

吉田松陰の死後にあたる1861年に、松下村塾の元塾生が集まり、尊王攘夷運動に必要な資金を集めることを決議した会議、あるいはその時の決議書のこと。久坂玄瑞の提案で行われたとされる。具体的には、吉田松陰の著書「講孟余話」の写本を製作し、それを売って資金にするという試みであった。

松門四天王【しょうもんしてんのう】

吉田松陰が主宰した松下村塾の門下生のうち、特に優秀であった、高杉晋作、久坂玄瑞、吉田稔麿、入江九一の4名を指す呼称。松門四天王はいずれも、志士として特に将来が有望視されていたが、吉田稔麿は池田屋事件で、久坂玄瑞と入江九一は禁門の変で死亡し、高杉晋作も大政奉還を前に病死したため、明治の世を迎えた者はいなかった。

松下村塾の双璧【しょうかそんじゅくのそうへき】村塾の双璧

吉田松陰が主宰した松下村塾の門下生のうち、特に優秀であった高杉晋作と久坂玄瑞を指す呼称。「識の高杉、才の久坂」ともいわれた。

光干渉断層計【ひかりかんしょうだんそうけい】「Optical coherence tomography」OCT,光コヒーレンストモグラフィー

光の干渉効果を利用して三次元の物体を非侵襲的に計測し、断面図を可視化(イメージング)する装置のこと。特に、眼科分野で盛んに用いられており、眼底のスキャンによって加齢黄斑変性などの診断が行われている。眼のほか、血管や臓器のイメージングにも用いられており、虫歯の診断などの歯科臨床に応用する研究も行われている。

リグる

(1)高知県の方言で、念入りに化粧をしたり、身嗜みを整えたりすることを意味する語。
(2)釣りで、仕掛け(リグ)を製作したり、使用したりすることを意味する俗語。
(3)株で、利食いをすることを意味する俗語。同じ意味では、「利食う」の方がより一般的に用いられる傾向がある。

ヤシ虫【ヤシむし】椰子虫,やし虫

ヤシ類に生息するヤシオオオサゾウムシの幼虫の通称。ヤシ虫は、東南アジアでは食用にされることがあり、タンパク源として重宝されている例もある。

アドレノメデュリン「adrenomedullin」「ADM」

血圧低下作用や抗炎症作用などを持つペプチドホルモンの一種。1993年に、国立循環器病研究センターの寒川賢治と、宮崎医科大学(現・宮崎大学)の北村和雄により発見・命名された。アドレノメデュリンは、命名の由来になった副腎髄質のほか、循環器系の臓器や血管でも分泌される。循環器系の調節に深く関与しているといわれており、心不全が起こると血中濃度が増加することが知られている。

2014年に三重大学の岩永史朗准教授らの研究グループにより、マダニの唾液腺から、本来脊椎動物にしか存在しないはずのアドレノメデュリン遺伝子が発見され、吸血を介して遺伝子が水平伝播したものと考えられた。マダニはアドレノメデュリンの作用で宿主の血管を拡張させ、吸血を容易にしているとされる。

関連サイト:Horizontal gene transfer of a vertebrate vasodilatory hormone into ticks - Nature Communications

ヤング・オールド・バランス

若者世代(将来世代)と高齢者世代の間の、所得や負担のバランスを意味する語。2012年に行われた「高齢社会対策大綱」の見直しにおいては、社会保障制度の改革にあたって、ヤング・オールド・バランスの実現が課題とされた。また、その際、 「ヤング・オールド・バランス」は「世代間の納得」と同義の語として言及された。

才能寄付【さいのうきふ・チェヌンキブ】재능기부

特殊な技能や才能を持つ人物が、その能力を活かして、公共の利益のために無償で労働を行うことを意味する語。「才能寄付」の語は、韓国語でしばしば用いられ、「チェヌンキブ」と発音される。才能寄付は、「プロボノ」とほぼ同じ概念である。

トリプルテール

長い髪を左右および後ろの3か所で結い、垂らした髪型を意味する俗語。左右で髪を結う「ツインテール」と、後ろで髪を結う「ポニーテール」を組み合わせたような髪型である。