2014年1月21日火曜日

桑間濮上【そうかんぼくじょう】

淫乱な風潮が広がっている地域、あるいはそのような地域で歌われた、国を滅ぼすような淫乱な音楽を意味する四字熟語。「礼記」の「桑間濮上之音 亡國之音也」という一節に由来する。かつて衛の国にあった、濮水上流の桑間という地域では、若い男女が会合を行う習慣があった。そこに集まる男女は礼儀を欠いており、歌われる音楽が恋愛に関する奔放なものであったことから、儒教の観点からは「淫乱」と見なされた。

冬季うつ【とうきうつ】冬季うつ病,冬うつ

季節性情動障害(SAD)のうち、冬に発症するものを意味する語。冬季うつの主な症状としては、睡眠時間の増加や倦怠感、甘い物の過食傾向などがあるとされている。発症のメカニズムには日照時間が関係しているといわれており、患者に強い光を浴びせる高照度光療法が行われることもある。

テレビマン,TVマン

テレビ局や番組制作会社など、テレビ放送の業界で働く人を意味する語。

ビラヤット・ダゲスタン「Vilayat Dagestan」ヴィラヤット・ダゲスタン

ロシア連邦のダゲスタン共和国を拠点とする、イスラム過激派武装勢力。「カフカース首長国」を構成する武装勢力の一つとされている。ビラヤット・ダゲスタンは第二次チェチェン紛争中の2002年に結成され、目的はダゲスタン共和国のイスラム国家としての独立だとされている。ビラヤット・ダゲスタンは警察官の殺害などのテロ行為や、ロシア軍などとの武力衝突を繰り返しており、2012年12月に行われたロシア・ボルゴグラードにおける連続爆破事件に対しても犯行声明を発表した。

ショービズ,ショウビズ「show bus」「show biz」「showbiz」「show-biz」

観客の娯楽の為に行われる興行や講演、あるいはその業界を意味する語。ショービジネス「show business」の略された言葉であり、英語圏で使われていたものが日本に輸入された。

ものまねメイク,物真似メイク

芸能人の顔などにそっくりに見えるように化粧することを意味する語。タレントでブロガーの小澤かおりにより、「ざわちん」のハンドルネームで自身のブログに投稿されたものまねメイクの写真がメディアに取り上げられた。

アンダーライティング「underwriting」

主に金融業界においては証券の引受業務を意味し、保険業界では契約を結ぶリスクの選定や評価、または契約条件の吟味を意味する語。契約書や引き受けたものなどの下の部分に署名をしたのが語源となっている。

オラオラ系【オラオラけい】

もともとは性行為の際に激しく相手を攻め立てることを好む人を意味する語。転じて、普段から強引に女性を引っ張っていく性格の男性一般を指すこともある。また服飾業界では黒やシルバーをメインにしたファッションのことを、ビジネス上では強引な仕事のやり方をする人を指すなど用途は幅広い。

炎上【えんじょう】

(1)燃え上がること。
(2)発信した情報が大勢の受信者の怒りを買い、発信者のブログやSNSといったネット上のアカウントに大量のコメントが送られるなどすることを意味するネット用語。特に悪意のあるものは「荒らし」などとも呼ばれる。一般的には不謹慎な発言をした著名人などのブログやSNSが「炎上」することが多い。

カバーレター「cover letter」

欧米ではファックスや手紙など送付物一般に添える送り状を示す語として使われ、日本では特に英文の履歴書に添える、挨拶や志望動機などを記した文書を意味する語。

マフモコ女子【マフモコじょし】

マフラーなどを髪の上から巻く際、布で抑えられた部分の上が膨らんでいる女性を意味する語。その姿が可愛らしいとして、一部のネットや雑誌などのメディアで取り上げられた。

神回避【かみかいひ】

主にゲームやアニメなどで、当たると痛いものを神がかかった技術や運で避けることを意味する語。物語における良くない結末を登場人物が避ける際などにも使われる。神がかったものの語頭に「神」をつけたものは神回避に限らず、「神提案」や「神動画」など大量に存在する。

二周波降水レーダ【にしゅうはこうすいレーダ】「Dual-frequency Precipitation Radar」二周波降水レーダー,DPR

宇宙航空研究開発機構(JAXA)が情報通信研究機構(NICT)の協力のもとで開発した、2台のレーダーからなる観測装置のこと。2台のレーダーはそれぞれ、Ku帯とKa帯という、異なるマイクロ波の周波数帯に対応する。二周波降水レーダによって、様々な強度の雨を高精度で観測することができるようになるとともに、雨雲を立体的に捉えたり、雨粒の粒径を測定したりすることができるようになる。二周波降水レーダは、全球降水観測計画(GPM)の主衛星(コア衛星)に搭載されている。

ムシェ「muxe」

メキシコ南部のオアハカ州などに分布する先住民、サポテカ族の女装した男性を意味する語。北米から中米にかけての先住民に見られる「ベルダーシュ(性転換者)」の一種とされる。ムシェの中には男性を性的パートナーや恋愛の対象とする同性愛者がいる一方で、女性と結婚して子供を設ける者もいる。サポテカ族の社会では、女性同性愛者の「マリマチャ」とともにムシェが「第3の性」として重要な役割を担っており、社会に自然に受け入れられているといわれる。

マリマチャ「marimacha」マリマチョ

メキシコ南部のオアハカ州などに分布する先住民、サポテカ族の男装した女性を意味する語。北米から中米にかけての先住民に見られる「ベルダーシュ(性転換者)」の一種とされる。マリマチャの中には女性を性的パートナーや恋愛の対象とする同性愛者がいる一方で、男性と結婚して子供を設ける者もいる。サポテカ族の社会では、男性同性愛者の「ムシェ」とともにマリマチャが「第3の性」として重要な役割を担っており、社会に自然に受け入れられているといわれる。

ベルダーシュ「berdache」

北米から中米にかけての先住民に見られる性転換者に対する呼称。ベルダーシュはフランス語であり、現地での呼び名は民族ごとに異なる。ベルダーシュは異性の衣服を身につけたり、異性の仕事を担ったりして、「第3の性」として社会的に重要な役割を持つ場合がある。

コンスウエムヘブ「xnsw-m-Hb」

古代エジプト新王国ラメセス朝時代に神殿に仕えた高官で、「ムウト神殿の醸造長」や「ムウトの工房の長」などの称号を持っていた人物。2013年12月に、早稲田大学エジプト学研究所などがエジプト・ルクソールでの調査において発見した岩窟墓が、コンスウエムヘブの墓であることが明らかになった。岩窟墓には鮮やかな壁画が描かれており、保存状態が極めて良いことが注目された。

関連サイト:
エジプト・ルクソールで発見されたコンスウエムヘブ墓 - 早稲田大学研究ポータル

用日【ようにち・ヨンイル】용일

韓国の外交戦略において、日本を利用、あるいは活用することを意味する語。2014年1月頃から、従来の「反日」戦略の代替方針として、主に韓国のメディアによって言及されるようになった。