2014年2月28日金曜日

プグルプグル,ブグルブグル,부글부글

韓国語で「煮え返る」「沸き立つ」あるいは「いまにも爆発しそうだ」といった意味で用いられる語。オノマトペ。

英語ではboiling、bubbling、simmerなどに対応する表現と説明される。

韓国語では、(ぐつぐつと)鍋が煮え立つ様子、(ふつふつと)事が熱気を帯びてくる様子、などを形容する語として普通に用いられる。

日本においては、ウェブ上の、いわゆる嫌韓コミュニティにおいて、韓国ネットユーザー(=ネチズン)らが怒りわななく様子を揶揄する意味合いで用いられていることがある。

関連サイト:
Sound Symbolism in Korean
Korean-English translation for "부글부글"
Learn Korean - Vocabulary: Onomatopoeia

久坂玄瑞【くさかげんずい】

江戸時代末期に、長州藩における尊皇攘夷派の中心的役割を果たした人物の一人。吉田松陰が主宰する松下村塾で学び、高杉晋作と並んで「村塾の双璧」と称される秀才であった。1864年の禁門の変にあたり、25歳の若さで自刃した。

伊藤俊輔【いとうしゅんすけ】

日本の初代内閣総理大臣である伊藤博文が、兵庫県知事に赴任した明治元年頃まで用いていた名前。「俊」の字は、松下村塾の門下生だった頃に、吉田松陰から与えられたといわれている。

品川弥二郎【しながわやじろう】

長州藩出身の武士、政治家。松下村塾の門下生で、のちに尊皇攘夷運動に参加し、英国公使館焼き討ちなどを行った。明治期には内務少輔、農商務大輔などを務め、特に殖産興業の政策を指導した。第1次松方正義内閣では内務大臣に就任したが、選挙干渉の責任を追及されて辞任した。

高杉晋作【たかすぎしんさく】

江戸時代末期に、長州藩における尊皇攘夷派の中心的役割を果たした人物の一人。吉田松陰が主宰する松下村塾で学び、久坂玄瑞と並んで「村塾の双璧」と称される秀才であった。1863年の下関戦争で、武士と庶民の両方が混在した「奇兵隊」を組織した。1865年には功山寺挙兵を主導し、長州藩の藩論を倒幕に統一することに成功した。1867年に肺結核で死去した。

木戸孝允【きどたかよし・きどこういん】桂小五郎

長州藩出身の武士、政治家。「維新の三傑」の一人に数えられる。幕末の攘夷志士としては桂小五郎の名で、明治期の政治家としては木戸孝允の名で、いずれもよく知られている。幕末には長州藩の中心人物となり、1866年に薩摩藩の西郷隆盛と薩長同盟を結んだ。明治期には廃藩置県や版籍奉還、内閣政治などを提言し、明治政府で重要な役割を果たしたが、西南戦争の最中に45歳で病死した。

特定細胞加工物【とくていさいぼうかこうぶつ】

再生医療等安全性確保法(再生医療法)第2条で、「再生医療等に用いられる細胞加工物のうち再生医療等製品であるもの以外のもの」と定義されている物のこと。ここでいう「細胞加工」とは、細胞の培養や遺伝子導入などを指すため、ES細胞やiPS細胞などは特定細胞加工物の範疇に含まれる。再生医療法では、特定細胞加工物の製造は、臨床研究または自由診療に該当する行為と見なされている。

細胞加工物【さいぼうかこうぶつ】

再生医療等安全性確保法(再生医療法)第2条で、「人又は動物の細胞に培養その他の加工を施したもの」と定義されている物のこと。細胞加工物のうち再生医療に用いられるものは、再生医療法で「特定細胞加工物」と定義されている。

肺胞出血【はいほうしゅっけつ】「alveolar hemorrhage」

肺胞の毛細血管からの出血を意味する語。多様な疾患によって起こりうる症状で、抗血小板薬や抗凝血薬などの服用によって起こることもある。肺胞出血が起こった場合、咳や痰に血が混じったり、息切れや呼吸困難が起こったりすることがある。

叩打痛【こうだつう】

指などで体の一部を軽く叩いた時に感じる疼痛を意味する語。骨に響くような痛みと表現されることが多い。骨折や、尿管結石など特定の疾患の診断基準として用いられることがある。

