2014年3月7日金曜日

TCR再構成【ティーシーアールさいこうせい】「TCR-rearrangement」

T細胞受容体(TCR)で起こる遺伝子再構成のこと。幹細胞がT細胞に分化する際に起こることが知られている。TCR再構成が起こることによって、TCRの可変領域のタンパク質構成が様々に変化し、多様な抗原に対応できる、多様な種類のT細胞が生じることとなる。

受援【じゅえん】

援助や支援を受けることを意味する語。特に、被災地における災害ボランティアの受け入れを指すことが多い。内閣府は受援を行うことができる「環境」や「知恵」を「受援力」と定義し、その啓蒙普及活動を行っている。

確定ネタバレ【かくていネタバレ】

インターネット上に公開される、発売前の週刊誌などに掲載される漫画の内容のうち、確実性が保証されているものを意味する語。単に「確定」と呼ばれることもある。

文字バレ【もじバレ】全文ネタバレ

発売前の週刊誌などに掲載される漫画を何らかの手段で入手し、登場人物のセリフや効果音などを書き起こした文章をインターネット上に公開する行為を意味する語。

画バレ

発売前の週刊誌などに掲載される漫画を何らかの手段で入手、スキャンし、インターネット上に公開する行為を意味する語。

二世芸能人【にせいげいのうじん】2世芸能人

両親のどちらか、あるいは両親共が芸能人でありながら、自らも芸能人になった子供を意味する語。いわゆる「親の七光り」を意識させる言葉で、良い意味では用いられないことが多い。

二世歌手【にせいかしゅ】2世歌手

両親のどちらか、あるいは両親共が歌手などの著名人でありながら、自らも歌手になった子供を意味する語。いわゆる「親の七光り」を意識させる言葉で、良い意味では用いられないことが多い。

二世俳優【にせいはいゆう】2世俳優

両親のどちらか、あるいは両親共が俳優など著名人でありながら、自らも俳優になった子供を意味する語。いわゆる「親の七光り」を意識させる言葉で、良い意味では用いられないことが多い。

二世タレント【にせいタレント】2世タレント

両親のどちらか、あるいは両親共がタレントなど著名人でありながら、自らもタレントになった子供を意味する語。いわゆる「親の七光り」を意識させる言葉で、良い意味では用いられないことが多い。

顔芸【かおげい】

面白い表情をすることで見ている人を笑わせる芸を意味する語。「顔芸」をしようと思ってした訳ではなくとも、面白いと感じられる表情をしている人を指して「顔芸」をしているなどと言うことがある。

(ry

ネット用語で、文章を省略したことを表す「(略)」を更に省略したもののこと。

スキニー,スキニーパンツ

主にズボンの中でも、肌にぴったりとくっつき脚の形がわかるようなデザインのもののこと。

絶対領域【ぜったいりょういき】

一般的に、ひざ上まであるソックスなどに覆われた部分と、スカートやショートパンツなどで覆われた部分の間にある露出された太ももの部分を意味する語。「絶対領域」をあえて作ることで可愛らしさ、またはセクシーさが強調されるものであるとされる。

ビビッドカラー「vivid color」ビビットカラー

彩度が高く、原色に近いような色を意味する語。

ニュアンスカラー

原色やビビッドカラーといったはっきりとした色ではなく、何色であると断言するには微妙な色を意味する語。フランス語起源の「nuance」という英単語に、微妙な違いという意味があるところからこのような呼び方が生まれた。ファッションにおいては柔らかさや自然さを表現する色であるとされる。

チラ見せ【チラみせ】ちら見せ

ほんの少しだけ見せること。

触角【しょっかく】

(1)節足動物などの頭部に生える感覚器官の一つ。
(2)ヒトの髪から飛び出している一本ないし数本の髪を意味する語。髪を(1)の触角に見立てている言葉であり、他に「アホ毛」という呼び方も存在する。ちなみに、前髪の両端あるいは「もみあげ」にあたる部分の髪だけを前髪に比べて伸ばしている髪型のこと、または伸びている部分そのものを特に「触角」と言うことがある。

キレイ目【キレイめ】きれい目,きれいめ,綺麗目,綺麗め,奇麗目,奇麗め

ファッションのコンセプトの一つで、派手な色や奇抜なモチーフを避け清潔感がありきちんとした印象を与えるもののこと。他にも「万人受けする」や「細身のアイテム」といった要素が含まれることもあり、定義にはっきりとしたものは存在しない。

ウェッジソール「wedge sole」

ハイヒールの一種だが、つま先からつちふまずを通ってかかとまでつながるように靴底「sole」が高くなっていくもののこと。従って靴底は下から見ると平らであり、靴全体を横から見るとドアを留めておく楔「wedge」のように見える。

僕っ子【ぼくっこ】僕っ娘

一人称が「僕」である女性を意味する語。「僕っ子」と呼ばれる際は、その一人称が可愛らしいものとして言及されることが多い。

カフェ飯【カフェめし】カフェご飯

カフェで出されるような、多くは洋風やエスニック風のご飯ものを意味する語。ワンプレートに美しい盛り付けをされていることが多く、おしゃれな食べ物として認知されている。

剣璽動座【けんじどうざ】剣璽御動座

天皇が皇居を離れる際に、三種の神器のうちの剣(天叢雲剣)と璽(八尺瓊勾玉)を皇居から持ち出し、天皇に随行させること。2014年の伊勢神宮参拝で、20年ぶりに剣璽動座が行われることとなった。

岩盤規制【がんばんきせい】

既得権益を持つ団体の反発が強いなどの理由で、緩和や撤廃を行うことが困難な規制を意味する語。特に雇用、農業、医療分野などでの規制が「岩盤規制」として言及されることが多い。

ふるえ熱産生【ふるえねつさんせい】ふるえ産熱

骨格筋の小刻みな収縮(シバリング)によって生体内で熱が産生される現象を意味する語。主に、寒冷環境への馴化現象として見られる。シバリングを伴わない熱産生は、非ふるえ熱産生(NST)として区別される。

非ふるえ熱産生【ひふるえねつさんせい】「NST」「nonshivering thermogenesis」非ふるえ産熱

骨格筋の小刻みな収縮(シバリング)を伴わずに、生体内で熱が産生される現象を意味する語。肝臓や褐色脂肪組織などで行われ、体温の維持や代謝の向上に重要な役割を果たしている。非ふるえ熱産生は、ホルモンの一種、ノルアドレナリンによって主に調節されているとされる。

ネオジムヤグレーザー「Nd:YAG laser」Nd:YAGレーザー,ネオジウムヤグレーザー

YAG(イットリウム、アルミニウム、ガーネット)にネオジムを添加した結晶を媒体として用いた固体レーザーのこと。医療や工業などの分野で用いられている。医療用レーザーとしては、エルビウムヤグレーザーが骨や歯などの硬組織に主に用いられるのに対して、ネオジムヤグレーザーは皮膚や筋肉などの軟組織に対して主に用いられている。

エルビウムヤグレーザー「Er:YAG laser」Er:YAGレーザー

歯科領域や皮膚科領域で用いられる医療用レーザーの一種。エルビウムヤグレーザーの名称は、YAG(イットリウム、アルミニウム、ガーネット)にエルビウムを添加した結晶が媒体として用いられていることに由来する。エルビウムヤグレーザーは歯科領域では虫歯や歯周病、顎関節症などの治療に用いられている。特に、虫歯治療用のレーザーとしては、唯一厚生労働省からの認可を受けており、ほぼ無痛での治療が実現している。皮膚科領域では、ホクロやニキビ跡、稗粒腫の除去などに用いられている。