2014年2月3日月曜日

バズビーの椅子【バズビーのいす】ザ・バズビー・ストゥープ・チェア,バズビーズチェア

イギリス・北ヨークシャー州のサースクに伝わる呪いの椅子のこと。元々トーマス・バズビーという人物が所有しており、彼が1702年に義理の父を殺した罪で絞首刑に処される時に、椅子に呪いをかけたといわれている。その後、61人の人間がバズビーの椅子に座り、ことごとく急死してきたと伝えられている。2014年現在、バズビーの椅子とされる椅子は博物館に展示されており、座ることができないようにロープで天井から吊り下げられている。

関連サイト:
Thirsk Museum

生体質感造形【せいたいしつかんぞうけい】「Bio-Texture Modeling」

神戸大学の杉本真樹博士が企業と共同開発した、生体に近い質感の医療用モデルを作製する技術のこと。生体質感造形によるモデルは、CTやMRIなどで得られたデータを基にして、3Dプリンターで造形される。透明な樹脂を使うことで内部構造を透視することができ、実物に近い質感を持つことから手術のシミュレーションにも利用できるとされる。

関連サイト:
Bio-Texture Modelingとは? - 株式会社ファソテック

源平放水合戦【げんぺいほうすいがっせん】備前市消防団日生方面隊放水訓練,備前市消防団日生方面隊放水演習

岡山県備前市の日生港で毎年行われている、地元消防団の出初め行事。1950年から行われている伝統行事で、多くの観光客を集めている。源平放水合戦は、源氏と平家を模した2チームに分かれた消防団員が船に乗り込み、相手の船に向けて放水するという行事で、合戦の最後には、団員全員で色とりどりの水を上空に向けて放水するパフォーマンスが行われる。

女子カースト【じょしカースト】

若い女性の間に生じる格差の階層構造を、カースト制度になぞらえたものを意味する語。具体的には、容姿、学歴、恋人や配偶者の有無、社会的地位などの要因で格差が生じ、女子カーストが形成されるといわれる。

ゴビベナトル・モンゴリエンシス「Gobivenator mongoliensis」ゴビウェナトル・モンゴリエンシス,ゴビヴェナトル・モンゴリエンシス

2007年にモンゴルのゴビ砂漠で化石が発見され、2014年に新種記載された、白亜紀後期の肉食恐竜。ゴビベナトル・モンゴリエンシスはトロオドン属と近縁だが、頭頂骨や下顎骨の形態に違いが見られ、本種に対して単型属のゴビベナトル属が提唱された。本種の化石は記載論文の発表に先立って、国立科学博物館の企画展「大恐竜展-ゴビ砂漠の驚異」で展示されていた。

関連サイト:
An exquisitely preserved troodontid theropod with new information on the palatal structure from the Upper Cretaceous of Mongolia - Naturwissenschaften

フォアグラハギ

特殊な養殖手法により、肝臓が通常よりも肥大したウマヅラハギのこと。フォアグラハギの養殖手法は、広島県立総合技術研究所水産海洋技術センターと尾道東部漁協の共同研究により開発され、特に餌のタンパク質と脂肪の割合などが工夫された。広島県や尾道市、地元漁協などは、フォアグラハギの特産品化に向けた推進活動を行っている。

拜鬼【バイグイ・はいき】拝鬼

悪霊が祀られている場所を参拝することを意味する中国語。特に、日本の政治家などが靖国神社を参拝することを非難する際に用いられることが多い語で、その場合「鬼」は「A級戦犯」を指すことになる。