圧痛点検査【あっつうてんけんさ】圧痛検査

特定の疾患を診断する際に行われる、指などで患者の体の一部を圧迫し、疼痛が見られるかどうかを確認する検査のこと。内臓疾患や線維筋痛症などの診断に用いられることが多い。米国リウマチ学会(ACR)の1990年のガイドラインでは、線維筋痛症の診断基準として行われる圧痛点検査で、全身18か所の圧痛点に対して、1平方センチメートルあたり4kg程度の圧力をかけることが示されている。

バリチッチ

数人で行われるゲームの一つで、参加者が自身の手のひらを向かい合わせにして握りこんだ状態から、掛け声に合わせて一斉に親指を立てた数を「親」が当てるというもののこと。「親」の予想した数は掛け声と共に言われる。ちなみに、有名な別名に「指スマ」が存在する。

いっせーのせ,いっせのせ,いっせいのせ

数人で行われるゲームの一つで、参加者が自身の手のひらを向かい合わせにして握りこんだ状態から、掛け声に合わせて一斉に親指を立てた数を「親」が当てるというもののこと。「親」の予想した数は掛け声と共に言われ、例えば「親」が3本の親指が立つと予想する場合、「いっせーのせ3」という掛け声になることが多い。有名な別名に「指スマ」が存在する。

指スマ【ゆびスマ】

数人で行われるゲームの一つで、参加者が自身の手のひらを向かい合わせにして握りこんだ状態から、掛け声に合わせて一斉に親指を立てた数を「親」が当てるというもののこと。「親」の予想した数は掛け声と共に言われる。フジテレビの番組SMAP×SMAPで指スマと呼ばれたことから定着した名前であるが、実際は番組以前にも存在していたゲームである。地域によって呼び方や掛け声に差があり、代表的なものには「いっせーのせ」や「バリチッチ」などが存在する。ゲームの名称と掛け声は一致する傾向にあり、例えば「親」が3本の親指が立つと予想する場合、「指スマ3」という掛け声になることが多い。

王様ゲーム【おうさまゲーム】

くじなどで「王様」役を決め、「王様」が直接指名するまたは参加者の持つくじの番号を指定して命令を下し、「王様」以外の参加者はそれに従わなければならないというゲームのこと。

古今東西【ここんとうざい】

(1)今昔問わず、更に世界のあらゆるところを意味する語。
(2)テーマを一つ決めて合致している単語を順番に言っていき、思いつかなくなった者や他者の言った単語を言ってしまった者が負けとなるゲームのこと。別名に「山手線ゲーム」がある。

山手線ゲーム【やまのてせんゲーム】山の手線ゲーム

テーマを一つ決めて合致している単語を順番に言っていき、思いつかなくなった者や他者の言った単語を言ってしまった者が負けとなるゲームのこと。例えばテーマが山手線であれば、山手線の駅名を順番に言うというルールになる。「山手線ゲーム」の別名に「古今東西」がある。

やれば出来る【やればできる】

現在は挑戦していない、あるいは本気で取り組んでいないために出来ていないに過ぎないさまを意味する語。

ランウェイ

(1)飛行場における滑走路のこと。
(2)主にファッションモデルなどが歩く細長い舞台のこと。「キャットウォーク」と呼ばれることもある。

モデル歩き【モデルあるき】

主にファッションモデルがランウェイで見せるような、一本の直線上を歩くように足を前に出していく歩き方や、足をクロスさせるように前に出していく歩き方などを意味する語。単に姿勢がよく美しい歩き方を指すこともあるなど、はっきりとした定義はない。

シリコンスチーマー

食材を蒸す際に用いる、シリコンでできた小さめの鍋のような調理器具のこと。電子レンジに入れて使うと、一般的な鍋や皿を使った蒸し方より早く均一に熱が通った状態で仕上がるとされている。

キレ芸【キレげい】

芸風の一つで、会話の最中に突然怒り出して見せ、笑いをとるものを意味する語。

半ギレ【はんギレ】

半分キレるを省略したもので、激昂とまではいかずとも怒りを感じることや言葉や態度に怒りが滲むさまを意味する語。